MENU

栄養士・管理栄養士の求人情報サイト Dietitian job

第30回管理栄養士国家試験問題111~120

問題をクリックすると解答が開きます。

    • Q111

    • ロコモティブシンドローム予防を目的として行う、骨粗鬆症検診受診者を対象とした栄養教育プログラムの評価と、評価の種類の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)検診結果から学習者を決定した方法が適切だったかを確認したー経過評価

    •                (2)プログラムの参加率が低かったため、途中から開始時刻を変更したー結果評価

    •                (3)学習者が記録した毎日の歩数で、行動の実行を確認したー影響評価

    •                (4)学習者の日常生活動作の改善を確認したー形成的評価

    •                (5)学習者が書いた感想で、講義内容の理解度を確認したー企画評価

 

  • A111

  • 正解(3)

    • Q112

    • メタボリックシンドローム改善を目的とした栄養教育の経済評価に関する記述である。[ ]に入る正しいものの組合せはどれか。1つ選べ。

    •               栄養教育の総費用は、240,000円、学習者は60人であった。学習者のうち、教育の

    •               結果目標である、「体重を5%以上減少」を達成できた者は50%であった。結果目標

    •      達成者1人当たりを効果の単位とした場合の[a]は、[b]円であったと計算できる。

    •           a   b

    •      (1)費用効果ー8,000

    •                (2)費用効果ー4,000

    •                (3)費用便益ー120,000

    •                (4)費用効用ー8,000

    •                (5)費用効用-4,000

 

  • A112

  • 正解(1)

    • Q113

    • 夏期に始業時刻を1時間早める職場において、朝食を食べる人を増加させるプログラムを計画している。プリシード・プロシードモデルに基づいて行うアセスメントの項目と、その内容の組合せである。正しいのはどれか。2つ選べ。


    •      (1)行動と生活習慣ー職場における朝の軽食サービスの有無

    •                (2)準備要因ー始業時刻が早まると朝食を食べにくいと考えている社員の割合

    •                (3)強化要因ー早朝でも朝食を入手できる職場近くの店舗の数

    •                (4)実現要因ーこのプログラムに携わるスタッフの数

    •                (5)教育戦略-朝食摂取と健康の関連を理解している社員の割合

 

  • A113

  • 正解(2)かつ(4)

    • Q114

    • ソーシャルマーケティングの考え方を、大学生を対象とした栄養教育に応用した。マーケティング・ミックスの4Pのプロダクト(Product)を、「学生食堂で野菜メニューを主体的に選択する」とした場合の取組である。誤っているのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)対象集団の細分化のため、学生の野菜摂取行動の変容に対する準備性を調査

    •                        した。

    •                (2)野菜摂取行動の変容の準備性別に、フォーカス・グループ・インタビューを

    •                         実施した。

    •                (3)プレイス(Place)として、学生食堂の受託企業と大学および学生代表からなる

    •                         協議の場を設けた。

    •                (4)プライス(Price)として、学生食堂で野菜メニューの割引を行った。

    •                (5)プロモーション(Promotion)として、学園祭で、人気野菜メニューの試食

    •                         イベントを開催した。

 

  • A114

  • 正解(3)

    • Q115

    • 患者の栄養管理に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)栄養管理により、疾患の治癒が促進される。

    •                (2)栄養管理により、入院期間の短縮が期待される。

    •                (3)クリニカルパスには、栄養指導を含めない。

    •                (4)栄養サポートチームは、患者のQOLを優先する。

    •                (5)インフォームドコンセントが必要である。

 

  • A115

  • 正解(3)

    • Q116

    • 寝たきりの患者の身長を推定するための計測項目である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)頭囲

    •                (2)上腕周囲長

    •                (3)ウエスト周囲長

    •                (4)下腿周囲長

    •                (5)膝下高

 

  • A116

  • 正解(5)

    • Q117

    • 経腸栄養補給法が禁忌となる患者である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)口腔がん術後

    •                (2)食道がんによる通過障害

    •                (3)胃食道逆流症

    •                (4)下部消化管完全閉塞

    •                (5)脳卒中後の意識障害

 

  • A117

  • 正解(4)

    • Q118

    • 静脈栄養補給法に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)末梢静脈栄養では、1日に2,000kcalの輸液を行うことができる。

    •                (2)末梢静脈栄養では、血漿浸透圧の5倍濃度の溶液を投与できる。

    •                (3)末梢静脈栄養では、アミノ酸濃度30%の溶液を投与できる。

    •                (4)中心静脈栄養の基本輸液剤には、セレンが含まれる。

    •                (5)中心静脈栄養では、ビタミンB1の投与が必要である。

 

  • A118

  • 正解(5)

    • Q119

    • 長期絶食患者への栄養補給開始後のモニタリングに関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)リフィーディング(refeeding)症候群の評価には、血清リン値を用いる。

    •                (2)エネルギー投与量の評価には、体重の変化を用いる。

    •                (3)たんぱく質投与量の評価には、窒素出納を用いる。

    •                (4)糖質投与量の評価には、血清クレアチニン値を用いる。

    •                (5)水分投与量の評価には、水分出納を用いる。

 

  • A119

  • 正解(4)

    • Q120

    • 食品が医薬品に及ぼす影響に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)クロレラは、ワルファリンの効果を減弱する。

    •                (2)納豆は、HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の効果を増強する。

    •                (3)グレープフルーツは、カルシウム拮抗薬の効果を減弱する。

    •                (4)牛乳は、ビスホスホネート薬の効果を増強する。

    •                (5)セント・ジョーンズ・ワートは、スルホニル尿素(SU)薬の効果を増強する。

 

  • A120

  • 正解(1)

国試過去問集

CONTACT

首都圏・関東地区・東海地区・関西地区・九州地区で栄養士・管理栄養士の仕事・転職・求人・派遣・紹介・募集情報ならダイエッティシャンジョブにおまかせください。

illust
illust
illust

PAGETOP

本社

横浜本社
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル
TEL : 045-451-3191
FAX : 045-451-3291

アクセス

営業所一覧

東京営業所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-17-11 ルート西池袋ビル6F(602)
TEL:03-6912-7954
FAX:03-6912-7964

アクセス

大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-6-29 第三ユヤマビル3F
TEL:06-6889-1018
FAX:06-6889-1012

アクセス

名古屋営業所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2丁目18番14号
LANDSQUARE MARUNOUCHI 8F
TEL:052-684-6712
FAX:052-684-6713

アクセス

福岡営業所
〒810-0041
福岡市中央区大名1-9-27 第一西部ビル
TEL:092-753-8871
FAX:092-753-8872

アクセス