MENU

栄養士・管理栄養士の求人情報サイト Dietitian job

第33回管理栄養士国家試験問題~人体の構造と機能および疾病の成り立ち~

問題をクリックすると解答が開きます。

Q18
  • ヒトの細胞の分裂と分化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 受精卵は、多能性を有する細胞である。
  2. 胚性幹(ES)細胞は、分化した細胞である。
  3. 細胞の染色体数は、減数分裂により46本になる。
  4. 体細胞分裂は、細胞周期の間期に起こる。
  5. 体細胞のテロメアは、細胞分裂に伴って伸長する。
  • A18 正解(1)
  • (2)未分化。分化全能性細胞。(3)23本。(4)間期ではなく有糸分裂期。(5)伸長ではなく短くなる。

Q19
  • たんぱく質、糖質および脂質に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. βシートは、アミノ酸側鎖間の結合により形成される。
  2. たんぱく質の4次構造は、複数のサブユニットで形成される。
  3. フルクトースは、ラクトースの構成要素である。
  4. ヒアルロン酸は、長鎖脂肪酸である。
  5. 人体を構成する不飽和脂肪酸の大部分は、トランス型である。
  • A19 正解(2)
  • (1)ペプチド鎖館の水素結合により形成される。(3)スクロースの構成要素。(4)直鎖状のムコ多糖の一種。(5)シス型。

Q20
  • 核酸の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. RNA鎖は、2重らせん構造をとる。
  2. DNA鎖中でアデニンに対応する相補的塩基は、シトシンである。
  3. ヌクレオチドは、六炭糖を含む。
  4. DNAからmRNA(伝令RNA)が合成される過程を、翻訳と呼ぶ。
  5. 尿酸は、プリン体の代謝産物である。
  • A20 正解(5)
  • (1)1本鎖構造。(2)チミン。(3)五炭糖を含む。(4)転写と呼ぶ。

Q21
  • 生体エネルギーと代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 褐色脂肪細胞には、脱共役たんぱく質(UCP)が存在する。
  2. 電子伝達系は、ミトコンドリアの外膜にある。
  3. 嫌気的解糖では、1分子のグルコースから3分子のATPを生じる。
  4. AMPは、高エネルギーリン酸化合物である。
  5. 脂肪酸は、コリ回路によりグルコースとなる。
  • A21 正解(1)
  • (2)内膜にある。(3)2分子のATPを生じる。(4)リン酸結合ではあるが高エネルギーリン酸結合ではない。(5)脂肪酸ではなく乳酸。

Q22
  • 代謝と酵素反応に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. グルコースは、代謝されると尿素になる。
  2. 脂肪酸は、代謝されるとアンモニアになる。
  3. 酵素反応の速度は、至適pHで最大となる。
  4. トリプシンの至適pHは、酸性領域にある。
  5. ペプシンの至適pHは、アルカリ性領域にある。
  • A22 正解(3)
  • (1)尿素ではなく二酸化炭素と水になる。(2)アンモニアではなく二酸化炭素と水になる。(4)アルカリ性領域にある。(5)酸性領域にある。

Q23
  • 糖質・脂質代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. クエン酸回路では、糖新生が行われる。
  2. グルカゴンは、肝臓のグリコーゲン分解を促進する。
  3. 赤血球は、脂肪酸をエネルギー源として利用する。
  4. HMG-CoA還元酵素は、脂肪酸合成における律速酵素である。
  5. コレステロールエステル転送タンパク質(CETP)は、コレステロールをエステル化する。
  • A23 正解(2)
  • (1)脱炭酸・還元力の生成、基質レベルのリン酸化が行われる。(3)グルコースをエネルギー源として利用。(4)コレステロール合成における律速酵素である。(5)HDLのコレステロールエステルをVLDLやLDLに転送しHDL・LDLの量や質を調整。

Q24
  • 生体の情報伝達に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 脂溶性ホルモンの受容体は、細胞膜にある。
  2. セカンドメッセンジャーは、細胞間の情報伝達に働く。
  3. 副交感神経終末の伝達物質は、アセチルコリンである。
  4. シナプスにおける情報伝達は、双方向である。
  5. 神経活動電位の伝導速度は、無髄繊維が有髄繊維より速い。
  • A24 正解(3)
  • (1)細胞内にある。(2)細胞内の情報伝達に働く。(4)一方向性である。(5)遅い。

Q25
  • 個体の恒常性に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 過呼吸では、呼吸性アシドーシスがみられる。
  2. アルドステロンの過剰分泌により、代謝性アルカローシスが起きる。
  3. メラトニンは、夜間に分泌が減少する。
  4. 不感蒸泄では、電解質の喪失がみられる。
  5. 食物摂取後は、生体における熱産生が抑制される。
  • A25 正解(2)
  • (1)呼吸性アルカローシスがみられる。(3)増加する。(4)みられない。(5)亢進する。

Q26
  • 加齢・疾患に伴う変化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 褐色脂肪細胞は、加齢とともに増加する。
  2. リポフスチンの細胞内への沈着は、加齢とともに減少する。
  3. 良性腫瘍は、悪性腫瘍と比べて細胞の分化度が低い。
  4. 血管透過性は、炎症の急性期に亢進する。
  5. 肉芽組織は、炎症の急性期に形成される。
  • A26 正解(4)
  • (1)減少する。(2)増加する。(3)高い。(5)慢性期に形成される。

Q27
  • 臨床検査に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 基準値は、健常者の測定値の75%が含まれる範囲である。
  2. 心電図のP波は、心室の興奮を反映している。
  3. 便潜血反応は、大腸がんのスクリーニングとして用いられる。
  4. ALTの上昇は、心臓疾患に特異的である。
  5. CT(コンピュータ断層撮影)は、磁気を利用する検査である。
  • A27 正解(3)
  • (1)95%が含まれる範囲である。(2)心房の興奮を反映。(4)肝疾患に特異的。(5)X線を用いる検査。

Q28
  • 治療の種類とその例の組合せである。誤っているのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 対症療法ー発熱の患者に対する解熱鎮痛薬の投与
  2. 原因療法ーC型慢性肝炎に対する抗ウイルス療法
  3. 化学療法ー子宮頸がんに対する放射線照射
  4. 理学療法ー脳梗塞後の麻痺に対するリハビリテーション
  5. 緩和療法ーがん患者に対する精神的ケア
  • A28 正解(3)
  • (3)化学療法ではなく放射線療法。

Q29
  • 栄養・代謝に関わるホルモン・サイトカインに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. グレリンは、食前に比べて食後に分泌が増加する。
  2. レプチンは、エネルギー代謝を抑制する。
  3. アディポネクチンは、インスリン抵抗性を増大させる。
  4. TNF-α(腫瘍壊死因子α)は、インスリン抵抗性を軽減する。
  5. インクレチンは、インスリン分泌を亢進させる。
  • A29 正解(5)
  • (1)食前に分泌が増加、食欲を増進するホルモン。(2)抑制ではなく、促進し肥満を抑制するホルモン。(3)軽減する善玉ホルモン。(4)増大させる悪玉サイトカイン。

Q30
  • 胆汁と膵液に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 胆汁は、胆嚢で産生される。
  2. 胆汁は、リパーゼを含む。
  3. 胆汁は、脂肪を乳化する。
  4. 膵液は、膵島(ランゲルハンス島)から分泌される。
  5. 膵液は、酸性である。
  • A30 正解(3)
  • (1)肝臓でつくられ胆嚢運ばれる。(2)含まない。胆汁酸・コレステロールを含む。(4)膵臓の外分泌腺から分泌。(5)アルカリ性。

Q31
  • 循環器疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 心房細動は、脳出血のリスク因子である。
  2. 心室細動は、致死性不整脈である。
  3. 心筋梗塞による胸痛には、ニトログリセリンが有効である。
  4. 仮面高血圧では、家庭血圧は正常である。
  5. 右心不全では、肺うっ血をきたす。
  • A31 正解(2)
  • (1)脳出血ではなく、血栓・塞栓症のリスク因子。(3)ニトログリセリンではなく、心臓マッサージ・自動体外式除細動器処置・再灌流療法等が有効。(4)家庭血圧は高血圧で診療室血圧が正常状態をいう。(5)肺うっ血ではなく、全身の静脈のうっ血で怒張・肝腫大・浮腫・胸水・腹水を生じる。

Q32
  • 脳血管障害に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. ラクナ梗塞は、脳動脈瘤がリスク因子である。
  2. 一過性脳虚血発作(TIA)は、脳出血の前駆症状である。
  3. 脳出血は、頭部CTで低吸収領域として示される。
  4. くも膜下出血は、症状に激烈な頭痛がある。
  5. 脳塞栓は、症状発現が緩徐である。
  • A32 正解(4)
  • (1)高血圧がリスク。(2)脳梗塞の前駆症状。(3)高吸収領域。(5)急激である。

Q33
  • 腎臓の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 原尿は、尿細管で生成される。
  2. 糸球体に流入する血液は、静脈血である。
  3. アルドステロンは、カリウムの再吸収を促進する。
  4. バソプレシンは、水の再吸収を促進する。
  5. 糸球体濾過量は、腎血流量の約90%である。
  • A33 正解(4)
  • (1)腎小体で生成。(2)動脈血。(3)カリウムは抑制、ナトリウムの再吸収を促進。(5)10%程度。

Q34
  • 腎・尿路系疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 急激な腎血流量減少は、腎前性急性腎不全の原因になる。
  2. 糖尿病腎症の第4は、たんぱく尿の出現で判定される。
  3. 慢性腎不全では、低リン血症がみられる。
  4. 腎代替療法のうち最も多いのは、腎移植である。
  5. 無尿は、透析導入の必須項目である。
  • A34 正解(1)
  • (2)出現にかかわらず、GFR30mL/分/1.73m2未満で判定。(3)高リン血症がみられる。(4)血液透析。(5)必須項目ではない。

Q35
  • 内分泌疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 原発性アルドステロン症では、高カリウム血症がみられる。
  2. 甲状腺機能亢進症では、徐脈がみられる。
  3. ADH不適切分泌症候群(SIADH)では、高ナトリウム血症がみられる。
  4. 褐色細胞腫では、低血糖がみられる。
  5. クッシング症候群では、中心性肥満がみられる。
  • A35 正解(5)
  • (1)低カリウム血症がみられる。(2)頻脈がみられる。(3)低ナトリウム血症がみられる。(4)高血糖がみられる。

Q36
  • 神経疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 脚気では、末梢神経の障害がみられる。
  2. 葉酸欠乏症では、脊髄の変性がみられる。
  3. レビー小体型認知症の原因は、脳血管障害である。
  4. アルツハイマー型認知症では、パーキンソン病様症状がみられる。
  5. パーキンソン病では、錐体路の機能障害がみられる。
  • A36 正解(1)
  • (2)変性がみられるのはビタミンB12欠乏症。(3)レビー小体の脳内蓄積。(4)パーキンソン病様症状ではなく認知障害。(5)錐体外路の機能障害。

Q37
  • 肺炎に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. クリプトコッカスは、細菌性肺炎の原因となる。
  2. 肺炎球菌は、非定型肺炎の原因となる。
  3. 市中肺炎は、入院後48時間以降に発症した肺炎である。
  4. 院内肺炎は、日和見感染であることが多い。
  5. 誤嚥性肺炎は、肺の上葉に好発する。
  • A37 正解(4)
  • (1)細菌性肺炎ではなくクリプトコッカス症の原因。(2)細菌性肺炎の原因。(3)日常生活を送っている人に発症する肺炎。(5)肺の下葉に好発。

Q38
  • 骨に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 骨の主な無機質成分は、炭酸カルシウムである。
  2. 骨端軟骨は、骨端の関節面を覆う。
  3. 骨への力学的負荷は、骨量を増加させる。
  4. 骨芽細胞は、骨吸収を行う。
  5. ビスホスホネート薬は、骨吸収を促進する。
  • A38 正解(3)
  • (1)リン酸カルシウム。(2)骨幹と骨端に間に存在。(4)骨形成を行う。(5)抑制する。

Q39
  • 神経系の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 交感神経が興奮すると、消化管の運動は亢進する。
  2. 副交感神経が興奮すると、唾液の分泌は減少する。
  3. 摂食中枢は、延髄にある。
  4. 三叉神経は、味覚の伝達に関与する。
  5. 味蕾は、味覚の受容器である。
  • A39 正解(5)
  • (1)抑制される。(2)増加する。(3)視床下部にある。(4)顔面の知覚・咀嚼筋運動に関与する。

Q40
  • 生殖器の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 卵巣は、卵胞刺激ホルモンを分泌する。
  2. 子宮は、底部で膣と連続している。
  3. 子宮内膜の増殖は、エストロゲンで促進される。
  4. 前立腺は、内分泌腺である。
  5. 精子は、精嚢で作られる。
  • A40 正解(3)
  • (1)下垂体前葉から卵胞刺激ホルモンは分泌する。(2)子宮頚部で膣と連続している。(4)内分泌腺ではなく精液をつくる器官。(5)精巣の精細管で作られる。

Q41
  • 貧血に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


  1. ビタミンB6欠乏は、巨赤芽球性貧血をきたす。
  2. 銅の欠乏は、再生不良性貧血をきたす。
  3. 溶血性貧血では、ハプトグロビン高値となる。
  4. 腎性貧血では、エリスロポエチン高値となる。
  5. 鉄欠乏性貧血では、不飽和鉄結合能(UIBC)高値となる。
  • A41 正解(5)
  • (1)小球性低色素性貧血をきたす。(2)銅欠乏性貧血をきたす。(3)ハプトグロビン値は低下する。(4)エリスロポエチン分泌が低下し赤血球産生が減少。

Q42
  • 免疫グロブリンに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


  1. 1本のH鎖と1本のL鎖から構成される。
  2. 液性免疫を担当する。
  3. 血中に最も多く存在するのは、IgEである。
  4. 母乳中に最も多く存在するのは、IgMである。
  5. IgAは、胎盤を通過する。
  • A42 正解(2)
  • (1)2本のH鎖と2本のL鎖から構成。(3)IgG。(4)IgA。(5)通過するのはIgG。

Q43
  • 免疫・アレルギー疾患とその特徴的な症候の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。


  1. 急性糸球体腎炎ー低血圧
  2. 強皮症ー蝶形紅斑
  3. シェーグレン症候群ー唾液分泌低下
  4. バセドウ病ー体重増加
  5. 橋本病ー眼球突出
  • A43 正解(3)
  • (1)高血圧。(2)脱色素斑。(4)体重減少。(5)甲状腺腫大。

Q44
  • 感染症の感染経路に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。


  1. 結核は、空気感染である。
  2. コレラは、水系感染である。
  3. アニサキスは、いかの生食で感染する。
  4. 風疹は、胎児に垂直感染する。
  5. C型肝炎は、経口感染である。
  • A44 正解(5)
  • (5)血液感染。

国試過去問集

CONTACT

首都圏・関東地区・東海地区・関西地区・九州地区で栄養士・管理栄養士の仕事・転職・求人・派遣・紹介・募集情報ならダイエッティシャンジョブにおまかせください。

illust
illust
illust

PAGETOP

本社

横浜本社
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル
TEL : 045-451-3191
FAX : 045-451-3291

アクセス

営業所一覧

東京営業所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-17-11 ルート西池袋ビル6F(602)
TEL:03-6912-7954
FAX:03-6912-7964

アクセス

大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-6-29 第三ユヤマビル3F
TEL:06-6889-1018
FAX:06-6889-1012

アクセス

名古屋営業所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2丁目18番14号
LANDSQUARE MARUNOUCHI 8F
TEL:052-684-6712
FAX:052-684-6713

アクセス