MENU

栄養士・管理栄養士の求人情報サイト Dietitian job

第30回管理栄養士国家試験問題190~200

問題をクリックすると解答が開きます。

    • Q190

    • 次の文を読み「190」、「191」に答えよ。

    • K介護老人福祉施設に勤務する管理栄養士である。認知症高齢者における栄養改善を図るために、食事支援を行っている。利用者は、85歳、女性。5年前に認知症を発症し、施設入所した。6か月間で体重が2.5kg減少している。座位保持は可能であり、上肢に麻痺や拘縮はない。食事は普通食を自力摂取しているが、摂取率は約50%である。食事中に、ぼんやりしていることが多い。身長142㎝、体重35kg、BMI17.4kg/m2

    •  

    • 本症例の食事中の行動について、認知症症例への食事支援という観点から、優先的に観察すべき行動である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)自ら食べ始めることができない。

    •                (2)食べこぼしが多い。

    •                (3)食事が終わったばかりなのに、また食べたがる。

    •                (4)食事について不満を言う。

 

  • A190

  • 正解(1)

    • Q191

    • 栄養状態を改善するために優先すべき支援内容である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)食事形態を、きざみ食に変更する。

    •                (2)空腹の訴えがある度に、補食を提供する。

    •                (3)食事中の声掛けを行う。

    •                (4)選択メニューにする。

 

  • A191

  • 正解(3)

            • Q192

            • 次の文を読み「192」、「193」に答えよ。

            • K保育所に勤務する管理栄養士である。給食施設の衛生責任者である。9月15日13時頃、複数の入所児童が次々に腹痛を訴え、下痢の症状も出てきた。発熱はみられない。直ちに職員が保健所と体調不良児の保護者に連絡するとともに、管理栄養士は保健所の立入検査に備え、必要な書類の用意を開始した。検食を担当した職員の発症状況から、前日の昼食とおやつ、当日の昼食に、原因食品を絞り込み、摂取状況及び発症状況を調査した(表)。

  • 食中毒の原因として、考えられる微生物である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。


  •      (1)ウェルシュ菌

  •                (2)腸炎ビブリオ菌

  •                (3)カンピロバクター

  •                (4)病原性大腸菌

 

  • A192

  • 正解(3)

    • Q193

    • 被害の拡大を防止する観点から、最初に行うべき対応である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)保存検食を確認する。

    •                (2)給食業務を停止する。

    •                (3)症状のある調理従事者の検便を行う。

    •                (4)調理室の清掃・消毒を行う。

 

  • A193

  • 正解(2)

    • Q194

    • 次の文を読み「194」、「195」に答えよ。

    • K社員食堂の運営を受託する給食会社に勤務する管理栄養士である。経営状態の改善を目的に、この施設の経営管理を任されることになった。経営状態を把握し、収益性を予測するために損益分岐点分析を行った。この施設のA期からB期への売上高、固定費、変動費の変化を表に示す。

    • 損益分岐点分析から導き出されるアセスメント結果は、変動費率[a]、損益分岐点売上高[b]、収益性[c]であった。[ ]に入る正しいものの組合せはどれか。1つ選べ。

    •           a       b       c

    •      (1)上昇ー上昇ー上昇

    •                (2)不変ー低下ー低下

    •                (3)不変ー上昇ー低下

    •                (4)低下ー上昇ー低下

    •                (5)低下ー低下ー上昇

 

  • A194

  • 正解(3)

    • Q195

    • 経営状態の改善を図るために考えた方策である。損益分岐点分析の結果に基づくものとして、最も適切なのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)食材料費の見直し

    •                (2)消耗品の節約

    •                (3)正社員の配置の見直し

    •                (4)パートタイマーの配置数の見直し

 

  • A195

  • 正解(3)

    • Q196

    • 次の文を読み「196」、「197」に答えよ。

    • K病院に勤務する管理栄養士である。糖尿病と初めて診断された患者を対象に希望者を募って、月1回の糖尿病教室を開催している。教室の食事改善効果を学会で発表しようと考えている。なお、研究倫理委員会の承認を得ている。

    •  

    • 同じ月に糖尿病と診断されたが、教室に参加しなかった患者を対照群とすることにした。教室に参加した患者と同じ性・年齢の患者を抽出し、1か月後のHbA1c、BMI、食事内容の変化を比較した。この研究デザインに該当するものとして、正しいのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)前後比較試験

    •                (2)無作為化比較試験

    •                (3)非無作為化比較試験

    •                (4)症例対照研究

    •                (5)症例研究(ケーススタディ)

 

  • A196

  • 正解(3)

    • Q197

    • 食事内容の変化から教室の効果を検討し、学会で発表した。結果にバイアスをもたらす事項として強調すべき、研究の限界である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)教室効果の検討として、1か月間の観察期間は短い。

    •                (2)行動変容の準備性が、2群で異なった可能性がある。

    •                (3)月1回の集団教育では、介入の強度が不十分である。

    •                (4)1つの病院のデータであるため、一般化できない。

 

  • A197

  • 正解(2)

    • Q198

    • 次の文を読み「198」、「199」、「200」に答えよ。

    • K市保健センターに勤める管理栄養士である。K市の健康推進プランの策定を担当することになった。K市は勤労世代において、国民健康保険加入者の割合が他の自治体と比較して高い。

    •  

    • 次の表は、昨年のK市と県全体の40歳から65歳までの三大主要死因と各々の死亡者数である。K市、県全体のこの年代の人口は、それぞれ5万人と20万人であり、人口構成はほぼ同じである。各死因の死亡率比を求めたところ、悪性新生物[a]、心疾患[b]、脳血管疾患[c]であった。[ ]に入る正しいものの組合せはどれか。1つ選べ。ただし、基準を1(県全体)とし、小数点第2位を四捨五入すること。

    •                          a      b      c

    •      (1)0.2ー0.4ー0.4

    •                (2)0.8ー1.5ー1.6

    •                (3)1.0ー0.4ー0.3

    •                (4)1.3ー0.7ー0.6

    •                (5)2.0ー1.5ー1.2

 

  • A198

  • 正解(2)

    • Q199

    • K市の健康推進プランの候補としてあがった目標である。K市の主要死因のデータから、重点的にとりあげる目標である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)がんによる死亡率の低下

    •                (2)がんと心疾患による死亡率の低下

    •                (3)がんと脳血管疾患による死亡率の低下

    •                (4)心疾患と脳血管疾患による死亡率の低下

 

  • A199

  • 正解(4)

    • Q200

    • K市住民の特性を考えた、健康推進プランでの重点的な取組である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。


    •      (1)学校と連携して、健康づくりの標語を募集する。

    •                (2)ボランティアの協力を得て、栄養教室を開催する。

    •                (3)企業と連携して、休日に健康イベントを開催する。

    •                (4)保険者と連携して、特定健康診査を受診しやすい時間に変更する。

 

  • A200

  • 正解(4)

国試過去問集

CONTACT

首都圏・関東地区・東海地区・関西地区・九州地区で栄養士・管理栄養士の仕事・転職・求人・派遣・紹介・募集情報ならダイエッティシャンジョブにおまかせください。

illust
illust
illust

PAGETOP

本社

横浜本社
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル
TEL : 045-451-3191
FAX : 045-451-3291

アクセス

営業所一覧

東京営業所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-17-11 ルート西池袋ビル6F(602)
TEL:03-6912-7954
FAX:03-6912-7964

アクセス

大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-6-29 第三ユヤマビル3F
TEL:06-6889-1018
FAX:06-6889-1012

アクセス

名古屋営業所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2丁目18番14号
LANDSQUARE MARUNOUCHI 8F
TEL:052-684-6712
FAX:052-684-6713

アクセス

福岡営業所
〒810-0041
福岡市中央区大名1-9-27 第一西部ビル
TEL:092-753-8871
FAX:092-753-8872

アクセス