MENU

栄養士・管理栄養士の求人情報サイト Dietitian job

第35回管理栄養士国家試験問題~臨床栄養学~

問題をクリックすると解答が開きます。

Q111
  • 入院時食事療養(Ⅰ)の届出を行った保険医療機関において、特別食加算が算定できる治療食に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 痛風の患者に、痛風食を提供した。
  2. 黄疸のない胆石症の患者に、肝臓食を提供した。
  3. 摂食・嚥下機能が低下した患者に、嚥下調整食を提供した。
  4. 高血圧の患者に、食塩相当量 6 g/日未満の減塩食を提供した。
  5. 8 歳の食物アレルギー患者に、小児食物アレルギー食を提供した。
  • A111 正解(1)
  • (2)入院時食事療養(Ⅰ)における特別食加算の肝臓食とは、肝庇護食、肝炎食、肝硬変食、閉鎖性黄疸食(胆石症および胆のう炎による閉鎖性黄疸の場合も含む)等をいう。黄疸のない胆石症への肝臓食は、特別食加算の対象ではない。

    (3)(5)特別食加算の対象ではない。

    (4)入院時食事療養(Ⅰ)において、高血圧に対する減塩職は、特別食加算としては認められない。

Q112
  • クリニカルパスに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 入院患者は対象としない。
  2. 時間軸に従って作成される。
  3. バリアンスとは、標準的な治療の内容をいう。
  4. アウトカムとは、逸脱するケースをいう。
  5. 医療コストは増加する。
  • A112 正解(2)
  • (1)クリニカルパスとは、ある疾患で入院する場合に、時間軸を横に、診断・検査・手術・投薬・食事・リハビリ・指導等を縦軸に示した医療スタッフおよび患者が情報を共有するためのスケジュール表を指す。

    (3)バリアンスとは、標準化したものから逸脱した事象をいう。

    (4)アウトカムとは、クリニカルパスのなかで設定される目標をいう。

    (5)医療コストを抑制できる。

Q113
  • 水分出納において、体内に入る水分量として計算する項目である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 滲出液量
  2. 代謝水量
  3. 不感蒸泄量
  4. 発汗量
  5. 便に含まれる量
  • A113 正解(2)
  • (1)患者の状態により、嘔吐、下痢、出血、胃管やドレーンからの排液量は排泄される水分である。

    (2)糖質、脂質、たんぱく質などのエネルギー産生栄養素は、エネルギーとして異化され二酸化炭素と水となる。これにより生成される水のことを代謝水という。水分出納では、体内の水分は、飲水、食物摂取、代謝水としての摂取と、尿、汗、便、不感蒸泄として排泄のバランスをとっている。

    (3)不感蒸泄とは、気道や皮膚から蒸発する発汗を含まない水分である。

Q114
  • 経腸栄養法が禁忌となる患者である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 頭頚部がん術後
  2. 食道裂孔ヘルニア
  3. 胃全摘術後
  4. 小腸完全閉塞
  5. 人工肛門造設後
  • A114 正解(4)
  • (4)経腸栄養法の禁忌は、大量の消化管出血、下部消化管の閉塞や麻痺性イレウス、難治性下痢症や吸収障害、重症急性膵炎、ショック、多臓器不全など生涯を信仰している場合である。

Q115
  •  経腸栄養剤に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 消化態栄養剤は、窒素源に低分子ペプチドを含む。
  2. 成分栄養剤は、半消化態栄養剤より浸透圧が低い。
  3. 血糖管理を目的とした経腸栄養剤は、脂肪エネルギー比率を 15%E としている。
  4. 肝不全用経腸栄養剤は、芳香族アミノ酸が強化されている。
  5. 免疫賦活を目的とした経腸栄養剤は、n─6 系脂肪酸が強化されている。
  • A115 正解(1)
  • (2)成分栄養剤は、半消化態栄養剤より浸透圧が高い。

    (3)血糖管理を目的とした経腸栄養剤は、脂肪エネルギー比率を25~40%Eとしている。

    (4)肝不全用経腸栄養剤は、分岐鎖アミノ酸が強化されている。

    (5)免疫賦活を目的とした経腸栄養剤は、n-3系脂肪が強化されている。

Q116
  •  糖尿病食事療法のための食品交換表に関する記述である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1.  4 つの表に分類されている。 
  2. 1 単位は、100 kcal である。
  3. 1 日の指示単位(指示エネルギー)の配分例には、炭水化物エネルギー比率 40、35、30%E の 3 段階が示されている。
  4. かぼちゃは、表 2 に含まれる。
  5. チーズは、表 3 に含まれる。
  • A116 正解(5
  • (1)6つの表に分類されている。

    (2)1単位は、80kcalである。

    (3)1日の指示単位(指示エネルギー)の配分例には、炭水化物エネルギー比率60,55,50%Eの3段階が示されている。

  • (4)かぼちゃは、表1に含まれる。

Q117
  • てんかん食とその摂取により生じる代謝に関する記述である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 高炭水化物・低たんぱく質食である。
  2. 摂取により、血中 3 ─ヒドロキシ酪酸値が低下する。
  3. 摂取により、血液 pH が上昇する。
  4. ケトン体は、筋肉で合成される。
  5. ケトン体は、脳で利用される。
  • A117 正解(5)
  • (1)低炭水化物・高脂質食である。

    (2)摂取により、血中3-ヒドロキシ酪酸値が上昇する。

    (3)接収により、血液pHが低下する。

    (4)ケトン体は、肝臓で合成される。

Q118
  • 医薬品と医薬品が栄養素に及ぼす影響の組合せである。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬 -------------- カリウムの再吸収抑制
  2. D─ペニシラミン------------------------------- 亜鉛の吸収促進
  3. メトトレキサート ------------------------------ 葉酸の代謝拮抗作用
  4. サイアザイド系利尿薬 --------------------------ナトリウムの尿中排泄抑制
  5. ワルファリン -----------------------------------ビタミン K の作用増強
  • A118 正解(3)
  • (1)アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬-カリウムの排泄抑制。

    (2)D-ペニシラミンー亜鉛の吸収阻害。

    (4)サイアザイド系利尿薬ーナトリウムの尿中排泄促進。

    (5)ワルファリンービタミンKの作用減弱。

Q119
  • 問題志向型診療録(POMR)とその内容に関する記述である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 問題志向型システム(POS)の第 2 段階に当たる。
  2. 基礎データは、SOAP に分けて記載する。
  3. 記録は、5W2H 方式で記載する。
  4. 問題リストは、基礎データから時間の経過に沿って記載する。
  5. 初期計画は、問題ごとに記載する。
  • A119 正解(5)
  • POMRは、基礎データ、問題リスト、初期計画、経過記録の4つの要素からなる。

  • (1)POSは問題志向型記録の作成、記録の監査、記録の修正の3つの段階から構成される。

    (2)基礎データは栄養アセスメントに必要な情報で、食物・栄養関連の履歴と適正栄養量、身体計測、臨床検査データ、身体所見、個人履歴の項目で構成される。

    (3)記録は、SOAP方式で記録する。

    (4)問題リストは、重要な問題点から順に記録する。

Q120
  • ビタミンとその欠乏症の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. ビタミン D ---------甲状腺腫
  2. ビタミン B1 --------ペラグラ
  3. ナイアシン ----------ウェルニッケ脳症
  4. 葉酸 -----------------高ホモシステイン血症
  5. ビタミン C ----------夜盲症
  • A120 正解(4)
  • (1)ビタミンD-くる病、骨軟化症。

    (2)ビタミンB1-脚気、ウェルニッケ脳症。

    (3)ナイアシンーペラグラ。

    (5)ビタミンC-壊血病。

Q121
  •  55 歳、男性。デスクワーク中心の仕事。身長 165 cm、体重 76 kg、BMI 27.9 kg/m2 、 標準体重 60 kg、内臓脂肪面積 110 cm2 。他に異常は認められなかった。この患者 の 1 日当たりの目標栄養量である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. エネルギー 600 kcal
  2. たんぱく質 70 g
  3. 脂質 10 g
  4. 炭水化物 300 g
  5. 食塩 10 g
  • A121 正解(2)
  • (1)1日600kcal以下の超低エネルギー食は、高度肥満症(BMI35.0kg/m2以上)の治療に用いられ、入院管理下で行う。

    (2)BMI、内臓脂肪面積より、内臓脂肪型肥満が考えられる。指示エネルギー量は1日25kcal/kg×標準体重以下を目安とする。各栄養素の摂取エネルギーに占める割合は、炭水化物50~60%、たんぱく質15~20%、脂質20~25%が推奨される。1日のエネルギー量:25×60=1500kcal以下とすると、炭水化物:188~225g、たんぱく質:56~75g、脂質:33~42gであり、(2)が適当である。

    (5)ほかに異常が認められないので、食塩摂取量は食事摂取基準に準ずる。

Q122
  • 脂質異常症の栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 高 LDL コレステロール血症では、飽和脂肪酸の摂取エネルギー比率を 10%E とする。
  2. 高 LDL コレステロール血症では、コレステロールの摂取量を 400 mg/日と する。
  3. 低 HDL コレステロール血症では、トランス脂肪酸の摂取を増やす。
  4. 高トリグリセリド血症では、n─ 3 系脂肪酸の摂取を控える。
  5. 高カイロミクロン血症では、脂肪の摂取エネルギー比率を 15%E とする。
  • A122 正解(5)
  • (1)高LDLコレステロール血症では、飽和脂肪酸の摂取エネルギー比率を7%E未満とする。

    (2)高LDLコレステロール血症では、コレステロールの摂取量を200㎎/日未満とする。

    (3)低HDLコレステロール血症では、トランス脂肪酸の摂取を減らす。

    (4)高トリグリセリド血症では、n-3系脂肪酸の摂取を増やす。

Q123
  •  消化器疾患と栄養管理の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 胃食道逆流症 ---------------- カリウム制限
  2. たんぱく漏出性胃腸症 ------- カルシウム制限
  3. 慢性膵炎代償期 -------------- 脂肪制限
  4. 胆石症 ----------------------- 糖質制限
  5. 過敏性腸症候群 -------------- たんぱく質制限
  • A123 正解(3)
  • (1)重症例でなければ、エネルギー、各栄養素は食事摂取基準に準ずる。高脂肪食など胃内停留時間が長い食事を避ける。下部食道括約筋圧を低下させやすい食品(アルコール、コーヒー、炭酸飲料、柑橘類のジュース、チョコレートなど)の摂取や三位の強い食事を控える。

    (2)低脂質、たんぱく質補強型の食事とする。

    (3)慢性膵炎代償期では、腹痛の有無により脂質摂取量を調整する。

    (4)無症状欠席は普通食でよい。

    (5)過敏性腸症候群の栄養基準は、食事摂取基準を目安とする。下痢や便秘の症状に合わせた食事内容とする。

Q124
  • 慢性心不全に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 重症度評価には、ボルマン(Borrmann)分類が用いられる。
  2. 脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)は、重症化とともに低下する。
  3. 進行すると、悪液質となる。
  4. エネルギー摂取量は、40 kcal/kg 標準体重/日とする。
  5. 水分摂取量は、50 mL/kg 標準体重/日とする。
  • A124 正解(3)
  • (1)重症度評価には、NYHA新機能分類が用いられる。

    (2)脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)は、重症化とともに上昇する。

    (4)エネルギー摂取量は、30kcal/kg標準体重/日前後を目安とする。

    (5)50ml/kg標準体重/日は多すぎる。慢性心不全では、ナトリウム制限と水分制限は連動している。末期心不全では、15~20ml/kg体重/日に制限する。

Q125
  • CKD 患者に対するたんぱく質制限(0.8~1.0 g/kg 標準体重/日)に関する記述で ある。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 糸球体過剰濾過を防ぐ効果がある。
  2. 重症度分類ステージ G1 の患者に適用される。
  3. エネルギー摂取量を 20 kcal/kg 標準体重/日とする。
  4. アミノ酸スコアの低い食品を利用する。
  5. 制限に伴い、カリウムの摂取量が増加する。
  • A125 正解(1)
  • (2)重症度分類ステージG3の患者に適用される。

    (3)エネルギー摂取量を25~35kcal/kg標準体重/日とする。

    (4)アミノ酸スコアの高い食品を利用する。

    (5)制限に伴い、カリウムの摂取量が抑えられる。

Q126
  • 標準体重 60 kg の大動脈石灰化を認める維持血液透析患者に対して、 1 日当たり の摂取量の評価を行った。改善が必要な項目として、最も適当なのはどれか。 1 つ 選べ。


  1. エネルギー 2,100 kcal
  2. たんぱく質 60 g
  3. 食塩 5 g
  4. カリウム 1,500 mg
  5. リン 1,200 mg
  • A126 正解(5)
  • (1)血液透析の栄養基準では、エネルギーは30~35kcal/kg標準体重/日を目安としている。1800~2100kcal/日となる。

    (2)たんぱく質は、0.9~1.2g/kg標準体重/日であるので、54~72g/日である。

    (3)食塩は1日6g未満である。

    (4)カリウムは、1日2000㎎以下である。

    (5)リン1200㎎は多すぎる。1日810~1080mgである。大動脈石灰化を認めるため、できるだけ少なくしたい。透析患者で起こる動脈硬化は、ミネラル(リン・カルシウム)の代謝バランスが崩れた結果生じる血管の石灰華が多い。透析患者の生命予後に最も影響を及ぼす可能性のある因子は血液中のリンで、続いてカルシウム、PTHの順であることが解明されている。二次性副甲状腺機能亢進症の予防・治療には体内におけるリンをコントロールすることが最優先で、そのためにはリンを抑えた食事と、十分な透析の実施、リン吸着薬による薬物療法が重要となる。

Q127
  • クッシング症候群で低下する検査値である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

  •  

  1. 血圧
  2. 血糖
  3. 血清コレステロール
  4. 尿中デオキシピリジノリン
  5. 骨密度
  • A127 正解(5)
  • クッシング症候群は、副腎の腫瘍や過形成により副腎皮質束状帯からの副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド:コルチゾール)の分泌が亢進する疾患である。副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)産生下垂体腫瘍による副腎皮質ホルモン分泌亢進をクッシング病という。高血圧、骨粗鬆症、高血糖、脂肪蓄積による中心性肥満、満月様顔貌、赤色皮膚線条、バファローハンプを認める。

Q128
  • 93 歳、女性。身長 150 cm、体重 50 kg、BMI 22.2 kg/m2 。 2 年前に認知症と診 断され、その頃から誤嚥性肺炎を繰り返し、胃瘻を造設した。この患者の栄養管理 に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 嚥下機能検査を行う。
  2. 栄養剤投与時は、仰臥位とする。
  3. 目標エネルギー量は、1,300 kcal/日とする。
  4. 半消化態栄養剤の投与速度は、25 mL/時とする。
  5. 半固形栄養剤を用いる。
  • A128 正解(2)
  • (2)仰臥位の胃への栄養剤の投与は、胃食道逆流のリスクを増加させる。胃瘻注入時(注入後)、ベッドの拳上は30度か90度程度とする。認知症などで座位が困難な場合には、30度以上の上半身拳上とする。また、投与後1時間は体位を維持する。

Q129
  •  70 歳、男性。高 CO2 血症を認める COPD 患者である。この患者の栄養管理に関 する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. たんぱく質摂取量は、0.5 g/kg 標準体重/日とする。
  2. 脂肪の摂取エネルギー比率は、40%E とする。
  3. 炭水化物の摂取エネルギー比率は、80%E とする。
  4. カルシウム摂取量は、300 mg/日とする。
  5. リン摂取量は、500 mg/日とする。
  • A129 正解(2)
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、有害な粒子やガスの吸入によって生じた肺の炎症反応に基づく進行性の気流制限を呈する疾患である。患者は、閉塞性換気障害や肺過膨張のために、安定期でも安静時エネルギー消費量が増え、代謝亢進が認められる。著しい換気不全があれば、呼吸商(RQ)の低い脂質主体の栄養管理を考慮する。

  • (1)急性期のCOPDの栄養管理に対しては、高エネルギー(実測REE×1.5~1.7倍、ハリスベネディクトの指揮のBEEの1.5~1.7倍)、高たんぱく食(15~20%E)の指導が基本であり、たんぱく源としてはBCAAを多く含む食品の摂取が勧められる。

    (2)(3)炭水化物の過剰摂取は、二酸化炭素の産生を増加させ、換気系に負担となる可能性があるため、COPD患者においては脂肪主体の栄養補給が推奨されている。炭水化物の摂取エネルギー比率は50%Eとする。

    (4)カルシウム摂取量300㎎/日は少なすぎる。COPDでは骨粗鬆症の合併頻度が高く、Caの摂取も重要である。

    (5)リン摂取量500㎎/日は少なすぎる。リン、カリウム、カルシウム、マグネシウムは呼吸筋の機能維持に必要であり、特にリンの十分な摂取が重要である。

Q130
  • 胃潰瘍で出血を起こすと、上昇する血液検査値である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 平均赤血球容積(MCV)
  2. ヘマトクリット
  3. 尿素窒素
  4. HbA1c
  5. PSA
  • A130 正解(3)
  • (1)胃潰瘍からの出血が原因の鉄欠乏性貧血では、MCVは低下する。

    (2)消化管からの持続性出血では、ヘモグロビン濃度、ヘマトクリット値は低地を示す。

    (3)上部消化管から出血が生じた場合、血液もたんぱく質を多量に含むため、血液中のたんぱく質が消化吸収されてたんぱく質の分解が盛んになり、腎臓の排泄能力を上回る。そのため、上部消化管出血によって尿素窒素が上昇すると考えられている。

    (4)消化管出血では、低地を示す。

    (5)PSAは前立腺特異抗原の略語。前立腺で産生されるたんぱく質で、前立腺がん、加齢や前立腺肥大症、急性前立腺炎などの尿路感染症において上昇する。胃潰瘍とは関連がない。

Q131
  • 食物アレルギーに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 乳糖不耐症は、Ⅰ型アレルギーである。
  2. オボアルブミンは、加熱により抗原性が低下する。
  3. グルテンは、加熱により抗原性が増大する。
  4. 鶏卵アレルギーでは、鶏肉を除去する。
  5. 大豆は、特定原材料として表示する義務がある。
  • A131 正解(2)
  • (1)乳糖不耐症は、アレルギーではない。

    (3)グルテンは、加熱による抗原性の変化が少ない。

    (4)鶏卵アレルギーでは、鶏肉を除去する必要はない。

    (5)大豆は、特定原材料として表示する義務はない。

Q132
入院 2 日目の敗血症患者の病態と栄養管理に関する記述である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。
 
  1. 基礎代謝は、亢進する。
  2. 体たんぱく質の異化は、抑制される。
  3. 血糖値は、低下する。
  4. 糸球体濾過量は、増加する。
  5. 静脈栄養法は、禁忌である。
  • A132 正解(1)
  • (2)体たんぱく質の異化は、亢進する。

    (3)血糖値は、上昇する。

    (4)糸球体濾過量は、減少する。

    (5)静脈栄養法は、禁忌ではない。

Q133
  • がん患者の病態と栄養管理に関する記述である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 悪液質では、筋たんぱく質の同化が優位になる。
  2. 化学療法施行時には、食欲が増進する。
  3. 胃切除術後は、カルシウムの吸収が亢進する。
  4. 上行結腸にストマ(人工肛門)を造設した後は、脱水に注意する。
  5. 終末期には、経口摂取は禁忌である。
  • A133 正解(4)
  • (1)悪液質では、筋たんぱく質の異化が優位になる。

    (2)化学療法施行時には、食欲が低下する。

    (3)胃切除術後は、カルシウムの吸収が障害される。

    (5)終末期には、経口摂取は禁忌ではない。

Q134
  • 受傷後 4 日目の重症外傷患者の病態と経腸栄養法に関する記述である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 安静時エネルギー消費量は、低下する。
  2. インスリン抵抗性は、増大する。
  3. 水分投与量は、10 mL/kg 現体重/日とする。
  4. NPC/N は、400 とする。
  5. 脂肪エネルギー比率は、50%E とする。
  • A134 正解(2)
  • (1)安静時エネルギー消費量は、増加する。

    (3)水分投与量は、通常体重当たり30~40ml/日を基準都市、病態に応じて増減する。

    (4)NPC/Nは、100を目安に調整する。

    (5)脂肪は、総エネルギー投与量の20~40%を基準として、病態に応じて増減する。

Q135
  • 糖原病Ⅰ型の幼児の栄養管理に関する記述である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. エネルギーを制限する。
  2. たんぱく質を制限する。
  3. フェニルアラニンを制限する。
  4. 食事を 1 日 2 回に減らす。
  5. コーンスターチを利用する。
  • A135 正解(5)
  • (1)(2)エネルギーやたんぱく質を制限する必要はない。

    (3)ガラクトース、乳糖、果糖、ショ糖を制限する。

    (4)食事は少量頻回食とする。

Q136
  • 妊娠 16 週の妊婦、35 歳。身長 165 cm、体重 73 kg、BMI 26.8 kg/m2 、標準体 重 60 kg、非妊娠時体重 72 kg。妊娠糖尿病と診断された。この妊婦の栄養管理に 関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. エネルギー摂取量は、2,200 kcal/日とする。
  2. たんぱく質摂取量は、40 g/日とする。
  3. 食物繊維摂取量は、10 g/日とする。
  4. 朝食前血糖値の目標は、70~100 mg/dL とする。
  5. 血糖コントロール不良時は、 1 日 2 回食とする。
  • A136 正解(4)
  • (1)エネルギー摂取量2200kcal/日は多い。避妊娠時BMIが肥満の妊娠老尿病患者の場合、摂取エネルギー量は標準体重×30kcalを目安とする。妊娠期間中の適正な体重の増加量はおよそ5kgを目安として調整する。

    (2)たんぱく質摂取量40g/日は少なすぎる。摂取エネルギー量に対し、たんぱく質はエネルギー比率15%から20%を超えない量を目安とする。

    (3)食物繊維摂取量は、糖尿病患者と同様、20~25g/日を目安とする。

    (4)食後2時間値120㎎/dl未満とし、HbA1cは6.2%未満を目標とする。

    (5)血糖コントロール不良時は、1日の食事を分割食とする。

国試過去問集

CONTACT

首都圏・関東地区・東海地区・関西地区・九州地区で栄養士・管理栄養士の仕事・転職・求人・派遣・紹介・募集情報ならダイエッティシャンジョブにおまかせください。

illust
illust
illust

PAGETOP

本社

横浜本社
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル
TEL : 045-451-3191
FAX : 045-451-3291

アクセス

営業所一覧

東京営業所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-17-11 ルート西池袋ビル6F(602)
TEL:03-6912-7954
FAX:03-6912-7964

アクセス

大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-6-29 第三ユヤマビル3F
TEL:06-6889-1018
FAX:06-6889-1012

アクセス

名古屋営業所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2丁目18番14号
LANDSQUARE MARUNOUCHI 8F
TEL:052-684-6712
FAX:052-684-6713

アクセス