MENU

栄養士・管理栄養士の求人情報サイト Dietitian job

第31回管理栄養士国家試験問題~基礎栄養学~

問題をクリックすると解答が開きます。

Q70
栄養学の歴史に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. リービッヒ(Liebig)は、窒素定量法を確立した。
  2. マッカラム(McCollum)は、エネルギー換算係数を提唱した。
  3. フンク(Funk)は、ビタミンKを発見した。
  4. クレブス(Krebs)は、膵臓にリパーゼが存在することを発見した。
  5. 鈴木梅太郎は、抗脚気因子を発見した。
A70 正解(5)
  • (1)窒素定量法ではなく、たんぱく質は窒素を含有、その量が栄養価に関与することを提唱。(2)エネルギー換算係数ではなく、ミネラルの必要性を確立。(3)米ぬかの抗脚気因子をビタミンと命名。(4)膵臓にリパーゼではなく、TCAサイクル・尿素回路を発見。

  • Q71

食欲と日内リズムに関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

  1. 食中枢は、視床下部にある。
  2. レプチンは、脂肪細胞から分泌される。
  3. セロトニンは、食欲を促進する。
  4. コルチゾールの日内リズムは、摂食サイクルに影響される。
  5. 消化酵素の活性には、日内リズムがある。
A71 正解(3)
  • (3)促進ではなく食欲を抑制。(視床下部にあり満腹中枢に働く)。

  • Q72

摂取した食物の消化管内における消化とその調節に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. トリプシンは、活性型の酵素たんぱく質として分泌される。
  2. 膵液中のアミラーゼは、でんぷんを消化してオリゴ糖を生成する。
  3. セクレチンは、ペプシンの分泌を促進する。
  4. コレシストキニンは、膵臓からのHCO3-の分泌を促進する。
  5. ガストリンは、胆嚢からの胆汁の分泌を促進する。
A72 正解(2)
  • (1)不活性型トリプシノーゲンとして分泌、微絨毛に存在するエンテロキナーゼにより活性化しトリプシンになる。(3)膵臓からのHCO3-の分泌を促進。(4)胆のうを収縮し胆汁分泌を促進。(5)胃液分泌を促進。

  • Q73

栄養素の吸収に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. フルクトースは、SGLT1により小腸上皮細胞内に取り込まれる。
  2. ペプチドは、Na+を利用して小腸上皮細胞内に取り込まれる。
  3. 長鎖脂肪酸は、能動輸送により小腸上皮細胞内に取り込まれる。
  4. ビオチンの吸収は、卵白の摂取により促進される。
  5. 鉄の吸収は、体内の貯蔵鉄量に影響される。
A73 正解(5)
  • (1)SGLT1ではなくGLUT5で促進拡散により小腸上皮細胞内に取込まれる。SGLT1により取込まれるのはグルコース。(2)ジペプチドではなくアミノ酸。(3)能動輸送ではなく胆汁酸塩・混合ミセルを形成し小腸上皮細胞内に取込まれる。(4)促進ではなく阻害。ビオチンは食品中ではたんぱく質と結合し存在。消化管内で遊離したかたちで吸収。生卵白を過食すると生卵白・アビジン・ビオチンが強く結合される為。

  • Q74

栄養素の消化吸収率に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. 消化吸収率は、摂取量に対する吸収量の割合である。
  2. 見かけの消化吸収率は、内因性の排泄量を考慮している。
  3. 老化でんぷんの消化吸収率は、糊化でんぷんより高い。
  4. カルシウムの消化吸収率は、摂取量に比例する。
  5. β-カロテンは、脂質とともに摂取すると、消化吸収率が低下する。
A74 正解(1)
  • (2)考慮しない。考慮するものは真の消化吸収率。(3)老化でんぷん=β-でんぷんの為、消化吸収は糊化でんぷん=α-でんぷんより低い。(4)摂取量が増加すると低下する。(5)低下ではなく増加。

  • Q75

たんぱく質・アミノ酸の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. トランスフェリンの半減期は、レチノール結合たんぱく質より短い。
  2. たんぱく質の平均半減期は、筋肉より肝臓で長い。
  3. アミノ酸の筋肉への取り込みは、インスリンにより抑制される。
  4. バリンは、ケト原性アミノ酸である。
  5. ロイシンは、脂質とともに摂取すると、筋たんぱく質の合成を促進する。
A75 正解(5)
  • (1)長い。トランスフェリンは7~8日、レチノール結合たんぱく質は12~18時間。(2)肝臓より筋肉の方が長い。(3)抑制ではなく促進。(4)糖原性アミノ酸。ケト原性アミノ酸はロイシン・リジン。

  • Q76

たんぱく質の量と質の評価に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. コルチゾールの分泌が増加すると、窒素出納は正になる。
  2. 不可欠アミノ酸は、11種類である。
  3. 分枝アミノ酸は、不可欠アミノ酸である。
  4. アミノ酸価は、食品中の可欠アミノ酸のバランスで決定される。
  5. たんぱく質の生物価は、摂取窒素量に対する体内保留窒素量の割合を示す。
A76 正解(3)
  • (1)窒素出納はアミノ酸が糖新生に利用される為負になる。(2)9種類。スレオニン・メチオニン・バリン・イソロイシン・ロイシン・トリプトファン・フェニルアラニン・ヒスチジン・リジン。(4)可欠アミノ酸ではなく不可欠アミノ酸。(5)摂取窒素量ではなく吸収窒素量。摂取窒素量と体内保留窒素量の割合は正味たんぱく質利用率。

  • Q77

たんぱく質の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. 摂取たんぱく質は、脂質に変換されない。
  2. たんぱく質の摂取量が多いと、ビタミン6の必要量が減少する。
  3. たんぱく質の摂取量が多いと、尿中カルシウム排泄量が増加する。
  4. たんぱく質の摂取量が不足すると、血清トランスサイレチン値は上昇する。
  5. エネルギー摂取量が不足すると、たんぱく質の利用効率が高まる。
A77 正解(3)
  • (1)変換される。(2)減少ではなく増加。(4)上昇ではなく低下。(5)高まるのではなく低下する。

  • Q78

炭水化物の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. コリ回路では、アラニンからグルコースが産生される。
  2. 空腹時には、糖原性アミノ酸からグルコースが産生される。
  3. 組織へのグルコース取り込みは、コルチゾールによって促進される。
  4. 健常者では、食後2時間で、血糖値が最大となる。
  5. 血糖値が低下すると、脂肪組織のトリアシルグリセロールの分解は抑制される。
A78 正解(2)
  • (1)アラニンではなく乳酸。アラニンから産生はアラニン・グルコース回路。(3)コルチゾールではなくインスリン。コルチゾールにより糖新生が促進、肝臓からグルコースが血中に放出。(4)最大ではなく正常値に戻る。(5)抑制ではなく促進。

Q79
脂質の臓器間輸送に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. カイロミクロンは、肝臓で合成されたトリアシルグリセロールを輸送する。
  2. VLDLのコレステロール含有率は、LDLより大きい。
  3. LDLのコレステロールの末梢細胞への取り込みは、レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)が関与する。
  4. 末梢細胞のコレステロールのHDLへの取り込みは、リポタンパク質リパーゼ(LPL)が関与する。
  5. 脂肪組織から血中に放出された脂肪酸は、アルブミンと結合して輸送される。
A79 正解(5)
  • (1)小腸で吸収されたトリアシルグリセロールを輸送。肝臓で合成されたトリアシルグリセロールの輸送はVLDL。(2)LDLのが大きい。トリアシルグリセロール含有率はLDLより大きい。(3)レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼではなくLDLレセプター。LCATは末梢細胞のコレステロールのHDLへの取込に関与。(4)脂肪組織へのトリアシルグリセロールの取込に関与がLPL。

  • Q80

ビタミンの欠乏状態における身体状態の変化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. ビタミンDの欠乏では、骨塩量が減少する。
  2. ビタミンKの欠乏では、血液凝固の時間が短縮する。
  3. ビタミンB1の欠乏では、乳酸の血中濃度が低下する。
  4. ビタミンB12の欠乏では、DNAの合成が促進される。
  5. 葉酸の欠乏では、ホモシステインの血中濃度が低下する。
A80 正解(1)
  • (2)短縮ではなく遅延。(3)低下ではなくピルビン酸や乳酸の血中濃度が上昇、臨床的に脚気やウェルニッケ・コルサコフ症候群等の神経障害が起こる。(4)促進ではなく抑制。(5)低下ではなく上昇。

  • Q81

ビタミンに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. 脂溶性ビタミンの吸収に、胆汁酸は関与しない。
  2. 脂溶性ビタミンには、腸内細菌が合成するものがある。
  3. 食品中β-カロテンのビタミンAとしての生体利用率は、レチノールの1/6でる。
  4. ビタミンB2は、体内の飽和量を超えると、尿中への排泄量が低下する。
  5. ビタミンB12の吸収に必要な内因子は、十二指腸上皮細胞から分泌される。
A81 正解(2)
  • (1)胆汁酸により消化吸収が促進。(3)1/6ではなく1/12。(4)低下ではなく増加。(5)十二指腸上皮細胞からではなく胃低部壁細胞。

  • Q82

ミネラルの栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. マグネシウムの99%は、骨に存在する。
  2. クロムは、インスリン作用を増強する。
  3. メンケス病は、先天的な銅の過剰症である。
  4. カルシトニンは、骨吸収を促進する。
  5. 運動は、骨形成を抑制する。
A82 正解(2)
  • (1)約60%。カルシウムは99%骨に存在。(3)過剰症ではなく欠乏症。過剰症はウイルソン病。(4)血中カルシウムを骨に移行する働きはあるが、吸収を促進するホルモンは副甲状腺ホルモン。(5)抑制ではなく促進。

  • Q83

エネルギー代謝の測定に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. 直接法では、酸素消費量からエネルギー消費量を評価する。
  2. 二重標識水法では、酸素と水素の安定同位元素の減少速度よりエネルギー消費量を求める。
  3. 基礎代謝量は、睡眠状態で測定する。
  4. 脂肪の燃焼では、酸素消費量と二酸化炭素産生量のモル数は等しい。
  5. 二酸化炭素産生量は、安静時より運動時に減少する。
A83 正解(2)
  • (1)酸素消費量からではなく産生した熱量から。(3)早朝空腹時に快適な温度条件下で静かに仰臥・覚醒している状態で測定。(4)モル数は1より小さい。(5)減少ではなく増加。

国試過去問集

CONTACT

首都圏・関東地区・東海地区・関西地区・九州地区で栄養士・管理栄養士の仕事・転職・求人・派遣・紹介・募集情報ならダイエッティシャンジョブにおまかせください。

illust
illust
illust

PAGETOP

本社

横浜本社
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル
TEL : 045-451-3191
FAX : 045-451-3291

アクセス

営業所一覧

東京営業所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-17-11 ルート西池袋ビル6F(602)
TEL:03-6912-7954
FAX:03-6912-7964

アクセス

大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-6-29 第三ユヤマビル3F
TEL:06-6889-1018
FAX:06-6889-1012

アクセス

名古屋営業所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2丁目18番14号
LANDSQUARE MARUNOUCHI 8F
TEL:052-684-6712
FAX:052-684-6713

アクセス