MENU

栄養士・管理栄養士の求人情報サイト Dietitian job

第35回管理栄養士国家試験問題~人体の構造と機能及び疾病の成り立ち~

問題をクリックすると解答が開きます。

Q17
  • ヒトの細胞の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 細胞膜には、コレステロールが含まれる。
  2. 核では、遺伝情報の翻訳が行われる。
  3. プロテアソームでは、たんぱく質の合成が行われる。
  4. リボソームでは、グリコーゲンの合成が行われる。
  5. ゴルジ体では、酸化的リン酸化が行われる。
  • A17 正解(1)
    • (2)核では、遺伝情報の転写が行われる。

    • (3)プロテアソームでは、たんぱく質の分解が行われる。

    • (4)リボソームでは、たんぱく質の合成が行われる。

    • (5)ミトコンドリアでは、酸化的リン酸化が行われる。

Q18
  • アミノ酸とたんぱく質に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. ロイシンは、芳香族アミノ酸である。
  2. c─アミノ酪酸(GABA)は、神経伝達物質として働く。
  3. a ヘリックスは、たんぱく質の一次構造である。
  4. たんぱく質の二次構造は、ジスルフィド結合により形成される。
  5. たんぱく質の四次構造は、 1 本のポリペプチド鎖により形成される。
  • A18 正解(2)
  • (1)ロイシンは、分岐鎖アミノ酸である。

  • (3)αヘリックスは、たんぱく質の二次構造である。

  • (4)たんぱく質の三次構造は、ジスルフィド結合により形成される。

  • (5)たんぱく質の四次構造は、複数のポリペプチド鎖により形成される。

Q19
  • ホスファチジルコリン(レシチン)に関する記述である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 単純脂質である。
  2. ミトコンドリアで合成される。
  3. 胆汁に含まれる。
  4. 骨基質の主要な有機成分である。
  5. トリプシンで分解される。
  • A19 正解(3)
  • (1)複合脂質である。

  • (2)滑面小胞体で合成される。

  • (4)細胞膜の主要な有機成分である。

  • (5)ホスホリパーゼで分解される。

Q20
  • 酵素に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. アポ酵素は、単独で酵素活性をもつ。
  2. 酵素たんぱく質のリン酸化は、酵素活性を調節する。
  3. 律速酵素は、他の酵素の活性を調節する酵素である。
  4. リパーゼは、脂肪酸を分解する。
  5. プロテインホスファターゼは、グリコーゲンを分解する。
  • A20 正解(2)
  • (1)ホロ酵素は、単独で酵素活性をもつ。

  • (3)律速酵素は、代謝系の速度を決める酵素である。

  • (4)リパーゼは、中性脂肪を分解する。

  • (5)グリコーゲンホスホリラーゼは、グリコーゲンを分解する。

Q21
  •  アミノ酸・糖質・脂質の代謝に関する記述である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. ドーパミンは、グルタミン酸から生成される。
  2. バリンは、糖原性アミノ酸である。
  3. ヒスタミンは、チロシンの脱炭酸反応によって生成される。
  4. ペントースリン酸回路は、NADH を生成する。
  5. コレステロールは、生体のエネルギー源になる。
  • A21 正解(2
  • (1)ドーパミンは、チロシンから生成される。

  • (3)ヒスタミンは、ヒスチジンの脱炭酸反応によって生成される。

  • (4)ペントースリン酸回路は、NADPHを生成する。

  • (5)コレステロールは、生体のエネルギー源にならない。

Q22
  • 個体の恒常性(ホメオスタシス)に関する記述である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 体の水分は、全体重の 30% になるように保たれる。
  2. 動脈血の pH は、7.0 になるように保たれる。
  3. 交感神経と心筋の間の神経伝達物質は、アセチルコリンである。
  4. コルチゾールが副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)の分泌を抑制するのは、負のフィードバック機構による。
  5. 体温の日内変動では、早朝が最も高い。
  • A22 正解(4)
  • (1)体の水分は、全体重の60%になるように保たれる。

  • (2)動脈血のpHは、7.4になるように保たれる。

  • (3)交感神経と心筋の間の神経伝達物質は、ノルアドレナリンである。

  • (5)体温の日内変動では、夕方が最も高い。

Q23
  • 炎症と腫瘍に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 急性炎症では、血管透過性は低下する。
  2. 慢性炎症でみられる浸潤細胞は、主に好中球である。
  3. 肉芽組織は、組織の修復過程で形成される。
  4. 良性腫瘍は、悪性腫瘍と比べて細胞の分化度が低い。
  5. 肉腫は、上皮性の悪性腫瘍である。
  • A23 正解(3)
  • (1)急性炎症では、血管透過性は亢進する。

  • (2)慢性炎症でみられる浸潤砂防は、主にリンパ球である。

  • (4)良性腫瘍は、悪性腫瘍と比べて細胞の分化度が高い。

  • (5)肉腫は、非上皮性の悪性腫瘍である。

Q24
  • 臨床検査に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. C 反応性たんぱく質(CRP)の血中濃度は、炎症があると低下する。
  2. 血中尿素窒素は、たんぱく質の異化亢進で減少する。
  3. 胆道が閉塞すると、血中で間接ビリルビンが優位に増加する。
  4. 臓器移植では、ヒト白血球型抗原(HLA)の適合を判定する。
  5. 75 g 経口ブドウ糖負荷試験は、糖尿病網膜症の有無を判断するために行う。
  • A24 正解(4)
  • (1)C反応性たんぱく質(CRP)の血中濃度は、炎症があると上昇する。

  • (2)血中尿素窒素は、たんぱく質の異化亢進で増加する。

  • (3)胆道が閉塞すると、血中で直接ビリルビンが優位に増加する。

  • (5)75g経口ブドウ糖負荷試験は、糖尿病の診断を目的として行う。

Q25
  • 治療の種類に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 胃がんに対する胃全摘は、根治療法である。
  2. がん性仏痛に対するモルヒネ投与は、緩和療法である。
  3. C 型肝炎に対する抗ウイルス療法は、原因療法である。
  4. 急性胆嚢炎に対する胆嚢摘出は、保存療法である。 
  5. 発熱に対する解熱鎮痛薬の投与は、対症療法である。
  • A25 正解(4)
  • (4)急性胆嚢炎に対する胆嚢摘出は、手術療法である。

Q26
  • 先天性代謝異常症に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 糖原病Ⅰ型では、高血糖性の昏睡を生じやすい。
  2. フェニルケトン尿症では、チロシンが体内に蓄積する。
  3. ホモシスチン尿症では、シスチンが体内に蓄積する。
  4. メープルシロップ尿症では、分枝アミノ酸の摂取制限が行われる。
  5. ガラクトース血症では、メチオニン除去ミルクが使用される。
  • A26 正解(4)
  • (1)糖尿病Ⅰ型では、低血糖性の昏睡を生じやすい。

  • (2)フェニルケトン尿症では、フェニルアラニンが体内に蓄積する。

  • (3)ホモシスチン尿症では、ホモシステインが体内に蓄積する。

  • (5)ガラクトース血症では、尿糖除去ミルクが使用される。

Q27
  • 消化管に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 食道は、気管の腹側を通る。
  2. 胃底部は、胃体部よりも幽門側にある。
  3. 十二指腸には、腸間膜が付着する。
  4. 回腸は、十二指腸と空腸の間にある。
  5. S 状結腸は、下行結腸と直腸の間にある。
  • A27 正解(5)
  • (1)食堂は、気管の背側を通る。

  • (2)胃底部は、胃体部よりも噴門側にある。

  • (3)十二指腸には、腸間膜が付着しない。

  • (4)回腸は、十二指腸と空腸の後にある。

Q28
  • 消化器系がんとそのリスク因子の組合せである。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 食道がん---------- アスベスト
  2. 胃がん------------ アフラトキシン
  3. 肝細胞がん-------- ヒトパピローマウイルス
  4. 膵がん------------ 喫煙
  5. 結腸がん---------- EB ウイルス
  • A28 正解(4)
  • (1)食道がんー飲酒、喫煙。

  • (2)胃がんーヘリコバクターピロリ感染。

  • (3)肝細胞がんーB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス。

  • (5)結腸がんー欧米型の食生活、飲酒、喫煙、家族歴。

Q29
  • 循環器系に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 心臓血管中枢は、小脳にある。
  2. 三尖弁は、左心房と左心室の間にある。
  3. 洞房結節は、左心房にある。
  4. 静脈の容量は、動脈の容量より大きい。
  5. 心電図の QRS 波は、心房の興奮を示す。
  • A29 正解(4)
  • (1)心臓血管中枢は、延髄にある。

  • (2)三尖弁は、右心房と右心室の間にある。

  • (3)洞房結節は、右心房にある。

  • (5)心電図のQRS波は、心室の興奮を示す。

Q30
  • 高血圧に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. レニン分泌の増加は、血圧を上昇させる。
  2. 副交感神経の興奮は、血圧を上昇させる。
  3. 孤立性収縮期高血圧は、若年者に多い。
  4. 仮面高血圧は、診察室血圧が高血圧で、家庭血圧が正常であるものをいう。
  5. 二次性高血圧は、本態性高血圧よりも患者数が多い。
  • A30 正解(1)
  • (2)交感神経の興奮は、血圧を上昇させる。

  • (3)孤立性収縮期高血圧は、高齢者に多い。

  • (4)仮面高血圧は、診察室血圧が正常で、家族血圧が高血圧であるものをいう。

  • (5)二次性高血圧は、本態性高血圧よりも患者数が少ない。

Q31
  • 腎・尿路系の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 糸球体を流れる血液は、静脈血である。
  2. ボーマン嚢は、糸球体の中にある。
  3. 尿細管は、腎盂から膀胱までの尿路である。
  4. 原尿は、膀胱に溜まる尿である。
  5. 尿の浸透圧の変動は、血漿の浸透圧の変動より大きい。
  • A31 正解(5)
  • (1)糸球体を流れる血圧は、動脈血である。

  • (2)糸球体は、ボーマン嚢の中にある。

  • (3)尿管は、腎盂から膀胱までの尿路である。

  • (4)原尿は、ボーマン嚢に溜まる尿である。

Q32
  • ホルモンと分泌部位の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 成長ホルモン ----------- 視床下部
  2. オキシトシン -----------   下垂体後葉
  3. プロラクチン -----------   甲状腺
  4. ノルアドレナリン ------    副腎皮質
  5. アルドステロン --------  副腎髄質
  • A32 正解(2)
  • (1)成長ホルモンー下垂体前葉。

  • (3)プロラクチンー下垂体前葉。

  • (4)ノルアドレナリンー副腎髄質。

  • (5)アルドステロンー副腎皮質

Q33
  • 内分泌疾患の主な症候に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. クッシング症候群では、テタニーがみられる。
  2. 甲状腺機能亢進症では、低体温がみられる。
  3. 褐色細胞腫では、低血糖がみられる。
  4. アジソン病では、血中コルチゾールの低下がみられる。
  5. 尿崩症では、高張尿がみられる。
  • A33 正解(4)
  • (1)副甲状腺機能低下症では、テタニーがみられる。
  • (2)甲状腺機能低下症では、低体温がみられる。

  • (3)褐色細胞腫では、高血糖がみられる。

  • (5)尿崩症では、低張尿がみられる。

Q34
  • 迷走神経に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 脊髄神経である。
  2. 副交感神経線維を含む。
  3. 興奮により、胃酸分泌が抑制される。
  4. 興奮により、心拍数が増加する。
  5. 興奮により、胆嚢が弛緩する。
  • A34 正解(2)
  • (1)脳神経である。

  • (3)興奮により、胃酸分泌が促進される。

  • (4)興奮により、心拍数が減少する。

  • (5)興奮により、胆嚢が収縮する。

Q35
  • 肺の構造、呼吸機能および酸素の運搬に関する記述である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 右肺は、 2 葉からなる。
  2. 肺静脈には、静脈血が流れている。
  3. 肺胞で行われるガス交換を、内呼吸という。
  4. 動脈血の酸素飽和度は、約 40% である。
  5. ヘモグロビンの酸素解離曲線は、血液 pH が低下すると右方向に移動する。
  • A35 正解(5)
  • (1)右肺は、3葉からなる。

  • (2)肺静脈には、動脈血が流れている。

  • (3)肺胞で行われるガス交換を、外呼吸という。

  • (4)動脈血の酸素飽和度は、96~99%である。

Q36
  • 運動器に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 腰椎は、 6 個である。
  2. 舌運動は、舌咽神経支配である。
  3. 伵筋は、顔面神経支配である。
  4. 筋が収縮する際は、筋小胞体からカリウムイオンが放出される。
  5. 筋収縮のエネルギーは、ATP の分解による。
  • A36 正解(5)
  • (1)腰椎は、5個である。

  • (2)舌運動は、舌下神経支配である。

  • (3)咬筋は、三叉神経支配である。

  • (4)筋が収縮される際は、筋小胞体からカルシウムイオンが放出される。

Q37
  • 妊娠、分娩および乳汁分泌に関する記述である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 妊娠 0 週 0 日は、受精卵が着床した日である。
  2. ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)は、黄体を退縮させる。
  3. インスリンは、母体から胎児へ移行する。
  4. オキシトシンは、子宮筋を収縮させる。
  5. プロラクチンは、射乳を起こす。
  • A37 正解(4)
  • (1)妊娠0週0日は、最終月経開始日である。

  • (2)ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)は、黄体を維持する。

  • (3)インスリンは、母体から胎児へ移行しない。

  • (5)プロラクチンは、乳汁の産生を促進する。

Q38
  • 赤血球に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 赤血球は、中央が膨らんだ円盤状の構造をもつ。
  2. ABO 血液型が O 型の場合、赤血球の表面には A 抗原と B 抗原が発現して いる。
  3. 赤血球の寿命は、約 1 か月である。
  4. 網赤血球は、寿命を終えた赤血球である。
  5. 低酸素環境下で、赤血球数は増加する。
  • A38 正解(5)
  • (1)赤血球は、中央が凹んだ円盤状の構造を持つ。

  • (2)ABO血液型がAB型の場合、赤血球の表面ににはA抗原とB抗原が発現している。

  • (3)赤血球の寿病は、約4か月である。

  • (4)網赤血球は、幼若な赤血球である。

Q39
  •  血液疾患に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 血友病では、プロトロンビン時間(PT)が短縮する。
  2. 再生不良性貧血では、骨髄が過形成を示す。
  3. 悪性貧血では、内因子の作用が増強する。
  4. 鉄欠乏性貧血では、総鉄結合能(TIBC)が低下する。
  5. 播種性血管内凝固症候群(DIC)では、フィブリン分解産物(FDP)が増加する。
  • A39 正解(5)
  • (1)血友病では、プロトロンビン時間(PT)は正常である。

  • (2)再生不良性貧血では、骨髄が低形成を示す。

  • (3)悪性貧血では、内因氏の作用が低下する。

  • (4)鉄欠乏性貧血では、相鉄結合能(TIBC)が上昇する。

Q40
  • 免疫・生体防御に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 唾液は、分泌型 IgA を含む。
  2. B 細胞は、胸腺で成熟する。 
  3. 細胞は、免疫グロブリンを産生する。
  4. アナフィラキシーショックは、IgG が関与する。
  5. ワクチン接種による免疫は、受動免疫である。
    • A40 正解(1)
      • (2)T細胞は、胸腺で成熟する。

      • (3)形質細胞は、免疫グロブリンを産生する。

      • (4)アナフィラキシーショックは、IgEが関与する。

      • (5)ワクチン接種による免疫は、能動免疫である。

Q41
  • 自己免疫疾患とその特徴的な症候の組合せである。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 強皮症 ------------------------- 食道蠕動の亢進
  2. シェーグレン症候群 ----------- 涙液分泌の増加
  3. バセドウ病 -------------------- 徐脈
  4. 橋本病 ------------------------- 皮膚の湿潤
  5. 全身性エリテマトーデス ------- 蝶形紅斑
  • A41 正解(5)
  • (1)強皮症ー食堂蠕動の低下

  • (2)シェーグレン症候群ー涙液分泌の低下

  • (3)バセドウ病ー頻脈

  • (4)橋本病ー皮膚の乾燥

Q42
  • 感染症に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. ニューモシスチス肺炎は、ウイルス感染症である。
  2. ツツガムシ病は、日和見感染症である。
  3. 再興感染症は、同一患者に繰り返し発症する感染症である。
  4. 不顕性感染は、原因となる病原体が不明の感染症である。
  5. 垂直感染は、母体から児へ伝播する感染様式である。
  • A42 正解(5)
  • (1)ニューモシスチス肺炎は、真菌感染症である。

  • (2)ツツガムシ病は、日和見感染症ではない。

  • (3)再興感染症は、すでに認知されていた感染症が再び問題になるようになった感染症である。

  • (4)不顕性感染は、感染は成立しているが症状がでない感染症のことである。

国試過去問集

CONTACT

首都圏・関東地区・東海地区・関西地区・九州地区で栄養士・管理栄養士の仕事・転職・求人・派遣・紹介・募集情報ならダイエッティシャンジョブにおまかせください。

illust
illust
illust

PAGETOP

本社

横浜本社
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル
TEL : 045-451-3191
FAX : 045-451-3291

アクセス

営業所一覧

東京営業所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-17-11 ルート西池袋ビル6F(602)
TEL:03-6912-7954
FAX:03-6912-7964

アクセス

大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-6-29 第三ユヤマビル3F
TEL:06-6889-1018
FAX:06-6889-1012

アクセス

名古屋営業所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2丁目18番14号
LANDSQUARE MARUNOUCHI 8F
TEL:052-684-6712
FAX:052-684-6713

アクセス