MENU

栄養士・管理栄養士の求人情報サイト Dietitian job

第33回管理栄養士国家試験問題~応用栄養学~

問題をクリックすると解答が開きます。

Q84
  • 動的栄養アセスメントの指標である。正しいのはどれか。1つ選べ。


  1. BMI(kg/m2)
  2. 上腕三頭筋部皮下脂肪厚
  3. 血清トランスフェリン値
  4. クレアチニン身長係数
  5. 遅延型皮膚過敏反応
  • A84 正解(3)
  • (1)肥満度判定。(2)肥満度判定。(4)体の筋肉量から栄養状態を判定。(5)ツベルクリン反応・金属アレルギー反応の判定。

Q85
  • 日本人の食事摂取基準(2015年版)において、1歳以上で推奨量(RDA)が設定されている栄養素である。正しいのはどれか。1つ選べ。


  1. n-3系脂肪酸
  2. 炭水化物
  3. ビタミンD
  4. ビタミンB1
  5. カリウム
  • A85 正解(4)
  • (1)(2)(3)(5)は含まれない。設定されているのは、たんぱく質・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸・ビタミンC・カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・銅・ヨウ素・セレン・モリブデン。

Q86
  • 日本人の食事摂取基準(2015年版)における策定の基本的事項に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


  1. 摂取源には、サプリメントは含まれない。
  2. 参照体位は、望ましい体位を示している。
  3. BMI(kg/m2)は、18歳以上のエネルギー収支バランスの指標である。
  4. 高齢者の年齢区分は、65歳以上である。
  5. 目安量(AI)は、生活習慣病の予防を目的とした指標である。
  • A86 正解(3)
  • (1)含まれる。(2)日本人の平均的体位。(4)70歳以上。(5)一定の栄養状態を維持するのに十分な指標。

Q87
  • 日本人の食事摂取基準(2015年版)の小児に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


  1. 1歳児の基礎代謝基準値は、4歳児より低い。
  2. 身体活動レベル(PAL)は、2区分である。
  3. 炭水化物の目標量(DG)は、成人に比べ高い。
  4. 脂質の目標量(DG)は、男女で異なる。
  5. 鉄の推定平均必要量(EAR)は、要因加算法で算出した。
  • A87 正解(5)
  • (1)高い。(2)3区分。(3)成人と同じ。(4)男女共通。

Q88
  • 成長・発達・加齢に伴う変化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


  1. 体水分量に占める細胞外液の割合は、新生児期より成人期の方が大きい。
  2. 胸腺重量は、成人期に最大となる。
  3. 糸球体濾過量は、成人期より高齢期の方が大きい。
  4. 塩味の閾値は、成人期より高齢期の方が高い。
  5. 唾液分泌量は、成人期より高齢期の方が多い。
  • A88 正解(4)
  • (1)新生児期の方が大きい。(2)小児期に最大。成人期から衰退。(3)少ない。(5)少ない。

Q89
  • 妊娠期の身体的変化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


  1. 体重は、一定の割合で増加する。
  2. 基礎代謝量は、増加する。
  3. 循環血液量は、減少する。
  4. ヘモグロビン濃度は、上昇する。
  5. インスリン感受性は、高まる。
  • A89 正解(2)
  • (1)増加する割合は違う。(3)増加する。(4)低下する。(5)低下する。

Q90
  • 日本人の食事摂取基準(2015年版)において、授乳婦に付加量が設定されている栄養素である。誤っているのはどれか。1つ選べ。


  1. たんぱく質
  2. ビタミンA
  3. 葉酸
  4. カルシウム
  • A90 正解(4)
  • (4)設定されていない。設定されているのは、エネルギー・たんぱく質・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸・ビオチン・パントテン酸・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンD・鉄・亜鉛・銅・ヨウ素・セレン・カリウム・モリブデン。

Q91
  • 牛乳より母乳に多く含まれる成分である。正しいのはどれか。1つ選べ。


  1. たんぱく質
  2. 飽和脂肪酸
  3. 乳糖
  4. カルシウム
  5. リン
  • A91 正解(3)
  • (3)乳糖以外は牛乳のが多い。

Q92
  • 離乳の進め方に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


  1. 離乳の開始前に、果汁を与えることが必要である。
  2. 離乳の開始とは、なめらかにすりつぶした食物を初めて与えた時をいう。
  3. 離乳の開始後ほぼ1か月間は、離乳食を1日2回与える。
  4. 調味料は、離乳食の開始時から必要である。
  5. 母乳は、離乳の開始後与えないようにする。
  • A92 正解(2)
  • (1)準備は必要ではないので果汁も必要でない。(3)1日1回。(4)必要では無い。(5)飲みたいだけ与える。

Q93
  • 幼児期に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


  1. 1年間の体重増加量は、乳児期より大きい。
  2. 体脂肪率は、乳児期に比べて高くなる。
  3. カウプ指数による肥満判定基準は、男女で異なる。
  4. 貧血の主な原因は、鉄欠乏である。
  5. 間食は、総エネルギー摂取量の約30%とする。
  • A93 正解(4)
  • (1)小さい。(2)低くなる。(3)差がない。(5)10~20%。

Q94
  • 思春期の男子に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


  1. 性腺刺激ホルモンの分泌は、思春期前に比べ低下する。
  2. 年間身長増加量が最大となる時期は、女子より早い。
  3. 見かけのカルシウム吸収率は、成人男性より低い。
  4. 1日当たりのカルシウム体内蓄積量は、思春期前半に最大となる。
  5. 鉄欠乏性貧血は、思春期の女子より多い。
  • A94 正解(4)
  • (1)増加する。(2)遅い。(3)高い。(5)少ない。

Q95
  • サルコペニアに関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。


  1. 握力は、低下する。
  2. 歩行速度は、保たれる。
  3. 加齢が、原因となる。
  4. 食事の摂取量低下が、原因となる。
  5. ベッド上安静が、原因となる。
  • A95 正解(2)
  • (2)保たれない。サルコぺニアは、進行性で全身性の骨格筋量・骨格筋力の低下する老年症候群。

Q96
  • 成人期と比較して高齢期で低下する項目である。誤っているのはどれか。1つ選べ。


  1. 基礎代謝量
  2. 体重1kg当たりのたんぱく質必要量
  3. 嚥下機能
  4. 骨密度
  5. 肺活量
  • A96 正解(2)
  • (2)上記と消化機能等が低下するが、たんぱく質推定平均必要量は大きくなる。

Q97
  • 運動時の身体への影響に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


  1. 筋肉中の乳酸は、無酸素運動では減少する。
  2. 遊離脂肪酸は、瞬発的運動時の主なエネルギー基質となる。
  3. 瞬発的運動では、速筋線維より遅筋線維が利用される。
  4. 酸素摂取量は、運動強度を高めていくと増加し、その後一定となる。
  5. 消化管の血流量は、激しい運動で増加する。
  • A97 正解(4)
  • (1)増加する。(2)持久系運動時の主なエネルギー基質。(3)速筋線維のが利用される。(5)減少する。

Q98
  • ストレス応答の抵抗期に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


  1. エネルギー代謝は、低下する。
  2. 窒素出納は、負に傾く。
  3. 副腎皮質ホルモンの分泌は、減少する。
  4. ビタミンCの需要は、減少する。
  5. カルシウムの尿中排泄量は、減少する。
  • A98 正解(2)
  • (1)亢進する。(3)増加する。(4)増加する。(5)増加する。

Q99
  • 特殊環境と栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


  1. 外部環境の影響を受けやすいのは、表面温度より中心温度である。
  2. WBGT(湿球黒球温度)が上昇したときは、水分摂取を控える。
  3. 低温環境下では、皮膚の血流量が増加する。
  4. 高圧環境から急激に減圧すると、体内の溶存ガスが気泡化する
  5. 低圧環境下では、肺胞内酸素分圧が上昇する。
  • A99 正解(4)
  • (1)表面温度が先。(2)水分摂取をし熱中症を予防する。(3)減少する。(5)酸素が薄くなるので低下する。

国試過去問集

CONTACT

首都圏・関東地区・東海地区・関西地区・九州地区で栄養士・管理栄養士の仕事・転職・求人・派遣・紹介・募集情報ならダイエッティシャンジョブにおまかせください。

illust
illust
illust

PAGETOP

本社

横浜本社
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル
TEL : 045-451-3191
FAX : 045-451-3291

アクセス

営業所一覧

東京営業所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-17-11 ルート西池袋ビル6F(602)
TEL:03-6912-7954
FAX:03-6912-7964

アクセス

大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-6-29 第三ユヤマビル3F
TEL:06-6889-1018
FAX:06-6889-1012

アクセス

名古屋営業所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2丁目18番14号
LANDSQUARE MARUNOUCHI 8F
TEL:052-684-6712
FAX:052-684-6713

アクセス