MENU

a

自己理解を深めよう

2020.05.28

こんにちは。東京人材事業部の長安です。

 

皆さんは、この春からどんなスタートを切っていますでしょうか。

 

今年は新型コロナウイルスの影響で予定通り、とはいかない方も多いかもしれませんが、新しい環境に慣れてきたところ、という方もいらっしゃるかと思います。

 

組織や人間関係の変化に適応していくことや、チームを創っていく立場の方も、問われるのは他者理解によるコミュニケーション能力と言われますよね。

 

・・・ですが、その前に!

 

いの一番に大切なのは、「自分を知ること(自己理解)」

 

これが原点です。

 

皆さんは自分自身のことをどのぐらい知っていますか?

 

年の数だけ付き合っているけど、こんな私もいたのね!と新たな自分を発見することもあるのではないでしょうか。

 

私が知っている私と知らない私?

 

「ジョハリの窓」は自己分析に使用する心理学モデルの一つです。

 

心理学者のジョセフ・ルフト氏とハリントン・インガム氏の両名によって1955年に発表されました。

 

ジョセフとハリトン、二人のファーストネームをとって「ョハリの窓」と呼ばれるようになりました。

 

「自分自身が見た私」と、「他人から見た私」の情報を分析し、下図の4つに区分します。

 

他人とのコミュニケーションにおいて自分自身をどれだけ表現しているか、という視点で現在の自分の姿を理解することができ、企業研修でのグループワークでもよく用いられます。

 

 

左側の「私が知っている私」は、他人にオープンにしている私と、秘密にしている私がいます。

 

一方で右側は、「私が知らない私」です。

 

「盲点の窓」は他人からのフィードバックなどから気づくことができます。

 

「未知の窓」は自分も他人も気づいていない未開の私・・・なんだか、大きな可能性を感じませんか。

 

対人関係における気づきのグラフモデル、「ジョハリの窓」。

 

「開放の窓(自分も他人も知っている自己)」の領域を広げていくことが、人間関係やコミュニケーションを促進させるとされています。

 

 

ソーシャルスタイル理論

ソーシャルスタイルとは、1968年にアメリカの産業心理学者であるデビッド・メリル氏が提唱したコミュニケーションの理論です。

 

「自己主張」「感情表出」の強弱を縦横2軸に、「ドライビング」「エクスプレッシブ」「エミアブル」「アナリティカル」4つのタイプに分類されます。

 

コーチングを学んだ方は、「コントローラー」「プロモーター」「サポーター」「アナライザー」の呼称に馴染みがあるかもしれません。

 

また私が知る中では、「指導型」「説得型」「カウンセリング型」「分析型」、または、「ボスキャラクター」「タレントキャラクター」「フォロワーキャラクター」「セオリストキャラクター」など、オリジナルな名称付けしている企業(研修会社)もありました。

 

内容はほぼ同義と考えてOKです。

 

出典元『リクナビNEXTジャーナル』あなたは何タイプ?コミュニケーション上手になるための4タイプ診断法

 

人は様々な要素を持っているので単純に4つに分けることはできませんが、全体を通した大まかな方向性として、いずれかのスタイルに分類されるといわれています。

 

【それぞれのタイプの特徴】

 

■ドライビング(前進型・行動派)

・冷静で人からの指示を嫌う

・物事の道理を捉え、選択決定が早い

・自分の道は自分で決める

・戦略立案や勝負事への興味が強い など

 

エクスプレッシブ(直感型・感覚派)

・自分の話をすることを好む

・理屈にこだわらない迅速な意思決定ができる

・他人の意見や考えを気にする

・周囲を巻き込んだ行動が得意 など

 

エミアブル(温和型・協調派)

・聞き上手で親しみやすい

・選択や決断には入念な下調べと時間をかける

・周りの意見を大事にする

・リスクを取ることは避ける など

 

アナリティカル(分析型・思考派)

・冷静で自立心が強い

・情報やデータを重視し、客観的な事実にもとづいて選択する

・時間管理がきっちりしている

・リスクを取ることは避ける など

 

各スタイルの特徴からみて、皆さんはご自身でどのタイプだと思われますか?

 

ソーシャルスタイルで自分や相手のことを知り、相手のスタイルに合った関わり方を工夫することで人間関係を円滑にすることができます。

 

注意点としてお伝えしておきたいのは、

 

  1. ソーシャルスタイルに、良い・悪いはありません
  2. この結果が100%その人ではありません

 

ということです。

 

判断基準の一つとして捉えていくのがいいかなと思います。

 

また、人は「コアな部分は変わらない」といわれていますが、経験や環境によって多少は変化することがあるようです。

 

私の場合、初めてソーシャルスタイルを自己診断した15年前は「エミアブル」、2度目(8年前)の診断では「エクスプレッシブ」、3度目(1年前)はまた「エミアブル」に戻り、最近はドライバーになっていました(笑)

 

振り返ると、その時々の仕事内容や付き合っていた仲間、熱量を持って取り組んでいたことやマインドセットに影響されているのかなと思います。

 

簡易テストを行うと自分がどのタイプのどの位置にいるのかが、ピンポイントでわかります。

 

補足ですが、縦横軸がクロスする近辺にいるのは、中心傾向のバランス型。

 

その立場に応じて対応変化していくタイプとも言われています。

 

 

ソーシャルスタイルを簡単にご紹介しましたが、

 

タイプ分けが重要なのではなく、「自分を知るということ」が肝心です

 

繰り返しですが、ソーシャルスタイルは自己理解のための一つのツールとお考えくださいね。

 

 

東洋システムサイエンスの自己診断ツール

 

自分を知ること“は仕事選びをはじめとする、ご自身のキャリア構築においても必要なことです。

 

東洋システムサイエンスでは、会員の皆様の自己理解をサポートするために、簡単なWebテストを受けられる仕組みをご用意しました。

 

所要時間10分程度ですので、是非お試しください。

 

もちろん無料です!

 

ご自身のこんな結果が見られます。(一部抜粋)

 

【適性検査の申し込み方法】

 

▼これから会員登録をする方

 

1.DietitianJobホームページの「無料会員登録」フォームを開く

2.一番下「自己アピール」欄に、「適性検査希望」とご記入し、送信してください。

「無料会員登録」へ

 

▼既に会員登録済みの方、またはスタッフの方

 

1.DietitianJobホームページの「お問い合わせ」フォームを開く

2.フォームの一番下「ご質問はこちらへどうぞ」欄に、「適性検査希望」とご記入し、送信してください。

「お問い合わせ」へ

 

お申込期限:2020年6月末まで

 

※人数限定キャンペーンのため、上記期限以前に定員に達した場合は、予告なく終了させていただきます。

 

お希望の方はお早めにお申し込みください。

 

適性検査を活用しながら、是非「自己理解」を深めていただければと思います。

 

 

 

 

CONTACT

首都圏・関東地区・東海地区・関西地区・九州地区で栄養士・管理栄養士の仕事・転職・求人・派遣・紹介・募集情報ならダイエッティシャンジョブにおまかせください。

illust
illust
illust

PAGETOP

メールでお問い合わせ

本社

横浜本社
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル
TEL:045-451-3191
FAX:045-451-3291

アクセス

営業所一覧

東京営業所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-17-11 ルート西池袋ビル6F(602)
TEL:03-6912-7954
FAX:03-6912-7964

アクセス

大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-6-29 第三ユヤマビル3F
TEL:06-6889-1018
FAX:06-6889-1012

アクセス

名古屋営業所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2丁目18番14号
LANDSQUARE MARUNOUCHI 8F
TEL:052-684-6712
FAX:052-684-6713

アクセス

福岡営業所
〒810-0041
福岡市中央区大名1-9-27 第一西部ビル
TEL:092-753-8871
FAX:092-753-8872

アクセス