MENU

栄養士・管理栄養士の求人情報サイト Dietitian job

第32回管理栄養士国家試験問題81~120

問題をクリックすると解答が開きます。

    • Q81

    • カルシウムと鉄の吸収に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)カルシウムの吸収は、脂肪により促進する。

    •                (2)カルシウムの吸収は、リンにより促進する。

    •                (3)カルシウムの吸収は、フィチン酸により促進する。

    •                (4)ヘム鉄の吸収は、ビタミンCにより促進する。

    •                (5)非ヘム鉄の吸収は、動物性たんぱく質により促進する。

 

  • A81

  • 正解(5)

    • Q82

    • 水の出納に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)栄養素1g当たりの代謝水は、脂質が最も少ない。

    •                (2)不可避尿量は、摂取した水分量に影響される。

    •                (3)不感蒸泄では、水のみが失われる。

    •                (4)1日に必要な水分摂取の最低量は、不可避尿量と随意尿(可避尿)量の
                              合計である。

    •                (5)低張性脱水では、電解質を含まない水を補給する。

 

  • A82

  • 正解(3)

      • Q83

      • 基礎代謝量に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


      •      (1)安静座位で測定する。

      •                (2)男性に比べて女性が高い。

      •                (3)環境温度に影響されない。

      •                (4)低栄養状態で増大する。

      •                (5)アドレナリンにより増大する。

         

  • A83

  • 正解(5)

      • Q84

      • 栄養ケア・マネジメントに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


      •      (1)栄養スクリーニングは、侵襲性が高い。

      •                (2)栄養アセスメントは、栄養状態を評価・判定する。

      •                (3)栄養診断は、疾病を診断する。

      •                (4)栄養ケア計画の目標設定には、優先順位をつけない。

      •                (5)モニタリングは、最終的な評価である。

         

  • A84

  • 正解(2)

    • Q85

    • 静的栄養アセスメントの指標である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)血清トランスサイレチン値

    •                (2)血清トランスフェリン値

    •                (3)血清総コレステロール値

    •                (4)血清レチノール結合たんぱく質値

    •                (5)フィッシャー比

 

  • A85

  • 正解(3)

    • Q86

    • 日本人の食事摂取基準(2015年版)において、70歳以上で目標とするBMI(kg/m2)の範囲である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)18.5~22.0

    •                (2)18.5~24.9

    •                (3)20.0~22.0

    •                (4)20.0~24.9

    •                (5)21.5~24.9

 

  • A86

  • 正解(5)

    • Q87

    • 日本人の食事摂取基準(2015年版)における、ビタミンの耐容上限量(UL)に関する記述である 。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)ビタミンAでは、カロテノイドを含む。

    •                (2)ビタミンEでは、α-トコフェロール以外のビタミンEを含む。

    •                (3)ナイアシンでは、ナイアシン当量としての量で設定されている。

    •                (4)ビタミンB6では、食事性ビタミンB6としての量で設定されている。

    •                (5)葉酸では、プテロイルモノグルタミン酸としての量で設定されている。

 

  • A87

  • 正解(5)

    • Q88

    • 成長・発達に伴う変化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)頭囲と胸囲が同じになるのは4歳頃である。

    •                (2)体重1kg当たりの摂取水分量は、成人期より幼児期の方が多い。

    •                (3)カウプ指数による肥満判定基準は、年齢に関わらず一定である。

    •                (4)乳幼児身体発育曲線における50パーセンタイル値は、平均値を示している。

    •                (5)微細運動の発達は、粗大運動の発達に先行する。

 

  • A88

  • 正解(2)

    • Q89

    • 母乳に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)乳糖は、成熟乳より初乳に多く含まれる。

    •                (2)ラクトフェリンは、初乳より成熟乳に多く含まれる。

    •                (3)吸啜刺激は、プロラクチンの分泌を抑制する。

    •                (4)母乳の脂肪酸組成は、母親の食事内容の影響を受ける。

    •                (5)母親の摂取したアルコールは、母乳に移行しない。

 

  • A89

  • 正解(4)

    • Q90

    • 妊娠期の糖代謝異常に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)妊娠糖尿病とは、妊娠中に発症した明らかな糖尿病のことをいう。

    •                (2)妊娠糖尿病の診断基準は、非妊娠時の糖尿病の診断基準とは異なる。

    •                (3)妊娠糖尿病では、巨大児を出産する可能性が高い。

    •                (4)肥満は、妊娠糖尿病発症のリスク因子である。

    •                (5)糖尿病合併妊娠では、インスリン療法を行う。

 

  • A90

  • 正解(1)

    • Q91

    • 離乳の進め方に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)哺乳反射が活発になってきたら、離乳食を開始する。

    •      (2)離乳を開始して1か月を過ぎた頃から、離乳食は1日3回にする。

    •                (3)歯ぐきでつぶせる固さのものを与えるのは、生後9か月頃からである。

    •                (4)はちみつは、生後9か月頃より与えてよい。

    •                (5)卵は、卵白から全卵へ進めていく。

 

  • A91

  • 正解(3)

    • Q92

    • 新生児期・乳児期の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    •  

    •      (1)頭蓋内出血の予防として、ビタミンAを投与する。

    •                (2)母乳性黄疸が出現した場合には、母親のカロテン摂取量を制限する。

    •                (3)乳糖不耐症では、乳糖強化食品を補う。

    •                (4)ビタミンDの欠乏により、くる病が起こる。

    •                (5)フェニルケトン尿症では、フェニルアラニンを増量したミルクを用いる。

 

  • A92

  • 正解(4)

    • Q93

    • 幼児期の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)基礎代謝基準値(kcal/kg体重/日)は、成人より低い。

    •                (2)推定エネルギー必要量は、成長に伴うエネルギー蓄積量を含む。

    •                (3)間食は、幼児の好きなだけ摂取させてよい。

    •                (4)咀しゃく機能は、1歳頃に完成される。

    •                (5)クワシオルコル(kwashiorkor)では、エネルギー摂取量が不足している。

 

  • A93

  • 正解(2)

    • Q94

    • 思春期の女子に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)思春期前に比べ、エストロゲンの分泌量は減少する

    •                (2)思春期前に比べ、皮下脂肪量は減少する。

    •                (3)貧血の多くは、巨赤芽球性貧血である

    •                (4)急激な体重減少は、月経異常の原因となる。

    •                (5)神経性やせ症(神経性食欲不振症)の発症頻度は、男子と差はない

 

  • A94

  • 正解(4)

    • Q95

    • 更年期の女性に起こる変化である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)血清HDL-コレステロール値の上昇

    •                (2)エストロゲン分泌量の増加

    •                (3)黄体形成ホルモン(LH)分泌量の増加

    •                (4)卵胞刺激ホルモン(FSH)分泌量の減少

    •                (5)骨吸収の抑制

 

  • A95

  • 正解(3)

    • Q96

    • 嚥下障害の高齢者に適した調理法に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)バナナをつぶす。

    •                (2)きゅうりを刻む。

    •                (3)にんじんを軟らかく煮る。

    •                (4)ジュースをゼリー状に固める。

    •                (5)お茶にとろみをつける。

 

  • A96

  • 正解(2)

    • Q97

    • 高齢者の栄養管理に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)ロコモティブシンドロームでは、要介護になるリスクが高い。

    •                (2)サルコペニアでは、筋萎縮がみられる。

    •                (3)フレイルティ(虚弱)の予防では、除脂肪体重を維持する。

    •                (4)褥瘡の予防では、たんぱく質を制限する。

    •                (5)誤嚥性肺炎の予防では、口腔ケアを実施する。

 

  • A97

  • 正解(4)

    • Q98

    • ストレス応答の抵抗期に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)交感神経の活動は、低下する。

    •                (2)糖新生は、亢進する。

    •                (3)血中遊離脂肪酸値は、低下する。

    •                (4)血清ビタミンC値は、上昇する。

    •                (5)尿中カルシウム排泄量は、低下する。

 

  • A98

  • 正解(2)

    • Q99

    • 環境温度と身体機能の変化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)低温環境では、ふるえ熱産生が起こる。

    •                (2)低温環境では、アドレナリンの分泌が減少する。

    •                (3)高温環境では、熱産生が増加する。

    •                (4)高温環境では、皮膚血管が収縮する。

    •                (5)夏季は、冬季に比べ基礎代謝量が増加する。

 

  • A99

  • 正解(1)

    • Q100

    • 「週3日休肝日にする」という行動目標を、1か月継続している男性への管理栄養士の支援である。トランスセオレティカルモデルに基づいた支援として、正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)行動目標について、家族に宣言するように勧める。

    •                (2)毎晩の飲酒を続けることによる健康へのリスクを説明する。

    •                (3)家に、アルコール飲料を置かないことを勧める。

    •                (4)休肝日を守ることのメリットとデメリットを、一緒に考える。

    •                (5)お酒のエネルギー量を、調べてみるように伝える。

 

  • A100

  • 正解(3)

    • Q101

    • 血圧が高めの高齢女性に、計画的行動理論を活用した減塩のための支援を行った。主観的規範を高めるための管理栄養士の発言である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)減塩調味料を使えば、簡単に食塩摂取量を減らせますよ。

    •                (2)メニューに食塩相当量を示している飲食店を紹介しますね。

    •                (3)減塩を続ければ、健康診査の結果もよくなると思いますよ。

    •                (4)工夫次第で、減塩した料理も、おいしく作れますよ。

    •                (5)ご家族も、あなたがずっと元気でいてくださることを願っていますよ。

 

  • A101

  • 正解(5)

    • Q102

    • イノベーション普及理論によれば、イノベーションの普及には、相対的優位性、適合性、わかりやすさ(複雑性)、試行可能性、可観測性の5つの条件が関係する。管理栄養士が新たに作成した離乳食メニュー集を、速やかに普及させるために、相対的優位性を活用した内容である 。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)メニュー集を使って試作した人の例を、SNSで公開する 。

    •                (2)メニュー集を使った離乳食教室への参加を呼びかける。

    •                (3)よく使う調理器具で作れることをアピールする。

    •                (4)これまでの離乳食よりも、経済的に作れることをアピールする。

    •                (5)時間のある時に作り置きし、保存する方法を説明する。

 

  • A102

  • 正解(4)

      • Q103

      • 全国の女子高校生を対象に、メディアを活用してやせすぎに対する注意喚起を促す情報を発信することになった。やせすぎの予防効果が期待される情報発信の内容と提示方法の組合せである 。最も適切なのはどれか。1つ選べ。


      •      (1)全国の若年女性のやせの割合ーグラフ

      •                (2)やせすぎによる妊孕性への影響ー解説文

      •                (3)摂食障害の事例ー漫画

      •                (4)思春期外来のある医療機関ーマップ


 

  • A103

  • 正解(3)

      • Q104

      • 妊娠初期の妊婦に対する栄養カウンセリングの初回面接である。行動変容の準備性を確認する管理栄養士の発言である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。


      •      (1)今朝、朝食に何を召し上がりましたか。

      •                (2)食事調査の結果をご覧になって、どう思われましたか。

      •                (3)ご家族は、食事について、どのようにおっしゃっていますか。

      •                (4)今日お話した内容について、何か質問がありますか。


 

  • A104

  • 正解(2)

      • Q105

      • 食事を食べる速さがとても速いと話す、営業職の男性肥満者に対する栄養カウンセリングである。管理栄養士が行動分析を行う際の質問である。誤っているのはどれか。1つ選べ。


      •      (1)速く食べる時は、どのような時ですか。

      •                (2)どんな食べ物が、好きですか。

      •                (3)人と一緒に食べる時にも、速いですか。

      •                (4)ゆっくり食べる時も、ありますか。

      •                (5)ゆっくり食べた時は、どんな気持ちですか。


 

  • A105

  • 正解(2)

      • Q106

      • 毎回学校給食を残すA子さんに、給食を完食することについて、考えを尋ねた。A子さんの発言記録の中で意思決定バランスに関する発言である。誤っているのはどれか。1つ選べ。


      •      (1)先生に褒められると思います。

      •                (2)給食の献立が気になります。

      •                (3)元気になると思います。

      •                (4)無理して食べると気分が悪くなります。

      •                (5)残すと友達の目が気になります


 

  • A106

  • 正解(2)

      • Q107

      • ストレスマネジメントには、問題焦点コーピングと情動焦点コーピングがある。仕事の忙しさがストレスとなり暴飲暴食になってしまうと話す、肥満の単身男性のストレスマネジメントである。正しいものの組合せはどれか。1つ選べ。


      •      (1)肥満でない同僚から話を聞く。ー情動焦点コーピング

      •                (2)気晴らしに趣味の時間を持つ。ー問題焦点コーピング

      •                (3)どんな日に食べ過ぎてしまうか、考える。ー情動焦点コーピング

      •                (4)職場以外では、仕事のことを考えないようにする。ー問題焦点コーピング

      •                (5)家族に悩みを聞いてもらう。ー情動焦点コーピング


 

  • A107

  • 正解(5)

        • Q108

        • 災害を想定して、校区ごとに防災ネットワークを設立することになった。地域のソーシャルキャピタルを高めるための、管理栄養士の働きかけに関する記述である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。


        •      (1)校区ごとに、災害時に支援の優先度が高い人を把握する。

        •                (2)自分の身は自分で守れるように、非常食の確保を促す。

        •                (3)避難所運営訓練で、住民による炊き出しを指導する。

        •                (4)校区外からの、救援物資の搬入ルートを確認する。


 

  • A108

  • 正解(3)

        • Q109

        • 小学校において、1年生が正しく箸を使えるようになることをねらいとした、食に関する指導を実施することとなった。ねらいに合った環境目標である。正しいのはどれか。2つ選べ。


        •      (1)ランチルームに置く、箸のサイズの種類を増やす。

        •                (2)自宅でも、正しく箸を使う児童を増やす。

        •                (3)給食で、地場産物を活用した献立を増やす。

        •                (4)縦割り給食で、1年生に箸の持ち方を教える上級生を増やす。

        •                (5)箸の使い方のマナーを、知っている児童を増やす。


 

  • A109

  • 正解(1)かつ(4)

        • Q110

        • 多忙で管理栄養士との面接の時間が取れないと話す、男性に対する減量のための支援である。食事内容のモニタリングとして、最も適切なのはどれか。1つ選べ。


        •      (1)定期的に、1日分の食事記録をファクシミリで送ってもらう。

        •                (2)定期的に、1日の食事内容を電話で聞き取る。

        •                (3)定期的に、1日分の食事の写真をスマートフォンで送ってもらう。

        •                (4)定期的に、ホームページ上の半定量食物摂取頻度調査に入力してもらう。


 

  • A110

  • 正解(3)

        • Q111

        • 独居の後期高齢者に対し、低栄養改善を目的とした訪問栄養指導を行った。実施記録内容と評価の種類の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。


        •      (1)訪問前の電話の会話記録から、学習者の準備性を確認した。ー企画評価

        •                (2)訪問時の記録から、会話内容の理解度を確認した。ー影響評価

        •                (3)訪問前後の体重の変化から、学習者の低栄養改善を確認した。ー経過評価

        •                (4)一緒に料理を作った時の記録から、学習者の調理技術を確認した。ー結果評価

        •                (5)食料品の買い物の記録から、学習者のおおよその食費を確認した。ー経済評価


 

  • A111

  • 正解(1)

        • Q112

        • 地域で、3回シリーズの調理を含む教室を実施した。栄養教育プログラムの形成的評価である。正しいのはどれか。2つ選べ。


        •      (1)開始前のスタッフ研修で、調理の難易度を確認した。

        •                (2)初回の収支が赤字だったので、食材料費の妥当性を検討した。

        •                (3)最終回の食材クイズで、学習内容の定着度を確認した。

        •                (4)プログラム終了後に、参加者の家庭での実践状況を調べた。

        •                (5)プログラム終了後に、年代別の出席率を算出した。


 

  • A112

  • 正解(1)かつ(2)

          • Q113

          • 高校の水泳部監督から、部員全員の体組成を毎年モニタリングしているが、体格がよくならないと相談され、部員の体作りを目的とする栄養教育に初めて取り組むことになった。栄養教育の評価デザインとして、実現可能性と精度から、最も適切なのはどれか。1つ選べ。


          •      (1)平均体格の水泳部員1名をモデルケースとして栄養教育プログラムを実施し、
                                    教育前後の体組成を比較する。

          •                (2)水泳部員全員に栄養教育プログラムを実施し、教育前後の体組成を比較する。

          •                (3)水泳部員全員に栄養教育プログラムを実施し、教育前後の体組成の変化量を、
                                    前年同期間の部員全員の変化量と比較する。

          •                (4)水泳部員全員を、栄養教育を行うグループと行わないグループにランダムに
                                    分け、教育後にグループ間で体組成の変化量を比較する。


 

  • A113

  • 正解(3)

        • Q114

        • 個人の健康行動に作用する要因を生態学的モデルで捉えると、個人内、個人間、組織、地域、政策といった多層のレベルがある。大学生対象の適正飲酒の取組と、生態学的モデルの各レベルの組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。


        •      (1)学生が、サークルの先輩から適度な飲酒量の話を聞いた。ー個人内レベル

        •                (2)学生が、配布された急性アルコール中毒に関するパンフレットを読んだ。
                                  ー個人間レベル

        •                (3)入学式の季節に、全学部で急性アルコール中毒防止のガイダンスを行った。
                                  ー組織レベル

        •                (4)大学構内での飲酒が、学則により全面的に禁止された。ー地域レベル

        •                (5)大学周辺の飲食店が、急性アルコール中毒防止のポスター掲示に協力した。
                                  ー政策レベル

 

  • A114

  • 正解(3)

        • Q115

        • 介護報酬、診療報酬に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


        •      (1)療養食加算は、入院基本料に加算できる。

        •                (2)栄養マネジメント加算は、居宅サービス費に加算できる。

        •                (3)栄養サポートチーム加算は、入院時食事療養費に加算できる。

        •                (4)入院栄養食事指導料の算定対象に、がん患者が含まれる。

        •                (5)在宅患者訪問栄養食事指導料の算定要件に、調理実技の指導が必須である。


 

  • A115

  • 正解(4)

        • Q116

        • 臨床栄養に関わる用語とその説明の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。


        •      (1)アドヒアランスー治療への患者の積極的な参加

        •                (2)バリアンスー情報開示に対する患者の権利

        •                (3)ターミナルケアー重症度の判別

        •                (4)ノーマライゼーションー治療の標準化

        •                (5)リスクマネジメントー障がい者と健常者との共生


 

  • A116

  • 正解(1)

        • Q117

        • 骨格筋量のアセスメント指標である。正しいのはどれか。1つ選べ。


        •      (1)肩甲骨下部皮下脂肪厚

        •                (2)血中ヒスチジン値

        •                (3)血清CRP(C反応性たんぱく質)値

        •                (4)尿中アルブミン排泄量

        •                (5)クレアチニン身長係数


 

  • A117

  • 正解(5)

        • Q118

        • 経腸栄養法に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


        •      (1)半消化態栄養剤は、脂質を含まない。

        •                (2)成分栄養剤の窒素源は、たんぱく質である。

        •                (3)半固形タイプの栄養剤は、胃瘻に使用できない。

        •                (4)下部消化管完全閉塞時には、禁忌である。

        •                (5)下痢が生じた場合は、投与速度を速める。


 

  • A118

  • 正解(4)

        • Q119

        • 静脈栄養法に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


        •      (1)末梢静脈栄養法では、1日に2,000kcalを投与できる。

        •                (2)末梢静脈栄養法で投与できるアミノ酸濃度は、30%である。

        •                (3)中心静脈栄養法は、1週間以上は実施できない。

        •                (4)中心静脈栄養法の基本輸液剤には、亜鉛が含まれる。

        •                (5)中心静脈栄養法は、在宅では実施できない。


 

  • A119

  • 正解(4)

        • Q120

        • 食品が医薬品の薬理効果に及ぼす影響に関する記述である。[ ]に入る正しいものの組合せはどれか 。1つ選べ。[a]であるワルファリンの薬理効果は、[b]を多量に含む食品を摂取することにより[c]する。


        •           a              b            c

        •      (1)抗炎症薬ービタミンAー増強

        •                (2)抗炎症薬ービタミンKー減弱

        •                (3)抗凝固薬ービタミンAー増強

        •                (4)抗凝固薬ービタミンKー減弱

        •                (5)抗凝固薬ービタミンKー増強


 

  • A120

  • 正解(4)

国試過去問集

CONTACT

首都圏・関東地区・東海地区・関西地区・九州地区で栄養士・管理栄養士の仕事・転職・求人・派遣・紹介・募集情報ならダイエッティシャンジョブにおまかせください。

illust
illust
illust

PAGETOP

本社

横浜本社
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル
TEL : 045-451-3191
FAX : 045-451-3291

アクセス

営業所一覧

東京営業所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-17-11 ルート西池袋ビル6F(602)
TEL:03-6912-7954
FAX:03-6912-7964

アクセス

大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-6-29 第三ユヤマビル3F
TEL:06-6889-1018
FAX:06-6889-1012

アクセス

名古屋営業所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2丁目18番14号
LANDSQUARE MARUNOUCHI 8F
TEL:052-684-6712
FAX:052-684-6713

アクセス

福岡営業所
〒810-0041
福岡市中央区大名1-9-27 第一西部ビル
TEL:092-753-8871
FAX:092-753-8872

アクセス