MENU

栄養士・管理栄養士の求人情報サイト Dietitian job

第33回管理栄養士国家試験問題~公衆栄養学~

問題をクリックすると解答が開きます。

Q143
  • 地域における公衆栄養活動の進め方に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. PDCAサイクルに基づいた活動を推進する。
  2. 住民のニーズを把握するため、自治会を活用する。
  3. 活動を効果的に推進するため、関係機関と連携する。
  4. 住民の参加は、事業評価段階から行う。
  5. 行政栄養士は、コーディネータとして活動する。
  • A143 正解(4)
  • (4)事業の計画から行う。

Q144
  • 最近の国民健康・栄養調査結果からみた、成人の栄養素等および食品群別の摂取状況に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 鉄の摂取量は、50歳以上より49歳以下で多い。
  2. 食物繊維の摂取量は、50歳以上より49歳以下で多い。
  3. 脂肪エネルギー比率が30%E以上の者の割合は、女性より男性で高い。
  4. 果実類の摂取量は、男性より女性で多い。
  5. 乳類の摂取量は、女性より男性で多い。
  • A144 正解(4)
  • (1)少ない。(2)少ない。(3)低い。(5)低い。

Q145
  • 最近の国民健康・栄養調査結果からみた、成人の食塩摂取量に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 過去10年間では、減少している。
  2. 男性の摂取量は、10g未満である。
  3. 女性が男性より多い。
  4. 20~29歳が60~69歳より多い。
  5. 都道府県の上位群と下位群では、3gの差がある。
  • A145 正解(1)
  • (2)10g超えている。(3)少ない。(4)少ない。(5)男性2.8g/日・女性2.1g/日。

Q146
  • 食料問題に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 食料安全保障では、経済的事由による入手可能性は考慮しない。
  2. わが国の総合食料自給率(供給熱量ベース)は、50%前後で推移している。
  3. 食料自給力とは、輸入される食料も含めた潜在的供給能力をいう。
  4. 食品ロスは、賞味期限切れによって廃棄された食品を含む。
  5. フードマイレージは、食料の輸送量に作業従事者数を乗じて算出される。
  • A146 正解(4)
  • (1)考慮する必要がある。(2)39%。(3)輸入食料は含まない。(5)食料輸送距離に輸送重量を乗じた値。

Q147
  • 開発途上国における健康・栄養問題の現状に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 欠乏症が多く認められる栄養素に、ヨウ素がある。
  2. 栄養不足人口は、増加傾向である。
  3. 栄養不足人口が最も多いのは、アジア・太平洋地域である。
  4. 5歳未満児の死亡率は、減少傾向である。
  5. NCDは、増加傾向である。
  • A147 正解(2)
  • (2)減少傾向。

Q148
  • わが国の行政組織における公衆栄養活動業務に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 食品の安全性確保の推進は、内閣府が担っている。
  2. 食育推進基本計画の策定は、農林水産省が担っている。
  3. 特定保健用食品の表示許可業務は、厚生労働省が担っている。
  4. 飲食店によるヘルシーメニューの提供の促進は、都道府県が行っている。
  5. 疾病予防のための栄養指導は、市町村が行っている。
  • A148 正解(3)
  • (3)消費者庁。

Q149
  • 公衆栄養関連法規の内容と法規名の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 特定健康診査の実施ー医療法
  2. 食品表示基準の策定ーJAS法
  3. 食生活指針の策定ー学校給食法
  4. 低体重児の届出ー母子保健法
  5. 学校給食実施基準の策定ー健康増進法
  • A149 正解(4)
  • (1)高齢者の医療の確保に関する法律。(2)食品表示法。(3)関係法律に基づかない。文部省・厚生省・農林水産省が連携し策定。(5)学校給食法。

Q150
  • 栄養士法に規定された管理栄養士に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 健康の保持増進のための栄養の指導を行う。
  2. 免許は、内閣総理大臣が与える。
  3. 就業届出制度が規定されている。
  4. 特定給食施設への必置が規定されている。
  5. 専門管理栄養士に関する規定がある。
  • A150 正解(1)
  • (2)厚生労働大臣。(3)就業届出制度はない。(4)健康増進法に規定。(5)規定はない。

Q151
  • 国民健康・栄養調査に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 調査は、3年ごとに実施される。
  2. 国民健康・栄養調査員は、厚生労働大臣が任命する。
  3. 栄養摂取状況調査は、非連続の2日間実施する。
  4. 調査結果は、健康日本21(第二次)の評価に用いられる。
  5. 海外に居住する日本人も対象となる。
  • A151 正解(4)
  • (1)毎年11月。(2)都道府県知事。(3)日曜・祝日を除く任意の1日。(5)対象とならない。

Q152
  • 食生活指針(2016年一部改定)に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 生活の質(QOL)の向上を目的としている。
  2. 食品の組合せは、SV(サービング)を用いて示している。
  3. 「脂肪は質と量を考えて」としている。
  4. 「郷土の味の継承を」としている。
  5. 「食料資源を大切に」としている。
  • A152 正解(2)
  • (2)SVを用いるのは食事バランスガイド。

Q153
  • 健康増進法に定められている事項である。正しいのはどれか。2つ選べ。

  •  

  1. 市町村保健センターの設置。
  2. 市町村健康増進計画の策定。
  3. 市町村食育推進計画の策定。
  4. 特定保健指導の実施。
  5. 生活習慣病の発生状況の把握。
  • A153 正解(2)かつ(5)
  • (1)地域保健法。(3)食育基本法。(4)高齢者の医療の確保に関する法律。

Q154
  • 国際的な公衆栄養活動に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 持続可能な開発目標(SDGs)は、国際連合(UN)が発表している。
  2. 栄養表示ガイドラインは、国連世界食糧計画(WFP)が策定している。
  3. フードセキュリティの達成は、国連教育科学文化機関(UNESCO)の設立目的である。
  4. 自然災害被災地への緊急食料援助は、コーデックス委員会(CAC)が担っている。
  5. フードバランスシートの策定基準は、世界保健機関(WHO)が定めている。
  • A154 正解(1)
  • (2)コーデックス委員会(CAC)。(3)持続可能な開発目標(SDG)。(4)国連世界食糧計画(WFP)。(5)国連食糧農業機関(FAO)。

Q155
  • K市において、50歳代女性1,000人を対象とした個人の習慣的なカルシウム摂取量を把握するために、食事調査を行いたい。この調査法として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 食事記録法(秤量法)
  2. 24時間食事思い出し法
  3. 半定量式食物摂取頻度調査法
  4. 陰膳法
  • A155 正解(3)
  • (1)適切ではない。習慣的な食生活が把握できない。(2)適切ではない。習慣的な食生活が把握できない。(4)適切ではない。習慣的な食生活が把握できない。

Q156
  • 集団を対象とした食事調査によって得られた栄養素摂取量のデータ解析に及ぼす影響と、その解決法に関する記述である。[]に入る正しいものの組合せはどれか。1つ選べ。

  •  

  • 食事調査によって得られた栄養素摂取量について、[a]の影響を取り除く方法の一つとして、栄養素摂取量を[a]で除し、単位当たりの栄養素摂取量を算出する方法がある。この方法を[b]という。また、データの解析段階では、交絡因子の影響を取り除くため、一般的に[c]が行われている。

  •  

  1. a:総エネルギー摂取量ーb:栄養素密度法ーc:マッチング
  2. a:総エネルギー摂取量-b:栄養素密度法-c:層化
  3. a:総エネルギー摂取量-b:残差法-c:マッチング
  4. a:総たんぱく質摂取量-b:残差法-c:層化
  5. a:総たんぱく質摂取量-b:栄養素密度法-c:マッチング
  • A156 正解(2)
  • (2)(a)ほとんどが総エネルギー摂取量と正の相関。(b)方法に当てはまるのが栄養素密度法。(c)必要なものは層化。

Q157
  • 日本人の食事摂取基準(2015年版)を用いた集団における食事摂取量の評価とその方法の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. エネルギーの過剰摂取の評価ー推定エネルギー必要量(EER)を超えて摂取している人の割合
  2. エネルギーの摂取不足の評価ーBMIの平均値と目標とするBMIの範囲の下限値との差
  3. 栄養素の摂取不足の評価ー目安量(AI)を下回る人の割合
  4. 栄養素の過剰摂取の評価ー推奨量(RDA)を上回る人の割合
  5. 生活習慣病の予防を目的とした評価ー目標量(DG)の範囲を逸脱する人の割合
  • A157 正解(5)
  • (1)(2)過不足評価は、目標BMI範囲の外の者の割合。(3)推定平均必要量(EAR)を下回る者の割合。(4)耐容上限量(UL)を上回る者の割合。

Q158
  • 保健・栄養関連統計に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. 食料需給表は、衛生行政報告例から作成される。
  2. 食中毒の患者数は、食品安全委員会が取りまとめている。
  3. 乳幼児身体発育曲線は、国民健康・栄養調査から作成される。
  4. 学校給食実施率は、学校保健統計調査によって把握される。
  5. 介護が必要となった原因は、国民生活基礎調査によって把握される。
  • A158 正解(5)
  • (1)農林水産省が国連食糧農業機関(FAO)の手引きにそい作成。(2)食中毒統計とし厚生労働省が年に1度取りまとめる。(3)厚生労働省が乳幼児身体発育調査から作成。(4)文部科学省の学校給食実施状況等調査により把握。

Q159
  • 公衆栄養マネジメントに関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. マネジメントは、対象集団の特性に合わせて行う。
  2. 課題解決型アプローチでは、目的設定は専門家主導で行う。
  3. 計画策定時には、必要な社会資源を確認する。
  4. 評価は、マネジメントサイクルの各段階について行う。
  5. 目標で取り上げなかった項目は、評価の対象外である。
  • A159 正解(5)
  • (5)評価対象に含まれる。

Q160
  • 地域における生活習慣病に対するハイリスクアプローチである。正しいのはどれか。1つ選べ。

  •  

  1. スーパーマーケットにおける減塩キャンペーンの実施
  2. 広報紙による情報提供
  3. 市民公開講座の開催
  4. 特定保健指導における積極的支援
  5. 公共施設におけるポスターの掲示
  • A160 正解(4)
  • (1)(2)(3)(5)はポピュレーションアプローチ。

国試過去問集

CONTACT

首都圏・関東地区・東海地区・関西地区・九州地区で栄養士・管理栄養士の仕事・転職・求人・派遣・紹介・募集情報ならダイエッティシャンジョブにおまかせください。

illust
illust
illust

PAGETOP

本社

横浜本社
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル
TEL : 045-451-3191
FAX : 045-451-3291

アクセス

営業所一覧

東京営業所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-17-11 ルート西池袋ビル6F(602)
TEL:03-6912-7954
FAX:03-6912-7964

アクセス

大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-6-29 第三ユヤマビル3F
TEL:06-6889-1018
FAX:06-6889-1012

アクセス

名古屋営業所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2丁目18番14号
LANDSQUARE MARUNOUCHI 8F
TEL:052-684-6712
FAX:052-684-6713

アクセス