MENU

栄養士・管理栄養士の求人情報サイト Dietitian job

第32回管理栄養士国家試験問題121~160

問題をクリックすると解答が開きます。

    • Q121

SOAPとその記載内容の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. Sー低栄養状態である
  2. Oー血清アルブミン値2.8g/dL
  3. Aー家に帰りたい
  4. Aー嚥下調整食の指導
  5. Pー水を飲む時にむせる

 

A121 正解(2)
  • (1)S=主観的情報。患者の話から得た情報を記載。(3)(4)A=評価。診断を指しS・Oから考えられることを記載。(5)P=計画。治療方針・内容・生活指導を記載。

    • Q122

薬剤とその適応疾患の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。
    •  

  1. エリスロポエチン製剤ー骨粗鬆症
  2. HMG-CoA還元酵素阻害薬ー胃食道逆流症
  3. 抗TNF-α抗体製剤ークローン病
  4. ヒスタミンH2受容体拮抗薬ー高LDL-コレステロール血症
  5. ビスホスホネート薬ー腎性貧血

 

A122 正解(3)
  • (1)腎性貧血。エリスロポエチンは腎臓で合成される増血因子。(2)高コレステロール血症。体内でアセチルCo-Aからコレステロールが合成される反応のHMG-CoA→メバロン酸の還元反応を阻害。(4)胃食道逆流症。胃酸分泌を抑制することで胃・食道の粘膜炎症を抑え防ぐ。(5)骨粗鬆症。骨吸収(破骨)を抑える。

    • Q123

肥満症に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 高度肥満症は、BMI30kg/m2以上をいう。
  2. 高度肥満症の治療には、外科療法がある。
  3. 除脂肪体重の減少を目指す。
  4. 超低エネルギー食(VLCD)は、600kcal/日以下である。
  5. VLCDによる治療では、乳酸アシドーシスを生じやすい。

 

A123 

正解(2)かつ(4)

(1)BMI35kg/m2以上。肥満1度-25~30未満、肥満2度-30~35、肥満3度-35~40未満、肥満4度-40以上。(3)体脂肪量の減少。(5)ケトアシドーシスを生じやすい。

        • Q124

    • 54歳、女性。現体重52kg。標準体重50kg、事務員(軽労作)。合併症のない2型糖尿病と診断された。この患者の1日当たりの目標栄養量の組合せである。最も適切なのはどれか。1つ選べ。
        • エネルギー たんぱく質 脂質
          (1) 1,500kcal 60g 40g
          (2) 1,500kcal 80g 60g
          (3) 1,750kcal 60g 40g
          (4) 1,750kcal 80g 60g

 

A124  

正解(1)

(1)エネルギー摂取量=標準体重kg×身体活動量kcal(軽労作25~35kcal/kg)。たんぱく質=標準体重kg×1.0~1.2g/日。脂質=摂取エネルギー-糖質エネルギー-たんぱく質エネルギー。1,500-900(糖質エネルギー:摂取エネルギーの55~60%)-240(たんぱく質エネルギー:60g×4kcal)=360→360÷9(脂質1g=9kcal)=40g
    • Q125

    • 高カイロミクロン血症の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)炭水化物の摂取エネルギー比率は、30%E以下とする。

    •                (2)たんぱく質の摂取エネルギー比率は、10%E以下とする。

    •                (3)脂質の摂取エネルギー比率は、15%E以下とする。

    •                (4)n-3系脂肪酸の摂取量は、制限する。

    •                (5)食物繊維の摂取量は、制限する。

 

  • A125

  • 正解(3)

    カイロミクロンは食物中脂質を腸から体内へ輸送するリポタンパク質。食事中脂質エネルギー比率を15%E以下に制限。(1)脂質を制限するので若干高くなる。(2)脂質を制限するので若干高くなる。(4)血中の中性脂肪を低下させる作用があるので増やす。(5)肥満予防・血中コレステロールを低下させる作用があるので増やす。

    • Q126

    • 高尿酸血症の栄養管理および治療薬とその主な効果の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)十分に水分を摂取するー尿酸産生抑制

    •                (2)果糖の過剰摂取を控えるー尿酸排泄促進

    •                (3)アロプリノールー尿酸産生抑制

    •                (4)プロベネシドー尿酸産生抑制

    •                (5)コルヒチンー尿酸排泄促進

 

  • A126

  • 正解(3)

    (1)尿酸排泄亢進。腎臓でろ過された尿酸6~10%は尿中に排泄。(2)尿酸産生抑制。果糖代謝はATPを多く必要なためアデニンが分解、尿酸合成が亢進。(4)尿酸排泄亢進。腎臓の尿細管で尿酸再吸収を阻害、排泄を増やす。(5)痛風による関節炎の発作を予防。

     

    • Q127

    • 胃食道逆流症の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)高脂肪食の摂取を勧める。

    •                (2)かんきつ類の摂取を勧める。

    •                (3)分割食を勧める。

    •                (4)コルセットの着用を勧める。

    •                (5)食後すぐの仰臥位を勧める。

 

  • A127

  • 正解(3)

    (1)避ける。胃の停滞時間が長く肥満を招く。肥満は腹圧が高くなり逆流を起しやすい。(2)避ける。胃酸分泌を促進し食道炎症が増す。(4)避ける。腹部を圧迫するので逆流を起しやすい。(5)避ける。座位は重力がかかるので逆流しにくい、反対に横になると逆流しやすい。

    • Q128

    • 消化器疾患とその栄養管理の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)胃・十二指腸潰瘍ー炭水化物制限

    •                (2)たんぱく漏出性胃腸症ーたんぱく質制限

    •                (3)C型慢性肝炎ー鉄制限

    •                (4)非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)ー食物繊維制限

    •                (5)胆石症ー水分制限

 

  • A128

  • 正解(3)

    (1)制限しない。胃酸分泌を促進せず刺激も少ない。たんぱく質は胃酸分泌を促進するが消化器粘膜の修復のため高たんぱく質にする。(2)高たんぱく質・低脂肪食。アルブミンが消化管内に異常に漏れ出ることにより起こる低たんぱく血症を主徴する症候群。(4)増やす。肥満・メタボリックシンドローム等が原因、肥満解消の為に摂取。(5)脂肪制限。脂肪を多く摂取すると胆汁が多く分泌、収縮により疝痛発作が起きやすい。

    • Q129

    • 腸疾患の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)過敏性腸症候群では、カリウムの摂取量を制限する。

    •                (2)潰瘍性大腸炎では、エネルギーの摂取量を制限する。

    •                (3)潰瘍性大腸炎では、葉酸の摂取量を制限する。

    •                (4)クローン病では、脂質の摂取量を制限する。

    •                (5)クローン病では、ビタミンB12の摂取量を制限する。

 

  • A129

  • 正解(4)

    (1)制限しない。精神的なストレスが誘因で発症、器質的病変は認められない。下痢型=食物繊維の多い食品・アルコール・香辛料・コーヒー・牛乳・冷たい飲み物等の刺激物を制限。便秘型=水溶性食物繊維の摂取・脂質を通常の2/3程度。(2)第一選択は薬物療法で食事療法は補助的手段。高エネルギー・高たんぱく質・低脂肪・低残渣食。(3)制限しない。(5)制限しない。低残渣食。

    • Q130

    • 肝硬変の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)腹水がある場合には、エネルギーの摂取量を制限する。

    •                (2)食道静脈瘤がある場合には、亜鉛の摂取量を制限する。

    •                (3)高アンモニア血症がある場合には、脂質の摂取量を制限する。

    •                (4)低血糖がある場合には、ラクツロースを投与する。

    •                (5)フィッシャー比低下がある場合には、分枝アミノ酸を投与する。

 

  • A130

  • 正解(5)

    (1)食塩摂取量を制限。(2)とがった食品・刺激物を避け食道上皮組織に損傷を与えないよう注意。(3)たんぱく質摂取量を制限。(4)投与しない。便秘薬として使われる薬。

    • Q131

    • 合併症のない男性高血圧症患者の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)飽和脂肪酸の摂取を勧める。

    •                (2)食塩摂取量は、8g/日とする。

    •                (3)アルコール摂取量は、エタノールで20~30mL/日以下とする。

    •                (4)カルシウムの摂取量を制限する。

    •                (5)マグネシウムの摂取量を制限する。

 

  • A131

  • 正解(3)

    (1)控える。動脈硬化を進行させるので。(2)6g/日未満。(4)制限しない。(5)制限しない。

    • Q132

    • 60歳、男性。身長168cm、体重65kg(標準体重62kg)。虚血性心疾患と診断された。この患者の1日当たりの目標栄養量である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)エネルギー 1,000kcal

    •                (2)たんぱく質 40g

    •                (3)脂質 80g

    •                (4)飽和脂肪酸の摂取エネルギー比率 6%E

    •                (5)食物繊維 10g

 

  • A132

  • 正解(4)

    (1)少ない。エネルギー投与基準量=25~30kcal/標準体重/日。1,550kcal(25×62)~1,860kcal(30×62)/日。(2)少ない。たんぱく質投与基準=1.0~1.2g/kg体重。65g~78g/日。(3)多い。脂質投与基準=エネルギー比20~25%。1,860kcal×25%=465kcal、脂肪量換算=465kcal÷9=51.7g。(5)10g/1,000kcal。

    • Q133

    • 62歳、男性。身長170cm、体重80kg(標準体重63.6kg)、管理職(軽労作)。糖尿病腎症と診断された。血圧145/91mmHg、推算糸球体濾過量(eGFR)70mL/分/1.73m2、血清カリウム値4.5mEq/L。微量アルブミン尿がみられる。この患者の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)エネルギー摂取量は、40kcal/kg標準体重/日とする。

    •                (2)たんぱく質摂取量は、1.2g/kg標準体重/日とする。

    •                (3)炭水化物の摂取エネルギー比率は、70%Eとする。

    •                (4)カリウム摂取量は、1,500mg/日以下とする。

    •                (5)水分摂取量は、前日の尿量と同量とする。

 

  • A133

  • 正解(2)

    (1)第2期(早期腎症)。25~30kcal/kg標準体重/日。(3)50~65%E。(4)制限しない。62歳男性目安量=2,500mg/日。(5)制限しない。

    • Q134

    • CKD(慢性腎臓病)における成人の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)ステージ1では、カリウムの摂取量を制限する。

    •                (2)ステージ2では、たんぱく質の摂取量を制限する。

    •                (3)ステージ3では、食塩摂取量を7g/日とする。

    •                (4)ステージ4では、エネルギー摂取量を25~35kcal/kg標準体重/日とする。

    •                (5)ステージ5では、たんぱく質摂取量を0.6g/kg標準体重/日未満とする。

 

  • A134

  • 正解(4)

    (1)制限しない。(2)過剰な摂取をしない。(3)3g/日以上6g/日未満。(5)0.6~0.8/kg標準体重/日。血液透析の場合0.9~1.2g/kg標準体重/日。

    • Q135

    • 透析患者の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)血液透析では、たんぱく質摂取量を1.0g/kg標準体重/日とする。

    •                (2)血液透析では、飲料水の摂取量を30mL/kg標準体重/日とする。

    •                (3)血液透析では、カリウムの摂取量を制限しない。

    •                (4)腹膜透析では、腹膜吸収エネルギー量を含めてエネルギー量を
                              25kcal/kg標準体重/日とする。

    •                (5)腹膜透析では、リン摂取量を2,500mg/日とする。

 

  • A135

  • 正解(1)

    (2)30mL/kg標準体重/日は多い。出来るだけ少なく。(3)2,000mg/日以下。(4)30~35kcal/kg標準体重/日。性別・年齢・合併症・身体活動度により異なる。(5)2,500mg/日は多い。たんぱく質(g)×15mg以下。

    • Q136

    • 内分泌疾患の病態と栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)クッシング症候群では、インスリン感受性が亢進する。

    •                (2)クッシング症候群では、カリウム制限食とする。

    •                (3)バセドウ病では、基礎代謝が亢進する。

    •                (4)バセドウ病では、たんぱく質制限食とする。

    •                (5)橋本病では、血清総コレステロール値が低下する。

 

  • A136

  • 正解(3)

    (1)副腎皮質機能亢進症で副腎皮質ホルモン分泌が亢進。(2)制限しない。(4)制限しない。(5)増加する。

    • Q137

    • 神経性やせ症(神経性食欲不振症)の症候である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)血清トリヨードサイロニン(T3)値の上昇

    •                (2)高カリウム血症

    •                (3)頻脈

    •                (4)食行動異常

    •                (5)活動量の低下

 

  • A137

  • 正解(4)

    (1)上昇しない。(2)ならない。(3)ならない。(5)亢進。

    • Q138

    • 食物アレルギーに関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)バナナは、交差抗原を含む。

    •                (2)ヒスタミンは、アレルギー症状を抑制する。

    •                (3)加熱処理により、アレルゲン性は減弱する。

    •                (4)口腔粘膜の症状が、出現する。

    •                (5)アナフィラキシーショック時には、エピペンを用いる。

 

  • A138

  • 正解(2)

    (2)過剰に存在すると促進させる。

    • Q139

    • がん患者の栄養管理に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)化学療法では、悪心が出現する。

    •                (2)放射線療法では、食欲不振がみられる。

    •                (3)外科療法では、低栄養のリスクがある。

    •                (4)がん悪液質では、除脂肪体重が減少する。

    •                (5)早期がん患者は、緩和ケアの対象に含めない。

 

  • A139

  • 正解(5)

    (5)病態により対象に含める。

    • Q140

    • 重症熱傷患者の入院翌日の病態と栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)基礎代謝が、低下する。

    •                (2)血管透過性が、低下する。

    •                (3)健常時よりNPC/N(非たんぱく質カロリー窒素比)を低くする。

    •                (4)グルタミンを制限する。

    •                (5)水分を制限する。

 

  • A140

  • 正解(3)

    (1)増加する。(2)亢進する。(4)制限しない。(5)制限しない。

    • Q141

    • ガラクトース血症(Ⅰ型)で除去すべき食品成分である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)グルコース

    •                (2)フルクトース

    •                (3)スクロース

    •                (4)マルトース

    •                (5)ラクトース

 

  • A141

  • 正解(5)

    ガラクトースの代謝障害で体内にガラクトースが多くなり各種障害をもたらす。(1)単糖で吸収利用される。(2)単糖で吸収利用される。(3)二糖類で消化されグルコースとフルクトースになり利用される。(4)二糖類で消化され2分子のグルコースになり利用される。

    • Q142

    • 褥瘡に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)評価法には、DESIGN-Rがある。

    •                (2)肩甲骨部は、好発部位である。

    •                (3)十分なエネルギー摂取が、必要である。

    •                (4)滲出液がみられる時には、水分制限を行う。

    •                (5)予防には、除圧管理が有効である。

 

  • A142

  • 正解(4)

    (4)制限せず補給。床ずれともいわれる。滲出液がみられる時は水分損失が多くなる。

    • Q143

    • 公衆栄養に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)フードセキュリティの達成を目指す。

    •                (2)地域住民のエンパワメントを重視する。

    •                (3)地域の特性を考慮した健康なまちづくりを推進する。

    •                (4)健康格差の解消に向けた取組を行う。

    •                (5)生活習慣病の治療を第一の目的とする。

 

  • A143

  • 正解(5)

    地域住民の健康維持・増進と疾病予防の支援が第一目的。

    • Q144

    • 最近の国民健康・栄養調査結果からみた成人の摂取量において、50歳以上が49歳以下よりも低いものである。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)脂肪エネルギー比率

    •                (2)鉄摂取量

    •                (3)野菜類摂取量

    •                (4)果実類摂取量

    •                (5)魚介類摂取量

 

  • A144

  • 正解(1)

    (2)20歳代6.8mg/日・30歳代7.0mg/日・40歳代7.0mg/日・50歳代7.7mg/日で50歳以上が多い。(3)20歳代232.1g/日・30歳代245.4g/日・40歳代246.0g/日・50歳代271.2g/日で50歳以上が多い。(4)20歳代57.6g/日・30歳代49.3g/日・40歳代59.6g/日・50歳代84.4g/日で50歳以上が多い。(5)20歳代50.4g/日・30歳代53.2g/日・40歳代55.7g/日・50歳代67.2g/日で50歳以上が多い。

    • Q145

    • 最近の国民健康・栄養調査結果における朝食の欠食率に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)1~6歳では、男女とも1%未満である。

    •                (2)20歳以上では、女性が男性より高い。

    •                (3)男性では、20~29歳が60歳以上より高い。

    •                (4)女性では、15~19歳が20~29歳より高い。

    •                (5)女性では、30~39歳が20~29歳より高い。

 

  • A145

  • 正解(3)

    (1)男性7.7%・女性9.4%。(2)男性15.4%・女性10.6%。(4)15~19歳11.8%・20~29歳23.1%。(5)30~39歳19.5%・20~29歳23.1%

    • Q146

わが国の国民1人・1日当たり供給純食料の推移を図に示した。図のa~eに相当する食品の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

    •   

      a b c d e
      (1) 牛乳及び乳製品 野菜 魚介類 肉類
      (2) 肉類 牛乳及び乳製品 野菜 魚介類
      (3) 牛乳及び乳製品 野菜 肉類 魚介類
      (4) 野菜 肉類 魚介類 牛乳及び乳製品
      (5) 野菜 牛乳及び乳製品 魚介類 肉類

 

A146 正解(5)
  • (5)各食品の最も近い推移。

    • Q147

世界の健康・栄養問題に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. 先進国・開発途上国ともに栄養障害の二重苦(double burden of malnutrition)の問題がある。
  2. ヨウ素欠乏症は、増加している。
  3. 5歳未満児死亡率は、増加している。
  4. 年齢別身長を指標とした5歳未満児の発育阻害は、増加している。
  5. 成人の肥満(BMI30kg/m2以上)の割合は、減少している。

 

A147 正解(1)
  • (2)減少している。(3)低下傾向にある。(4)減少している。(5)増加している。

    • Q148

    • 公衆栄養施策とその根拠法の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)生活習慣病の発生状況の把握ー健康増進法

    •                (2)乳幼児の健康診査の実施ー医療法

    •                (3)地域支援事業の実施ー高齢者の医療の確保に関する法律

    •                (4)特別用途表示の許可ー食料・農業・農村基本法

    •                (5)食品ロス統計調査の実施ー学校給食法

 

  • A148

  • 正解(1)

    (2)母子保健法に規定。(3)介護保険法に規定。地域包括ケアシステムにおけるさまざまな事業を示す。(4)健康増進法に規定。(5)統計法に基づく一般統計調査として実施。食育基本法の食育推進基本計画の基礎資料。

    • Q149

    • 栄養士法に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。


    •      (1)管理栄養士名簿は、厚生労働省に備えられる。

    •                (2)栄養教諭の免許取得に関する規定がある。

    •                (3)管理栄養士による食品の表示に関する監視の規定がある。

    •                (4)栄養の指導について、栄養士の名称独占の規定がある。

    •                (5)特定給食施設への管理栄養士配置の基準を定めている。

 

  • A149

  • 正解(1)かつ(4)

    (2)教育職員免許法に規定。(3)ない。(5)健康増進法(第21条)に規定。

    • Q150

    • 国民健康・栄養調査に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)実施時期は、毎年異なる。

    •                (2)調査員は、厚生労働大臣が任命する。

    •                (3)朝食の欠食は、問診により把握する。

    •                (4)栄養素等摂取量は、調理による変化を考慮している。

    •                (5)栄養摂取状況調査は、個人の習慣的な摂取量を把握する。

 

  • A150

  • 正解(4)

    (1)毎年10~11月中の同時期に実施。(2)都道府県知事が任命。(3)栄養摂取状況調査により把握。(5)把握できない。日曜日・祝祭日を除く任意の1日なので。

    • Q151

    • 健康日本21(第二次)の栄養・食生活に関する目標項目である。誤っているのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)適正体重を維持している者の増加

    •                (2)主食・主菜・副菜を組み合わせた食事が1日2回以上の日がほぼ毎日の者の割合
                              の増加

    •                (3)野菜と果物の摂取量の増加

    •                (4)共食の増加

    •                (5)中学校における学校給食実施率の増加

 

  • A151

  • 正解(5)

    健康日本21(第二次)の目標項目に学校給食の実施率の増加はない。

    • Q152

    • 国際的な公衆栄養活動とその組織の組合せである。正しいのはどれか。2つ選べ。


    •      (1)難民キャンプに対する食糧支援ー国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)

    •                (2)農業生産性の向上ー国連児童基金(UNICEF)

    •                (3)NCDの予防と管理に関するグローバル戦略の策定ー世界保健機関(WHO)

    •                (4)子どもの成長モニタリングの推進ー国連世界食糧計画(WFP)

    •                (5)国際栄養会議(Internationa Conference on Nutrition)の主催
                              ー国際栄養士連盟(ICDA)

 

  • A152

  • 正解(1)かつ(3)

    (2)国連食糧農業機関(FAO)。(4)国連児童基金(UNICEF)。(5)国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)が共同主催。国際栄養士連盟(ICDA)は国際栄養士会議を開催。

    • Q153

    • 集団を対象とした食事調査実施時の誤差に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)摂取量の平均値の精度は、調査人数の影響を受ける。

    •                (2)日間変動の程度は、高齢者が若年者より大きい。

    •                (3)季節変動は、偶然誤差に含まれる。

    •                (4)過小申告は、偶然誤差に含まれる。

    •                (5)過小申告の程度は、BMIが大きい者ほど小さい。

 

  • A153

  • 正解(1)

    (2)小さい。(3)偶然誤差ではない。季節差による誤差。(4)測定誤差。エネルギー摂取量の過少申告は留意が必要。(5)大きい。肥満度影響を受けやすい。

    • Q154

    • 食事調査法に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)秤量記録法は、対象者の負担が小さい。

    •                (2)秤量記録法は、1日で個人の習慣的な摂取量が把握できる。

    •                (3)24時間思い出し法は、面接方法の標準化が必要である。

    •                (4)陰膳法は、対象者の記憶に依存する。

    •                (5)食物摂取頻度調査法は、他の食事調査法の精度を評価する際の基準となる。

 

  • A154

  • 正解(3)

    (1)大きい。(2)長期間調査を行わないと把握できない。(4)記憶や食品成分表精度に依存しない。(5)ゴールドスタンダードとなる。

    • Q155

    • 日本人の食事摂取基準(2015年版)に基づいた集団の食事改善計画に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)エネルギーの摂取不足を防ぐために、エネルギー摂取量の平均値が
                              推定エネルギー必要量(EER)を超えるよう改善する。

    •                (2)エネルギーの過剰摂取を防ぐために、BMIの平均値が目標とするBMIの範囲に
                              留まるよう改善する。

    •                (3)栄養素の摂取不足を防ぐために、推奨量(RDA)を下回って摂取している者の
                              割合をできるだけ少なくするよう改善する 。

    •                (4)栄養素の過剰摂取を防ぐために、全員の摂取量が耐容上限量(UL)未満に
                              なるよう改善する 。

    •                (5)生活習慣病の予防のために、摂取量の平均値が目標量(DG)の範囲内に入るよう
                              改善する 。

 

  • A155

  • 正解(4)

    (1)(2)エネルギー摂取不足・過剰摂取を防ぐ為、BMIが目標とする範囲内に留まる人の割合を増やすことを目的として計画立案。(3)推定平均必要量を下回って摂取している者の割合を少なくするように改善。(5)目標量の範囲内に入る者・近づく者の割合を増やすことを目的とした計画立案。

    • Q156

    • 保健統計に関する調査とそこから得られる情報の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)患者調査ー患者の健康意識

    •                (2)乳幼児栄養調査ー幼児の朝食習慣

    •                (3)家計調査ー世帯ごとの食品群別摂取量

    •                (4)国民生活基礎調査ー1日の身体活動量

    •                (5)学校保健統計調査ー児童・生徒の生活習慣

 

  • A156

  • 正解(2)

    (1)推計患者数・受療率等を把握。(3)収入・支出の実態を把握。食品群別摂取量は国民健康・栄養調査。(4)保健・医療・福祉・年金・所得等基礎的資料を得る調査。1日の身体活動量は国民健康・栄養調査。(5)児童の発育・健康状態を把握。

      • Q157

      • A市では住民を対象とした健康診査を実施した結果、メタボリックシンドロームの者が増加していることがわかった。A市が、最初に取り組むべき目標である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。


      •      (1)ウエスト周囲長の基準値を超える者の割合を減らす。

      •                (2)適切な質と量の食事を習慣的に摂取している者の割合を増やす。

      •                (3)自己実現を図れる者の割合を増やす。

      •                (4)栄養バランスの良い食事を知っている者の割合を増やす。


 

  • A157

  • 正解(4)

    (1)不適切。長期的な目標なので。(2)不適切。中期的な目標なので。(3)不適切。中期的な目標なので。

      • Q158

      • 地域における行政栄養士による健康づくり及び栄養・食生活の改善の基本指針に基づいて、市町村(保健所設置市及び特別区を除く)の行政栄養士が取り組む具体的な内容である。誤っているのはどれか。1つ選べ。


      •      (1)低出生体重児減少に対する取組

      •                (2)高齢者の低栄養状況の把握

      •                (3)食育推進ネットワークの構築

      •                (4)健康危機管理への対応

      •                (5)特定給食施設における栄養管理状況の把握


 

  • A158

  • 正解(5)

    保健所の業務。

      • Q159

      • A市保健センターで企画する、男性の肥満者を対象とした生活習慣病予防教室のプロセス評価の指標である。正しいのはどれか。1つ選べ。


      •      (1)糖尿病の有病率

      •                (2)肥満者(BMI25kg/m2以上)の割合

      •                (3)野菜の摂取量

      •                (4)教室への参加率

      •                (5)身体活動量


 

  • A159

  • 正解(4)

    (1)(2)(3)(5)はアウトカム(結果)評価の指標。

        • Q160

        • A市において、食育推進計画を第二次から第三次へと改定するために、行政が最初に取り組むべきものである。最も適切なのはどれか。1つ選べ。


        •      (1)第三次食育推進計画の策定

        •                (2)各組織における食育実施計画の作成

        •                (3)第二次食育推進計画の評価

        •                (4)生産者と市民の食育フェスティバルの開催



 

  • A160

  • 正解(3)

    (1)まずは第二次食育推進計画を評価。(2)全体での計画の策定が必要。(4)第三次食育推進計画が作成された後。

国試過去問集

CONTACT

首都圏・関東地区・東海地区・関西地区・九州地区で栄養士・管理栄養士の仕事・転職・求人・派遣・紹介・募集情報ならダイエッティシャンジョブにおまかせください。

illust
illust
illust

PAGETOP

本社

横浜本社
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル
TEL : 045-451-3191
FAX : 045-451-3291

アクセス

営業所一覧

東京営業所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-17-11 ルート西池袋ビル6F(602)
TEL:03-6912-7954
FAX:03-6912-7964

アクセス

大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-6-29 第三ユヤマビル3F
TEL:06-6889-1018
FAX:06-6889-1012

アクセス

名古屋営業所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2丁目18番14号
LANDSQUARE MARUNOUCHI 8F
TEL:052-684-6712
FAX:052-684-6713

アクセス

福岡営業所
〒810-0041
福岡市中央区大名1-9-27 第一西部ビル
TEL:092-753-8871
FAX:092-753-8872

アクセス