MENU

栄養士・管理栄養士の求人情報サイト Dietitian job

第30回管理栄養士国家試験問題~応用力問題~

問題をクリックすると解答が開きます。

    • Q181

  • 次の文を読み「181」、「182」に答えよ。
    • K病院に勤務する管理栄養士である。NSTラウンドで、肝硬変による腹水と脳症の治療のために1週間前に入院した患者のベッドサイドにいる。患者は、70歳、男性。7年前にC型肝炎と診断され、治療していたが、昨年より肝硬変の状態であると告げられた。これまでに何度も入退院を繰り返している。身長165㎝、体重62kg、標準体重60kg、血圧142/92mmHg。空腹時血液検査値は、総たんぱく質5.9g/dL、アルブミン2.6g/dL、血糖125mg/dL、AST61IU/L、ALT45IU/L、γGT68IU/L、総ビリルビン3.1mg/dL、アンモニア237μg/dL(基準値40~80)。

    •  

    • この患者の栄養管理に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。


  1. エネルギーの摂取量は、1,600kcal/日にする。
  2. たんぱく質の摂取量は、95g/日にする。
  3. 脂肪エネルギー比率は、20%Eにする。
  4. ナトリウムの摂取量は、食塩相当量で6g/日未満にする。
  5. 分枝アミノ酸を多く含む経腸栄養剤を用いる。

 

A181 正解(2)
  • (2)たんぱく質の摂取量は30~42g/日(低たんぱく食の場合0.5~0.7g/kg標準体重/日)。

    • Q182

  • NST医師より、肝機能低下が著しいため、LES(late evening snack)療法を開始する指示があった。就寝前に摂取する食品として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. ゆで卵1個(約60g)
  2. プロセスチーズ2個(約40g)
  3. おにぎり小2個(約120g)
  4. ホットミルク1杯(約200mL)

 

A182 正解(3)
  • 肝硬変非代償期は食後の肝グリコーゲン貯蔵量が十分でなく、それを補う為に就寝前に摂る夜食をLESという。夕食から200kcalを分食としてLESに充てる。(1)91kcal、(2)136kcal、(3)202kcal、(4)134kcal、したがって最も適切なのは(3)。

    • Q183

  • 次の文を読み「183」、「184」、「185」に答えよ。
    • K介護老人福祉施設に勤務する管理栄養士である。利用者への食事支援を行っている。利用者は、75歳、女性。70歳時に脳梗塞を発症し、N病院に入院した。退院後、自宅でごろごろしていることが多くなり、歩行が不自由になったため、2か月前に入所した。現在、食事は自立しており、普通食を食べている。最近、水を飲む際にむせるようになり、微熱が続いている。


    • この利用者の食事形態を考えるうえで、優先されるアセスメント項目である。最も適切なのはどれはか。1つ選べ。


  1. 体重
  2. 嗜好
  3. 嚥下機能
  4. 食事摂取量

 

A183 正解(3)
  • 水を飲む際にむせるのは水が気管や気管支内に入る為おこる。水の他にも食べ物や飲み物を誤嚥している可能性がある。微熱が続くのは誤嚥性肺炎をおこしてる為と考えられるので(3)の嚥下機能をチェックすることが最優先。

    • Q184

  • この利用者に提供すべき食事の形態である。正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 液状でさらさらしている
  2. まとまりやすい
  3. べたつかない
  4. つるっと滑りやすい
  5. 細かく刻まれている

 

A184 解(2)かつ(3)
  • 嚥下は①噛み砕く(咀嚼)・②まとめる(食塊形成)・③飲み下す(嚥下)の3ステップからなる。それぞれのステップが充分に連動していることが必要。(1)さらさらした液状のものは③嚥下のステップで誤嚥につながる。(4)つるっと滑りやすいものは③嚥下のステップで誤嚥につながる。(5)細かく刻まれたものは②食塊形成のステップで誤嚥につながる。

    • Q185

  • この利用者の副食として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 銀杏入り茶碗蒸し
  2. 豆腐とわかめの味噌汁
  3. ところてんの酢醤油かけ
  4. 卵豆腐の銀あん

 

A185 正解(4)
  • 184問題の解説を参照。(1)銀杏が①咀嚼のステップに問題あり、(2)わかめが②食塊形成のステップに問題あり、(3)ところてんは③嚥下のステップに問題ある。(4)の「卵豆腐の銀あん」は柔らか・とろみがあり固形物がないので嚥下しやすい。特別用途食品の「えん下困難者用食品」は硬さ・付着性・凝集性の項目に許可基準が設けられている。

    • Q186

  • 次の文を読み「186」、「187」に答えよ。
    • K小学校に勤務する管理栄養士である。養護教諭と学級担任から、Aさんの肥満改善について相談があった。Aさんは、10歳4か月、男児。身長149㎝、体重58.0kg、肥満度39.5%。入学時からの身長、体重測定データを、成長曲線上に整理した(図)。

    • 成長曲線に基づくアセスメント結果である。正しいのはどれか。1つ選べ。
  1. 身長の増加に見合った体重増加がみられる。
  2. 入学時点から、肥満であった。
  3. 入学以降、肥満の程度が徐々に進行している。
  4. この1年間で、中等度肥満に達した。
  5. この1年間に、発育スパートを迎えた。

 

A186 正解(4)
  • 順調に成長しているかを判断する為の目安に成長曲線がある。(1)(2)(3)(5)から、小学生入学時~9歳半位までは身長も体重も97パーセンタイル近くにあり大柄であるが順調な成長だった。9歳半位から体重の曲線が上向きになりパーセンタイルの基準線を横切っていることから肥満が始まったと確認。

    • Q187

  • 養護教諭の依頼により、Aさんの母親と面接することとなった。初回面接でまず行うべきことである。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 小児科専門施設を受診するように勧める。
  2. 家庭での主食の量を半分にするように指導する。
  3. 運動量を増やすように指導する。
  4. 最近1年間の生活状況の変化を聞き出す。

 

A187 正解(4)
  • 初回の面談は、この1年間で肥満の状況が確認されることの背景を聞き出すことが優先。(1)肥満指導のガイドラインは高度肥満(肥満度50%以上)の場合に小児科専門施設の受診を勧めることが示されている。(2)(3)具体的な食事・運動の指導は現状を把握した後にすべきこと。

    • Q188

  • 次の文を読み「188」、「189」に答えよ。
    • K中学校に勤務する管理栄養士である。養護教諭から、陸上部の長距離競技をしているAさんについて相談を受けた。Aさんは、14歳、男子。身長170㎝、体重56kg。日常生活において、動悸、息切れを自覚するようになり、運動後に尿の色が褐色になることがあったという。医療機関を受診し、血液検査値は以下の通りであった。赤血球数300×104/mm3、ヘモグロビン9.6g/dL、MCV86fL(基準値79~100)、MCH32pg(基準値26~34)、尿素窒素12mg/dL、クレアチニン0.9mg/dL。

    •       

    • この男子中学生に認められる病態である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。


  1. 鉄欠乏
  2. 血球破壊
  3. 腎機能障害
  4. 循環血漿量の減少

 

A188 正解(2)
  • 血液検査値から考えられることは、赤血球数が非常に低い。又ヘモグロビン値が低い貧血であることが想定。貧血の種類は、MCVは鉄欠乏性貧血である場合は基準値以下となり基準値範囲であれば溶血性貧血が疑われる。MCHからも正色素性である。腎機能・循環血漿量については、尿素窒素・クレアチニンの値も基準値の範囲。以上のことと長距離競技者であることから(2)の血球破壊が最も適切。

    • Q189

  • この男子中学生への対応方針である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 本人にビタミン・ミネラルのサプリメントを紹介
  2. 本人に補食の摂り方を指導
  3. 保護者にレバーを使用した献立を紹介
  4. 陸上部のコーチに練習量を減らすように進言

 

A189 正解(4)
  • 練習量の過剰から起こるスポーツ貧血と考えられるので、コーチに練習量を減らすことが適切であることを進言。

    • Q190

  • 次の文を読み「190」、「191」に答えよ。
    • K介護老人福祉施設に勤務する管理栄養士である。認知症高齢者における栄養改善を図るために、食事支援を行っている。利用者は、85歳、女性。5年前に認知症を発症し、施設入所した。6か月間で体重が2.5kg減少している。座位保持は可能であり、上肢に麻痺や拘縮はない。食事は普通食を自力摂取しているが、摂取率は約50%である。食事中に、ぼんやりしていることが多い。身長142㎝、体重35kg、BMI17.4kg/m2

    •  

    • 本症例の食事中の行動について、認知症症例への食事支援という観点から、優先的に観察すべき行動である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。


  1. 自ら食べ始めることができない。
  2. 食べこぼしが多い。
  3. 食事が終わったばかりなのに、また食べたがる。
  4. 食事について不満を言う。

 

A190 正解(1)
  • 食物摂取において何を食べたいかを忘れたと言うように一部を忘れるのは正常な範囲。食べたことそのものを忘れてしまったというように出来事そのものを忘れるのは認知症。本認知症では食事そのものに無関心の状態である。優先的に観察するべき行動は(1)。(2)(3)(4)については食事に関心がある状態での行動。

    • Q191

  • 栄養状態を改善するために優先すべき支援内容である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 食事形態を、きざみ食に変更する。
  2. 空腹の訴えがある度に、補食を提供する。
  3. 食事中の声掛けを行う。
  4. 選択メニューにする。

 

A191 正解(3)
  • 出来事(食事)を忘れてしまっている状態なので食事をさせる事への刺激を与える(食事中に声掛けする)ことが優先すべき支援。(1)(2)(4)については食事に関心を示した対象者へ個々の状態に対応した支援。

            • Q192

          • 次の文を読み「192」、「193」に答えよ。
            • K保育所に勤務する管理栄養士である。給食施設の衛生責任者である。9月15日13時頃、複数の入所児童が次々に腹痛を訴え、下痢の症状も出てきた。発熱はみられない。直ちに職員が保健所と体調不良児の保護者に連絡するとともに、管理栄養士は保健所の立入検査に備え、必要な書類の用意を開始した。検食を担当した職員の発症状況から、前日の昼食とおやつ、当日の昼食に、原因食品を絞り込み、摂取状況及び発症状況を調査した(表)。

  • 食中毒の原因として、考えられる微生物である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。


  1. ウェルシュ菌
  2. 腸炎ビブリオ菌
  3. カンピロバクター
  4. 病原性大腸菌

 

A192 正解(3)
  • 摂取状況と発症状況から潜伏期間約24時間であり食中毒の原因料理として鶏肉ときのこのピカタが疑われる。(1)ウェルシュ菌食中毒の症状とも似通っているが、摂食から発症まで約24時間とウェルシュ菌食中毒の潜伏期間に比べ長くなっているので可能性は低い。(2)潜伏期間12時間前後・激しい腹痛・下痢・嘔吐・発熱(38℃前後)が特徴である腸炎ビブリオ食中毒とは異なる。(4)潜伏期間7~10日と長い病原性大腸菌食中毒の特徴とは異なるので可能性は低い。

    • Q193

  • 被害の拡大を防止する観点から、最初に行うべき対応である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 保存検食を確認する。
  2. 給食業務を停止する。
  3. 症状のある調理従事者の検便を行う。
  4. 調理室の清掃・消毒を行う。

 

A193 正解(2)
  • (1)保存食の確認は食中毒事故発生時の対応として、事故原因を究明する為に必要なことであるが、拡大防止に直接役立つ事はない。(3)症状のある調理従者の検便を行うことは事故原因を究明するためにも必要なことである。又二次感染拡大防止にも必要な事ではあるが、最初に行う対応ではない。(4)調理室の清掃・消毒は原因が明らかになってから取り組むべき事。

    • Q194

  • 次の文を読み「194」、「195」に答えよ。
    • K社員食堂の運営を受託する給食会社に勤務する管理栄養士である。経営状態の改善を目的に、この施設の経営管理を任されることになった。経営状態を把握し、収益性を予測するために損益分岐点分析を行った。この施設のA期からB期への売上高、固定費、変動費の変化を表に示す。

    • 損益分岐点分析から導き出されるアセスメント結果は、変動費率[a]、損益分岐点売上高[b]、収益性[c]であった。[ ]に入る正しいものの組合せはどれか。1つ選べ。

    •      a       b       c

  1. 上昇ー上昇ー上昇
  2. 不変ー低下ー低下
  3. 不変ー上昇ー低下
  4. 低下ー上昇ー低下
  5. 低下ー低下ー上昇

 

A194 正解(3)
  • 変動費率=変動費/売上高、損益分岐点売上高=固定費/(1-変動費率)。A期の変動費率0.5、損益分岐点売上高190万円、B期の変動費率0.5、損益分岐点売上高210万円。変動費率(a)はA期B期ともに0.5で不変、損益分岐点売上高(b)はA期190万円からB期210万円で上昇、収益性(c)は損益分岐点売上高が高くなったので低下。

    • Q195

  • 経営状態の改善を図るために考えた方策である。損益分岐点分析の結果に基づくものとして、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 食材料費の見直し
  2. 消耗品の節約
  3. 正社員の配置の見直し
  4. パートタイマーの配置数の見直し

 

A195 正解(3)
  • 経営状態の改善には、損益分岐点の低下が効果的である。損益分岐点を低下させる為には費用の低減が効果的である。(1)食材費は代表的な変動費である。見直しにより食材料の質を維持し低減が図れれば収益性が上昇する。食材料の質の低下によるものであれば望ましい対応ではなく、経営状態の改善につながらない。(2)消耗品費は変動費である。変動費の低減が図れば収益性が上昇する。消耗品の占める割合はわずかで、すでに節約が進んでいれば効果的な費用の節減につながるとはいえない。(4)パートタイマーの労務費は変動費である。パートタイマーの人数を削減することができれば変動費の低減と収益性向上が図れる。固定費である正社員削減に比べて効果は小さくなる。

    • Q196

  • 次の文を読み「196」、「197」に答えよ。
    • K病院に勤務する管理栄養士である。糖尿病と初めて診断された患者を対象に希望者を募って、月1回の糖尿病教室を開催している。教室の食事改善効果を学会で発表しようと考えている。なお、研究倫理委員会の承認を得ている。

    •  

    • 同じ月に糖尿病と診断されたが、教室に参加しなかった患者を対照群とすることにした。教室に参加した患者と同じ性・年齢の患者を抽出し、1か月後のHbA1c、BMI、食事内容の変化を比較した。この研究デザインに該当するものとして、正しいのはどれか。1つ選べ。


  1. 前後比較試験
  2. 無作為化比較試験
  3. 非無作為化比較試験
  4. 症例対照研究
  5. 症例研究(ケーススタディ)

 

A196 正解(3)
  • (1)前後比較試験は、対照群を設けず、対象者の教育前後を比較して、効果を推測する方法。(2)無作為化比較試験は、教育参加群と対照群を無作為に分けて比較する方法。今回は教室参加希望者と参加しなかった患者で分けているので、群分けに作為があることになるので非無作為化比較試験である。(4)症例対照研究は、対象とする疾病に「罹患している人」と「そうでない人」のこれまでの生活を比較して、その罹患の要因を分析する方法。過去に遡って調べるので、後ろ向き研究、ケースコントロール研究ともいう。(5)症例研究(ケーススタディ)は、1つ又は複数の事例を取り上げて推論が当てはまっているか、傾向が確認できるかを確かめる方法。教育前の調査は行わず、教育後の調査のみ行う為制度は低い。

    • Q197

  • 食事内容の変化から教室の効果を検討し、学会で発表した。結果にバイアスをもたらす事項として強調すべき、研究の限界である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 教室効果の検討として、1か月間の観察期間は短い。
  2. 行動変容の準備性が、2群で異なった可能性がある。
  3. 月1回の集団教育では、介入の強度が不十分である。
  4. 1つの病院のデータであるため、一般化できない。

 

A197 正解(2)
  • (1)バイアスは調査の過程で真実から離れた結果(評価)が生じること。1ヶ月間の変化が1ヶ月間の教育の評価で、評価にバイアスを生じさせるものではない。(3)「月1回の集団教育では、介入の強度が不十分である。」が1つの評価。頻度も評価の1つであり、バイアスを生じさせるものではない。(4)評価を一般化できるかどうかはバイアスではなく外的妥当性。

    • Q198

  • 次の文を読み「198」、「199」、「200」に答えよ。
    • K市保健センターに勤める管理栄養士である。K市の健康推進プランの策定を担当することになった。K市は勤労世代において、国民健康保険加入者の割合が他の自治体と比較して高い。

    •  

    • 次の表は、昨年のK市と県全体の40歳から65歳までの三大主要死因と各々の死亡者数である。K市、県全体のこの年代の人口は、それぞれ5万人と20万人であり、人口構成はほぼ同じである。各死因の死亡率比を求めたところ、悪性新生物[a]、心疾患[b]、脳血管疾患[c]であった。[ ]に入る正しいものの組合せはどれか。1つ選べ。ただし、基準を1(県全体)とし、小数点第2位を四捨五入すること。

    •            a      b      c

  1. 0.2ー0.4ー0.4
  2. 0.8ー1.5ー1.6
  3. 1.0ー0.4ー0.3
  4. 1.3ー0.7ー0.6
  5. 2.0ー1.5ー1.2

 

A198 正解(2)
  • 死亡率は件数/人口×1000で表される。悪性新生物の死亡率はK市で200/5万×1000=4、県全体で1000/20万×1000=5、心疾患はK市で150/5万×1000=3、県全体で400/20万×1000=2、脳血管疾患はK市で120/5万×1000=2.4、県全体で300/20万×1000=1.5。K市と県全体の死亡率比は、悪性新生物でa:4/5=0.8、心疾患でb:3/2=1.5、脳血管疾患でc:2.4/1.5=1.6となる。

    • Q199

  • K市の健康推進プランの候補としてあがった目標である。K市の主要死因のデータから、重点的にとりあげる目標である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. がんによる死亡率の低下
  2. がんと心疾患による死亡率の低下
  3. がんと脳血管疾患による死亡率の低下
  4. 心疾患と脳血管疾患による死亡率の低下

 

A199 正解(4)
  • K市と県全体で死亡率比をみると、悪性新生物は0.8で1以下である。心疾患および脳血管疾患はそれぞれ1.5および1.6であり、いずれも1より大きい。県全体のなかではK市は心疾患と脳血管疾患の死亡率が高いということになるので、心疾患と脳血管疾患の死亡率の低下が望まれる。

    • Q200

  • K市住民の特性を考えた、健康推進プランでの重点的な取組である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 学校と連携して、健康づくりの標語を募集する。
  2. ボランティアの協力を得て、栄養教室を開催する。
  3. 企業と連携して、休日に健康イベントを開催する。
  4. 保険者と連携して、特定健康診査を受診しやすい時間に変更する。

 

A200 正解(4)
  • (1)(2)(3)は、住民の健康推進の教育・啓蒙の為には必要な事かもしれないが、直接的な取組とするプランではない。又、40~65歳が対象のプランなので、(1)生徒や学生(学校)、(2)ボランティア、(3)生産年齢層(企業)に対しては間接的。国民健康保険加入者(自営業者や農林業者など)が多い事を考慮して、健康診断を受けやすいようにして早期発見・早期治療を行うことの方がK市においては重要。

国試過去問集

CONTACT

首都圏・関東地区・東海地区・関西地区・九州地区で栄養士・管理栄養士の仕事・転職・求人・派遣・紹介・募集情報ならダイエッティシャンジョブにおまかせください。

illust
illust
illust

PAGETOP

本社

横浜本社
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル
TEL : 045-451-3191
FAX : 045-451-3291

アクセス

営業所一覧

東京営業所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-17-11 ルート西池袋ビル6F(602)
TEL:03-6912-7954
FAX:03-6912-7964

アクセス

大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-6-29 第三ユヤマビル3F
TEL:06-6889-1018
FAX:06-6889-1012

アクセス

名古屋営業所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2丁目18番14号
LANDSQUARE MARUNOUCHI 8F
TEL:052-684-6712
FAX:052-684-6713

アクセス