MENU

栄養士・管理栄養士の求人情報サイト Dietitian job

第34回管理栄養士国家試験問題161~200

問題をクリックすると解答が開きます。

Q161
調理従事者のOJT(on the job training)に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. 調理作業中に、職場の厨房機器の操作方法について指導を受ける。
  2. 保健所で開催される、食中毒予防の研修会に参加する。
  3. 自らの意志で、厨房設備に関する通信教育を受講する。
  4. 休日を利用し、厨房機器展示会に参加する。
  5. 参加費を自己負担し、料理講習会に参加する。
A161 正解(1)
(1)
Q162
社員食堂の給与栄養目標量を見直す際のアセスメント項目である。給食の運営を受託している事業者自らが把握する項目として、最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. 社員の人員構成
  2. 利用者の作業労作
  3. 昼食の摂取状況
  4. やせの者と肥満者の割合
  5. 健診での有所見者の割合
A162 正解(3)
(1)
Q163
給食運営の評価に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. 出来上がり重量から、満足度を評価する。
  2. 利用者ごとの残菜量調査から、摂取量を評価する。
  3. 満足度調査から、栄養状態を評価する。
  4. 検食簿の記録から、摂取量を評価する。
  5. 栄養管理報告書から、嗜好を評価する。
A163 正解(2)
(1)
Q164
回転釜を用いたじゃがいもの煮物の品質管理に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

  1. じゃがいもは、大きさをそろえて切る。
  2. じゃがいもに対するだし汁の割合は、少量調理より高くする。
  3. 調味料の使用量は、じゃがいもの重量に対する割合で計算する。
  4. 加熱時間は、じゃがいもでんぷんの糊化に必要な時間を考慮する。
  5. 消火のタイミングは、余熱を考慮する。
A164 正解(2)
(1)
Q165
給食の品質管理に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

  1. 設計品質は、作業指示書で示される。
  2. 適合(製造)品質は、検食で評価する。
  3. 適合(製造)品質は、損益分岐点で評価する。
  4. 総合品質は、利用者の満足度で評価する。
  5. 総合品質の改善には、PDCAサイクルを活用する。
A165 正解(3)
(1)
Q166
1人当たりの純使用量40gで、れんこんのきんぴらを調理する(廃棄率は20%)。100人分の発注量として、最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. 3.2kg
  2. 4.0kg
  3. 4.8kg
  4. 5.0kg
  5. 5.8kg
A166 正解(4)
(1)
Q167
クックチルシステムに関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. 調理済み食品を購入し、提供するシステムである。
  2. クックサーブシステムに比べ、労働生産性が低くなる。
  3. 提供日より前倒しで、計画生産が可能である。
  4. 加熱調理後は、90分以内に10℃まで冷却する。
  5. 調理した料理の保存期間は、最長10日である。
A167 正解(3)
(1)
Q168
1回500食を提供する特定給食施設のHACCP対応の調理室における動線に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. 納品後の野菜は、準清潔作業区域で洗浄し、清潔作業区域で切さいする。
  2. 加熱前の食肉は、準清潔作業区域で調味後、汚染作業区域で保管する。
  3. 出来上がった料理は、準清潔作業区域で保管し、清潔作業区域で配膳する。
  4. 加熱調理担当者は、切さい後の野菜を、清潔作業区域を経由して回転佂まで運搬する。
  5. 野菜の下処理を担当した調理従事者は、前室を経由して準清潔作業区域に移動する。
A168 正解(5)
(1)
Q169
大量調理施設衛生管理マニュアルに従った、調理従事者の衛生管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

  1. 検便検査は、2か月に1回の頻度で行う。
  2. 腸管出血性大腸菌の検便検査は、年に4回の頻度で行う。 
  3. 作業開始前の健康状態の記録は、週1回の頻度で行う。
  4. 下痢がある場合には、調理作業に従事せず、医療機関を受診する。
  5. ノロウイルスに感染した場合には、症状の消失をもって復帰させる。
A169 正解(4)
(1)
Q170
クックサーブシステムの給食施設における、ほうれん草のお浸しの調理工程に関する記述である。HACCPシステムの重要管理点(CCP:critical control point)として、正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. 納品後のほうれん草は、10℃前後で保存する。
  2. ほうれん草は、流水で3回洗浄する。
  3. ほうれん草を茹でる際は、中心部が75℃で1分間以上加熱する。
  4. お浸しの盛り付け後は、10℃以下で保管する。
  5. お浸しの盛り付け後は、2時間以内に喫食する。
A170 正解(3)
(1)
Q171
  • 次の文を読み「171」、「172」、「173」に答えよ。

  • K産科クリニックに勤務する管理栄養士である。医師の指示のもと、妊婦の栄養カウンセリングを行うことになった。妊婦Aさんは、36歳、事務職(身体活動レベル 1.50)。妊娠8週目、経産婦。妊娠高血圧症候群の既往はあるが、現在は高血圧ではない。身長155cm、標準体重53kg、現体重63kg(妊娠前60kg)、BMI26.2kg/m2(妊娠前25.0kg/m2)、血圧120/72mmHg。
  • エネルギー指示量として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 1,400kcal/日
  2. 1,800kcal/日
  3. 2,200kcal/日
  4. 2,600kcal/日
A171 正解(2)
(1)
Q172
妊娠20週になって、現体重66kg、BMI27.5kg/m2、血圧145/90mmHg、ヘモグロビン12.0g/dL、クレアチニン0.8 mg/dL、尿素窒素18mg/dL、尿蛋白(-)となり、栄養食事指導の依頼があった。降圧薬が処方されている。たんぱく質と食塩の指示量として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. たんぱく質55g/日、食塩7g/日
  2. たんぱく質55g/日、食塩3g/日
  3. たんぱく質85g/日、食塩7g/日 
  4. たんぱく質85g/日、食塩3g/日
A172 正解(1)
(1)
Q173
妊娠39週で出産。出産直前の体重は70kg。産後8週目、現体重66kg、BMI27.5kg/m2、血圧124/82mmHg。再度、栄養食事指導を行うことになり、1日の食事内容を聞き取った(表)。ふだんも同じような食事をしているという。この結果を踏まえた行動目標である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 野菜の摂取量を増やす。
  2. 果物を摂るようにする。
  3. 糖質の多い食べ物を減らす。
  4. 油脂の多い食べ物の品数を減らす。
A173 正解(4)
(1)
Q174
  • 次の文を読み「174」、「175」、「176」に答えよ。

  • K総合病院に勤務する管理栄養士である。消化器内科病棟を担当して、入院患者の栄養管理を行っている。患者は、55歳、男性、単身赴任。慢性膵炎で通院していたが、食生活は改善されないままであった。このたび、激しい上腹部痛と背部痛のために緊急入院となった。意識障害および汎発性腹膜炎が認められ、精査の結果、慢性膵炎の急性憎悪と診断さ れた。胆石は認められなかった。身長171cm、体重63kg、血圧128/79mmHg、空腹時血液検査値は、白血球15,000/nL、HbA1c5.8%、血清アミラーゼ1,200IU/L(基準値32~104IU/L)、CRP18.2mg/dL。これまでの食生活は、朝食欠食、昼食はラーメンとチャーハン、夕食はほぼ毎日外食。飲酒は、毎日3合、30年間続けている。
  • 入院当日の栄養投与法である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 流動食による経口栄養法を行う。
  2. 経鼻胃管による経腸栄養法を行う。
  3. 胃瘻を造設して、経腸栄養法を行う。
  4. 絶食として、静脈栄養法を行う。
A174 正解(4)
(1)
Q175
数週間後、上腹部痛と背部痛は無くなり、退院に向けて栄養食事指導を行っている。退院後の食生活で、遵守すべき重要事項として伝える内容である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 禁酒する。
  2. 1日3回規則正しく食事する。 
  3. 昼食のラーメンとチャーハンをやめる。
  4. 外食では、野菜を多く食べる。
A175 正解(1)
(1)
Q176
退院2か月後の外来受診時、時々腹部痛や脂肪便を認めるとの訴えがあり、医師より栄養食事指導の依頼があった。この患者が、近所のスーパーマーケットで販売されている惣菜を買って食事を準備する場合、主菜として勧める料理である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 和風オムレツ(鶏卵80g)
  2. すずき(80g)の塩焼き
  3. いわし(80g)の梅干し煮
  4. アボカド(30g)入りささ身(80g)のサラダ
A176 正解(2)
(1)
Q177
  • 次の文を読み「177」、「178」、「179」に答えよ。

  • K総合病院に勤務する管理栄養士である。入院患者の栄養管理を行っている。患者は、67歳、男性。無職、妻と二人暮らし。入院時身長170cm、体重65kg、BMI22.5kg/m2。胃前庭部の進行胃がん、幽門側胃切除術を受け、ビルロートⅠ法(BillrothⅠ法)で再建した。
  • 退院後、食後10~30分に、腹痛、冷汗、動悸、めまいが頻発した。この症状の原因として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 胃食道逆流症
  2. 早期ダンピング症候群
  3. 後期ダンピング症候群
  4. 輸入脚症候群
  5. 術後イレウス
A177 正解(2)
(1)
Q178
この症状を軽減させることを目的に栄養食事指導を行った。聞き取りによると、本人には調理経験がなく、妻がすべての食事を用意している。妻は勤務のため9時から17時まで不在。患者と妻に、家庭での食事状況を考慮して、具体的な食事の摂り方として献立例を示した(表)。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 献立1
  2. 献立2
  3. 献立3
  4. 献立4
A178 正解(2)
(1)
Q179
2か月後の栄養食事指導である。患者は指示どおり食事療法を行っており、退院後の症状は、ほとんどみられなくなった。少しずつ食事の量を増やし、体重は入院中に10kg減少したが、退院後に2kg増加した。患者から「腹痛は無いが、便が少し軟らかい」との発言があった。助言として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 現在の食事のままで、しばらく様子をみましょう。 
  2. 食事の量を現在の半分にしましょう。
  3. 食事の回数を減らしましょう。
  4. 主食をお粥にしましょう。
A179 正解(1)
(1)
Q180
  • 次の文を読み「180」、「181」、「182」に答えよ。

  • K総合病院に勤務する管理栄養士である。外来患者の栄養食事指導を行っている。患者は、70歳、男性。歩行時の呼吸困難感を主訴に来院した。精査の結果、中等度に進行したCOPD(慢性閉塞性肺疾患)と診断された。食欲が低下し、この半年間で5kgやせた。20歳から現在まで、40本/日の喫煙歴がある。身長160cm、標準体重56.3kg、体重44kg。空腹時血液検査値は、アルブミン3.7g/dL、尿素窒素16mg/dL、クレアチニン0.5mg/dL。基礎代謝量1,050kcal/日、間接熱量計を用いて測定した安静時エネルギー消費量1,400kcal/日。
  • 患者の栄養アセスメントとして、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 上腕三頭筋皮下脂肪厚が高値である。
  2. 除脂肪体重が増加している。
  3. クワシオルコル型栄養障害である。
  4. マラスムス型栄養障害である。
  5. エネルギー代謝は亢進していない。
A180 正解(4)
(1)
Q181
1日当たりのエネルギー指示量である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 1,000kcal/日
  2. 1,400kcal/日
  3. 2,100kcal/日
  4. 3,000kcal/日
A181 正解(3)
(1)
Q182
食事摂取不良が続き、1か月後にやせが進行していたため、経腸栄養剤を補充することにした。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 標準タイプの半消化態栄養剤 
  2. 低脂質の半消化態栄養剤
  3. 高脂質の半消化態栄養剤
  4. 低たんぱく質の半消化態栄養剤
A182 正解(3)
(1)
Q183
  • 次の文を読み「183」、「184」に答えよ。

  • Kクリニックに勤務する管理栄養士である。外来患者の栄養食事指導を行っている。患者は、41歳、男性。今朝から右第一中足趾節関節に激痛を伴う発赤、腫脹を認め来院。BMI25.8kg/m2、腹囲92cm、血圧120/76mmHg。空腹時血液検査値は、血糖112mg/dL、HbA1c6.0%、尿酸8.5mg/dL、CRP5.6mg/dL。ビールが好きで、ほぼ毎日欠かさずに飲んでいる。20歳時と比較して、10kg程度体重が増加していた。減量と節酒することを目標に具体的な食事計画を提示した。
  • 半年後、同様の症状で来院し、再度、栄養食事指導の依頼があった。「体重は少しずつ減量することができ、薬の内服は守れたが、食事制限は難しく、ビールも止められなかった」という。発作の再発防止に向け、具体的な行動に導くための栄養カウンセリングにおける対応である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 「再発防止には、食事制限とビールを止めることは必須ですよ」と、再度説明する。
  2. 「ビールはなかなか止められないですよね」と、共感的理解を示す。
  3. 「服薬は守れているのだから、食事もビールも頑張ればできますよ」と、励ます。
  4. 「つい食べ過ぎたり、ビールを飲んでしまうのは、どんな時ですか」と、行動分析を行う。
A183 正解(4)
(1)
Q184
栄養食事指導中に、普段の食事内容を聞き取った。よく食べていた食品である。控えるべき食品の助言として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 目玉焼き
  2. さつま揚げ
  3. ボンレスハム
  4. 鶏レバーの焼き鳥
A184 正解(4)
(1)
Q185
  • 次の文を読み「185」、「186」に答えよ。

  • 全国健康保険協会(協会けんぽ)のK県支部に勤務し、中小企業の特定保健指導を担当している管理栄養士である。 被保険者Aさん、55歳、男性。昨年の特定健康診査で腹囲とトリグリセリドが基準を超え、動機づけ支援の対象となり、特定保健指導を受けた。半年後の評価時には行動目標が達成され、体重と腹囲の減少がみられた。今年の特定健康診査結果は、身長170cm、体重70kg、BMI24.2kg/m2、腹囲88cm、トリグリセリド165mg/dL。飲酒歴有、喫煙歴無、服薬治療無で、再び動機づけ支援の対象となった。
  • 特定保健指導の初回面接における、管理栄養士の発言である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 昨年頑張って改善したのに、また保健指導の対象になりましたね。
  2. 今年の健診結果について、どのように思われますか。
  3. 昨年の指導内容と行動目標を覚えていますか。
  4. 昨年はうまく改善できたのですから、今年も頑張ってください。
A185 正解(2)
(1)
Q186
初回面接の話し合いで、週2日休肝日をつくる、腹八分にする、今より10分多く歩く、という3つの行動目標を決めた。半年後の評価では、身体活動の目標は実行できていたが、「食事とお酒は仕事上の付き合いが多く、今の立場では無理」と訴えた。体重は変化していなかった。Aさんへの助言である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. どんなに仕事が忙しくても、あなた自身の健康のためですよ。
  2. 昨年はできたのですから、今から気持ちを切り替えて、頑張ってください。
  3. 今回の目標は難しかったようですから、別の目標を自分で立ててください。
  4. 歩くことは続けて、来年も健診を必ず受けてください。
A186 正解(4)
(1)
Q187
  • 次の文を読み「187」、「188」、「189」に答えよ。

  • K市保健センターの管理栄養士である。相談者は、K市在住の35歳、女性。第1子妊娠中である。
  • プレママ・パパ教室の際に、「姉の子どもが卵アレルギーだったので、自分の子どもも心配です。今後、私や子どもの食事で気を付けることは何ですか。」と相談を受けて助言した内容である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 妊娠中の今から、あなた自身の卵の摂取を控えましょう。
  2. 出生後に母乳を与える際には、あなた自身の卵の摂取を控えましょう。
  3. 離乳食を開始する時期を遅らせましょう。
  4. 初めて卵を与える際には、よく加熱した卵黄にしましょう。
A187 正解(4)
(1)
Q188
7か月乳児健康診査の際に、「卵を初めて与えてしばらくしたら、湿疹がひどくなって心配です」との相談を受けた。最初にすべきこととして助言した内容である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 離乳食を一時中止してください。
  2. 卵を原料とした食品を全て除去してください。
  3. 湿疹の治療を含めて、医師に相談してください。
  4. 卵白特異的IgE抗体の検査を受けてください。
A188 正解(3)
(1)
Q189
児が3歳になって、保育所に預けることが決まった。医師からは卵アレルギーの診断がなされている。この児を受け入れることが決まった民間保育所から、給食での対応をできる限り行いたいということで、K市保健センターに相談があった。助言内容として、誤っているのはどれか。1つ選べ。

  1. 家庭でこれまで摂取したことのある食品の種類を把握し、記録してください。
  2. 給食対応の単純化のために、完全除去を基本としてください。
  3. 調理室でアレルゲンの混入が起こりにくい献立にしてください。
  4. 除去食を開始した場合には、在園中は見直しの必要はありません。
  5. 月別の献立表に使用食品について記載し、家族に配布してください。
A189 正解(4)
(1)
Q190
  • 次の文を読み「190」、「191」、「192」に答えよ。

  • K市の健康増進課に勤務する管理栄養士である。市の教育委員会より、近年、新入学の児童における肥満傾向児の割合が増加していると情報提供があった。そこで、肥満に関連する要因を検討し、対策を講じたいと考えた。
  • 小学校で新入学の児童に実施された身体計測の値を用い、肥満傾向児の割合を全国及び県全体と比較したい。そのための指標として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. BMI
  2. ローレル指数
  3. 学校保健統計調査方式による肥満度判定
  4. 幼児身長体重曲線計算式による肥満度判定
A190 正解(3)
(1)
Q191
K市における直近10年間の出生時の体格を確認したところ、変化していなかった。このことを踏まえ、幼児の肥満に関連する要因を検討する目的で、質問紙調査を実施する。調査対象として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 無作為抽出した20~30歳代の成人
  2. 3歳児健康診査を受診する児の保護者
  3. 妊産婦教室の参加者
  4. 市が開催する「子育てフェスタ」の参加者
A191 正解(2)
(1)
Q192
質問紙調査の結果から、児と保護者及び家庭の実態が把握できた(表)。この結果を踏まえ、市内保育園の年中・年長児を対象とする、ポピュレーションアプローチのプログラムを計画した。重要度と実現可能性を考慮した場合の優先度の高いプログラムである。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 保育園の給食時間を長くして、児がよく噛んでゆっくり食べる習慣をつけるようにする。
  2. 菓子の適切な摂り方に関するリーフレットを作成し、全家庭に配布する。
  3. 甘い飲み物に含まれる砂糖量のリーフレットを作成し、全家庭に配布する。
  4. 肥満度の高い児の保護者に対し、家庭における甘い飲み物の買い置きを控えるように説明する。
A192 正解(3)
(1)
Q193
  • 次の文を読み「193」、「194」に答えよ。

  • K県の健康増進課に勤務している管理栄養士である。K県では5年ごとに国民健康・栄養調査に準じた方法で、K県健康・栄養調査を実施している。今回の調査では、栄養摂取状況調査の精度を高めるため、これまでの1日調査から、1週間のうち3日間の食事調査に変更した。
  • 3日間の食事調査に変更することにより、小さくなる調査上の誤差である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 日間変動
  2. 季節間変動
  3. 過小申告
  4. 過大申告
A193 正解(1)
(1)
Q194
3日間の摂取量データから、栄養素摂取量の分布を記述し、県民の食事摂取状況 をアセスメントした。3日間調査に変更したことが、その結果に及ぼす影響である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 1日調査に比べ、たんぱく質摂取量の平均値が低くなる。
  2. 1日調査に比べ、たんぱく質摂取量の不足のリスクが高い者の割合が高くなる。
  3. 1日調査に比べ、食塩摂取量の平均値が高くなる。
  4. 1日調査に比べ、食塩摂取量が目標量を超えている者の割合が高くなる。
A194 正解(4)
(1)
Q195
  • 次の文を読み「195」、「196」、「197」に答えよ。

  • K町健康増進課に勤める管理栄養士である。K町は、脳血管疾患の標準化死亡比(SMR)が147.5と高い。対策を検討するため、K町のデータヘルス計画に用いられた国保データベース(KDB)システムの集計結果を用いることになった。KDBには、健診情報、医療情報、介護情報が収載されている。K町では、国民健康保険被保険者を対象に、特定健康診査を集合健診により実施している。
  • 脳血管疾患の予防対策を検討するために、高血圧の有病者割合に加えて、KDBシステムから得られる重要な情報である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 特定健康診査受診率
  2. 特定保健指導実施率
  3. 受診勧奨者の医療機関受診率
  4. 要介護認定率 
A195 正解(3)
(1)
Q196
KDBシステムを用いた検討の結果、50歳代男性に高血圧の有病者割合が高いことが確認された。これまで一次予防対策としては、減塩に取り組んできたので、今後は、野菜摂取の対策に重点を置くことになった。具体的な対策を検討するため、町の特定健診受診者全員を対象に食事調査を実施し、いつ、どこで、どのように野菜を摂取しているかを把握することになった。食事調査法として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 陰膳法
  2. 食事記録法(秤量法)
  3. 24時間思い出し法
  4. 半定量食物摂取頻度調査法
A196 正解(3)
(1)
Q197
食事調査の結果、50歳代男性は地元の飲食店利用が多く、外食の場合、野菜料理が少ないことが明らかになった。そこで、野菜摂取量の増加が期待される食環境整備を計画した。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 地元のケーブルテレビの協力を得て、野菜摂取に関する広報を行う。
  2. 地元の飲食店の協力を得て、メニュー表に、各メニューの野菜量を表示してもらう。
  3. 地元の飲食店の協力を得て、どの食事にも、野菜ミニ小鉢が付くサービスを行ってもらう。
  4. 地元の生産者団体の協力を得て、「道の駅」で地場産野菜を買うと、地域ポイントがつく仕組みを作る。
A197 正解(3)
(1)
Q198
  • 次の文を読み「198」、「199」、「200」に答えよ。

  • K小学校に勤務する栄養教諭である。単独調理場方式で学校給食を提供し、1回の提供食数は500食である。調理は、A~Fの6人が担当する。図は、米飯、鶏のから揚げ、いんげんと人参のごま和え、けんちん汁の献立の作業工程表である。
  • ごま和えのいんげんと人参を加熱して冷却する調理の工程である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 回転佂で茹でて、水冷する。
  2. 回転佂で茹でて、真空冷却機で冷却する。
  3. スチームコンベクションオーブンで蒸して、真空冷却機で冷却する。
  4. スチームコンベクションオーブンで蒸して、冷蔵庫で冷却する。
A198 正解(3)
(1)
Q199
フライヤーで鶏肉を揚げようとしたところ、揚げ油の温度が120℃までしか上がっていないと調理員から報告があり、フライヤーの故障が確認された。鶏肉を調理する対応策である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 中華鍋で揚げる。
  2. 回転佂で揚げる。
  3. 回転佂で炒める。
  4. スチームコンベクションオーブンで焼く。
A199 正解(4)
(1)
Q200
今回の対応策で、鶏肉を調理する場合の担当者である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 予定通り、EとFが担当する。
  2. EとFに加え、Bも担当する。
  3. EとFに加え、Cも担当する。
  4. EとFに加え、BとCも担当する。
A200 正解(1)
(1)

国試過去問集

CONTACT

首都圏・関東地区・東海地区・関西地区・九州地区で栄養士・管理栄養士の仕事・転職・求人・派遣・紹介・募集情報ならダイエッティシャンジョブにおまかせください。

illust
illust
illust

PAGETOP

本社

横浜本社
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル
TEL : 045-451-3191
FAX : 045-451-3291

アクセス

営業所一覧

東京営業所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-17-11 ルート西池袋ビル6F(602)
TEL:03-6912-7954
FAX:03-6912-7964

アクセス

大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-6-29 第三ユヤマビル3F
TEL:06-6889-1018
FAX:06-6889-1012

アクセス

名古屋営業所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2丁目18番14号
LANDSQUARE MARUNOUCHI 8F
TEL:052-684-6712
FAX:052-684-6713

アクセス

福岡営業所
〒810-0041
福岡市中央区大名1-9-27 第一西部ビル
TEL:092-753-8871
FAX:092-753-8872

アクセス