MENU

栄養士・管理栄養士の求人情報サイト Dietitian job

第34回管理栄養士国家試験問題~臨床栄養学~

問題をクリックすると解答が開きます。

Q111
主観的包括的評価(SGA)に用いられる情報である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. 血糖値
  2. 尿ケトン体
  3. 便潜血
  4. 仙骨部浮腫
  5. 膝下高
A111 正解(4)
(1)
Q112
代償性肝硬変患者の栄養モニタリング項目である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. 肝性脳症の有無
  2. 浮腫の有無 
  3. 筋肉量
  4. ウエスト/ヒップ比
A112 正解(3)
(1)
Q113
経鼻胃管にて、1.0kcal/mLの半消化態栄養剤(常温)を100mL/時で250mL投与したところ、下痢を生じた。その対策に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. 脂質含量の多い経腸栄養剤に変更する。
  2. 浸透圧の高い経腸栄養剤に変更する。
  3. 2.0kcal/mLの経腸栄養剤に変更する。
  4. 4℃にして投与する。
  5. 25mL/時で投与する。
A113 正解(5)
(1)
Q114
末梢静脈栄養法に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. 1日に2,000kcalを投与できる。
  2. アミノ酸濃度20%の溶液を投与できる。
  3. 脂肪乳剤は、1g/kg標準体重/時で投与できる。
  4. ブドウ糖濃度30%の溶液を投与できる。
  5. 浸透圧300mOsm/Lの溶液を投与できる。
A114 正解(5)
(1)
Q115
診療報酬における在宅患者訪問栄養食事指導料の算定要件に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. 指導に従事する管理栄養士は、常勤に限る。
  2. 算定回数は、1か月1回に限る。
  3. 指導時間は、1回20分以上とする。
  4. 指導内容には、食事の用意や摂取等に関する具体的な指導が含まれる。
  5. 訪問に要した交通費は、指導料に含まれる。
A115 正解(4)
(1)
Q116
医薬品とその作用の組合せである。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. サイアザイド系利尿薬ー血清尿酸値低下
  2. β遮断薬ー気管支拡張
  3. カルシウム拮抗薬ー血管収縮
  4. アンジオテンシン変換酵素阻害薬ー尿中ナトリウム排泄促進
  5. アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬ー血清カリウム値低下
A116 正解(4)
(1)
Q117
45歳、男性。口渇で来院。HbA1c9.2%。1日の聞き取りによるエネルギー摂取量は2,200kcalであった。1 日の目標エネルギー量は、1,800kcalと算出された。エネルギー摂取量の適正化を目指すために、患者本人に食事内容を記録しても らうこととした。SOAPとその内容の組合せである。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. Sー目標エネルギー量は、1,800kcal/日
  2. OーHbA1c9.2%
  3. Aー食事内容を記録してもらう 
  4. Pー口渇
  5. Pーエネルギー摂取量は、2,200kcal/日
A117 正解(2)
(1)
Q118
ビタミン、ミネラルの欠乏により生じる疾患の組合せである。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. ビタミンEー壊血病
  2. ビタミンB12ーハンター舌炎
  3. カルシウムーパーキンソン病
  4. 亜鉛ーヘモクロマトーシス 
  5. 銅ーウィルソン病
A118 正解(2)
(1)
Q119
超低エネルギー食(VLCD)に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. 対象は、BMI35.0kg/m2以上とする。
  2. 治療食は、外来通院で開始する。
  3. 期間は、6か月継続する。
  4. 目標エネルギー量は、1,000kcal/日に設定する。
  5. たんぱく質の必要量は、0.8g/kg標準体重/日に設定する。
A119 正解(1)
(1)
Q120
糖尿病治療に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

  1. 糖尿病食事療法のための食品交換表を用いて、栄養食事指導を行う。
  2. カーボカウントを用いて、インスリン量を決定する。
  3. 有酸素運動は、インスリン抵抗性を改善する。
  4. α-グルコシダーゼ阻害薬は、肝臓での糖新生を抑制する。
  5. 超速効型インスリン注射は、食後高血糖を改善する。
A120 正解(4)
(1)
Q121
高LDLコレステロール血症の栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. 炭水化物の摂取エネルギー比率を40%E未満とする。
  2. 飽和脂肪酸の摂取エネルギー比率を10%E以上とする。
  3. トランス脂肪酸の摂取を増やす。
  4. コレステロールの摂取量を200mg/日未満とする。 
  5. 食物繊維の摂取量を10g/日以下とする。
A121 正解(4)
(1)
Q122
高トリグリセリド血症の栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. 炭水化物の摂取エネルギー比率を70%E以上とする。
  2. 果糖を多く含む加工食品の摂取を増やす。
  3. n-3系脂肪酸の摂取を増やす。
  4. アルコールの摂取量を50g/日以下とする。 
  5. 高カイロミクロン血症では、脂質の摂取エネルギー比率を20%E以上とする。
A122 正解(3)
(1)
Q123
胃食道逆流症の栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. 1回当たりの食事量を多くする。
  2. 脂質の摂取エネルギー比率を、35%E以上とする。
  3. 夕食後は、1時間以内に就寝する。
  4. 就寝は、仰臥位を勧める。 
  5. 胃瘻では、半固形タイプの栄養剤を用いる。
A123 正解(5)
(1)
Q124
潰瘍性大腸炎に対して、サラゾスルファピリジンを使用することで、吸収が低下する栄養素である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. ビタミンK
  2. ビタミンB1
  3. 葉酸
  4. パントテン酸  
  5. ビタミンC
A124 正解(5)
(1)
Q125
C型慢性肝炎患者に対する鉄制限食の主な目的である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. C型肝炎ウィルスの除去
  2. 活性酸素の産生抑制
  3. 夜間の低血糖予防
  4. 肝性脳症の予防 
  5. 腹水の予防
A125 正解(2)
(1)
Q126
高血圧患者の栄養食事指導のため、24時間蓄尿を行ったところ、尿量が2L、尿中ナトリウム濃度が85mEq/Lであった。算出した1日尿中食塩排泄量として、最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. 8g
  2. 10g
  3. 12g
  4. 14g 
  5. 16g
A126 正解(2)
(1)
Q127
うっ血性心不全が増悪した時の病態と栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. 心胸郭比は、小さくなる。
  2. 交感神経系は、抑制される。
  3. 血漿BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)値は、上昇する。
  4. 水分摂取量は、50mL/kg標準体重/日とする。 
  5. 食塩摂取量は、8g/日とする。
A127 正解(3)
(1)
Q128
58歳、男性、事務職。身長165cm、体重63kg(標準体重60kg)の糖尿病腎症患者である。持続性たんぱく尿(0.8g/gクレアチニン)がみられ、推算糸球体濾過量(eGFR)50mL/分/1.73m2。この患者の1日当たりの目標エネルギー量とたんぱく質量の組合せである。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. 1,200エネルギー量(kcal/日)ー50たんぱく質量(g/日)
  2. 1,600エネルギー量(kcal/日)ー30たんぱく質量(g/日)
  3. 1,600エネルギー量(kcal/日)ー50たんぱく質量(g/日)
  4. 2,200エネルギー量(kcal/日)ー30たんぱく質量(g/日)
  5. 2,200エネルギー量(kcal/日)ー50たんぱく質量(g/日)
A128 正解(3)
(1)

<div class="faq accordion">

<div class="trigger clearfix headaccordion q"><span style="font-size: 18px; font-weight: bold; color: #2c9992;">Q129</span><br />CKD(慢性腎臓病)の栄養アセスメントに関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。<br /><br /><ol>

<li>推算糸球体濾過量(eGFR)の算出には、血清クレアチニン値を用いる。&nbsp;</li>

<li>重症度分類には、尿潜血を用いる。</li>

<li>たんぱく質摂取量の推定には、1日尿中尿酸排泄量を用いる。</li>

<li>ビタミンD活性化障害の評価には、血清カリウム値を用いる。</li>

<li>エリスロポエチン産生障害の評価には、血清マグネシウム値を用いる。</li>

</ol></div>

<div class="accordion_tree a"><span style="color: #e85959; font-size: 18px; font-weight: bold;">A129</span> <span style="color: #e85959;">正解(1)</span></div>

<div class="accordion_tree a">(1)</div>

</div>

Q130
52歳、女性。身長150cm、体重52kg(標準体重50kg)。血清カリウム値6.0mEq/L。腹膜透析を開始した。この患者の栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. エネルギーの摂取量は、40kcal/kg標準体重/日とする。
  2. たんぱく質の摂取量は、0.6g/kg標準体重/日とする。
  3. カリウムの摂取量は、3,000mg/日とする。
  4. リンの摂取量は、1,500mg/日とする。 
  5. 水分の摂取量は、前日尿量に除水量を加えた量とする。
A130 正解(5)
(1)
Q131
内分泌疾患の栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. 甲状腺機能亢進症では、エネルギーの摂取量を制限する。 
  2. 甲状腺機能亢進症では、たんぱく質の摂取量を制限する。
  3. 橋本病では、ヨウ素の摂取量を制限する。
  4. クッシング症候群では、ナトリウムの摂取量を制限する。
  5. クッシング症候群では、カルシウムの摂取量を制限する。
A131 正解(4)
(1)
Q132
22歳、女性。神経性やせ症(神経性食欲不振症)。嘔吐や下痢を繰り返し、2週間以上ほとんど食事摂取ができず、入院となった。この患者の病態および栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. インスリンの分泌が亢進する。 
  2. 無月経がみられる。
  3. 高カリウム血症がみられる。
  4. エネルギーの摂取量は、35kcal/kg標準体重/日から開始する。
  5. 経腸栄養剤の使用は、禁忌である。
A132 正解(2)
(1)
Q133
くる病に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. 日光曝露が制限されていると、発症リスクが高い。
  2. 完全母乳栄養に比べて、混合栄養では、発症リスクが高い。
  3. 血清副甲状腺ホルモン値が低下する。
  4. 血清アルカリホスファターゼ(ALP)値が低下する。
  5. 低リン食を指導する。
A133 正解(1)
(1)
Q134
消化器手術と、それにより引き起こされる障害リスクの組合せである。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. 食道切除ービタミンAの吸収障害
  2. 胃全摘ー骨粗鬆症
  3. 直腸切除ー巨赤芽球性貧血
  4. 大腸切除ーダンピング症候群
  5. 胆嚢摘出ービタミンB1の吸収障害
A134 正解(2)
(1)
Q135
受傷後3日目の広範囲熱傷患者における病態と栄養管理に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

  1. 熱傷面積の推定には、9の法則を用いる。
  2. 水分喪失量は、増加している。
  3. 高血糖をきたしやすい。
  4. 消化管が使用可能な場合は、経腸栄養法が推奨される。
  5. NPC/N比(非たんぱく質カロリー窒素比)は、500とする。
A135 正解(5)
(1)
Q136
先天性代謝異常症とその食事療法の組合せである。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. フェニルケトン尿症ー乳糖制限食
  2. メープルシロップ尿症ーフェニルアラニン制限食
  3. ガラクトース血症ー分枝アミノ酸制限食
  4. ホモシスチン尿症ーメチオニン制限食
  5. 糖原病Ⅰ型ー糖質制限食
A136 正解(4)
(1)

国試過去問集

CONTACT

首都圏・関東地区・東海地区・関西地区・九州地区で栄養士・管理栄養士の仕事・転職・求人・派遣・紹介・募集情報ならダイエッティシャンジョブにおまかせください。

illust
illust
illust

PAGETOP

本社

横浜本社
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル
TEL : 045-451-3191
FAX : 045-451-3291

アクセス

営業所一覧

東京営業所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-17-11 ルート西池袋ビル6F(602)
TEL:03-6912-7954
FAX:03-6912-7964

アクセス

大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-6-29 第三ユヤマビル3F
TEL:06-6889-1018
FAX:06-6889-1012

アクセス

名古屋営業所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2丁目18番14号
LANDSQUARE MARUNOUCHI 8F
TEL:052-684-6712
FAX:052-684-6713

アクセス

福岡営業所
〒810-0041
福岡市中央区大名1-9-27 第一西部ビル
TEL:092-753-8871
FAX:092-753-8872

アクセス