MENU

栄養士・管理栄養士の求人情報サイト Dietitian job

第36回管理栄養士国家試験問題~人体の構造と機能及び疾病の成り立ち~

問題をクリックすると解答が開きます。

Q17
  •  ヒトの細胞に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 平滑筋細胞は、随意筋を構成する。
  2. 脂肪細胞は、レプチンを分泌する。
  3. 肥満細胞は、IgE を産生する。
  4. 形質細胞は、T 細胞から分化する。
  5. マクロファージは、好中球から分化する。 
  • A17 正解(2)
  • 解説

Q18
  •  糖質に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. ガラクトースは、非還元糖である。
  2. フルクトースは、ケトン基をもつ。
  3. スクロースは、グルコース 2 分子からなる。
  4. アミロースは、分枝状構造をもつ。
  5. グリコーゲンは、ヘテロ多糖である。
  • A18 正解(2)
  • 解説

Q19
  •  ヒトの mRNA に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 核小体で生成される。
  2. チミンを含む。
  3. コドンをもつ。
  4. プロモーター領域をもつ。
  5. mRNA の遺伝情報は、核内で翻訳される。
  • A19 正解(3)
  • 解説

Q20
  •  生体エネルギーと代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 電子伝達系は、コエンザイム A(CoA)を含む。
  2. 電子伝達系では、二酸化炭素が産生される。
  3. 脱共役たんぱく質(UCP)は、熱産生を抑制する。
  4. ATP 合成酵素は、基質レベルのリン酸化を触媒する。
  5. クレアチンリン酸は、高エネルギーリン酸化合物である。 
  • A20 正解(5)
  • 解説

Q21
  •  脂質の代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. アラキドン酸は、一価不飽和脂肪酸である。
  2. オレイン酸は、体内で合成できない。
  3. 腸管から吸収された中鎖脂肪酸は、門脈に入る。
  4. キロミクロンは、肝臓から分泌される。
  5. LDL は、HDL から生成される。 
  • A21 正解(3)
  • 解説

Q22
  •  個体の恒常性に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 副交感神経の興奮は、消化管運動を抑制する。
  2. 膵液の分泌は、内分泌である。
  3. 血糖値が上昇すると、グルカゴンの分泌が促進される。
  4. 自然免疫は、抗原特異的である。
  5. 体液性免疫は、抗体が関与する。
  • A22 正解(5)
  • 解説

Q23
  •  炎症と腫瘍に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 肥大は、炎症の徴候に含まれる。
  2. 線維化は、炎症の慢性期より急性期で著しい。
  3. 肉芽腫は、良性腫瘍である。
  4. 肉腫は、上皮性腫瘍である。
  5. 悪性腫瘍は、浸潤性に増殖する。
  • A23 正解(5)
  • 解説

Q24
  •  症候に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選


  1. ショックでは、血圧が上昇している。
  2. JCS(Japan Coma Scale)は、呼吸機能の指標である。
  3. チアノーゼは、血中還元ヘモグロビン濃度が低下した時にみられる。
  4. 吐血は、気道からの出血である。
  5. 黄疸は、血中ビリルビン濃度の上昇による。
  • A24 正解(5)
  • 解説

Q25
  •  治療に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 自己血輸血は、緊急手術で行われる。
  2. 自己血輸血では、GVHD(移植片対宿主病)がみられる。
  3. 血液透析では、腹膜を用いる。
  4. 白血球除去療法は、過敏性腸症候群の患者に行う。
  5. LDL 吸着療法(LDL アフェレーシス)は、家族性高コレステロール血症の患 者に行う。 
  • A25 正解(5)
  • 解説

Q26
  •  栄養・代謝に関する生理活性物質とその働きの組合せである。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 成長ホルモン ------- 血糖低下
  2. グレリン ------------ 摂食抑制
  3. ガストリン ---------- 下部食道括約筋弛緩
  4. インスリン ---------- グリコーゲン分解
  5. アドレナリン -------- 脂肪分解
  • A26 正解(5
  • 解説

Q27
  •  消化器系に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 味覚は、三伹神経により伝えられる。
  2. 食道は、分節運動により食べ物を胃に運ぶ。
  3. 胃酸分泌は、セクレチンにより促進される。
  4. 胆汁酸は、主に回腸で吸収される。
  5. 排便の中枢は、腰髄にある。
  • A27 正解(4)
  • 解説

Q28
  •  消化器疾患と、頻度の高い原因の組合せである。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 食道がん ------- カンジダ
  2. 胃潰瘍 --------- サルモネラ
  3. 慢性肝炎 ------- ヘリコバクター・ピロリ
  4. 胆石症 ---------- B 型肝炎ウイルス
  5. 急性膵炎 -------- アルコール
  • A28 正解(5)
  • 解説

Q29
  •  循環器系の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 


  1. 心筋は、平滑筋である。
  2. 冠状動脈は、上行大動脈から分岐する。
  3. 肺動脈を流れる血液は、動脈血である。
  4. 動脈の容量は、静脈の容量より大きい。
  5. リンパ(リンパ液)は、鎖骨下動脈に流入する
  • A29 正解(2)
  • 解説

Q30
  •  循環器疾患に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 仮面高血圧では、家庭血圧は正常である。
  2. 狭心症では、心筋壊死が生じる。
  3. 深部静脈血栓症は、肺塞栓のリスク因子である。
  4. 右心不全では、肺うっ血が生じる。
  5. ラクナ伷塞は、太い血管の閉塞による脳伷塞である。
  • A30 正解(3)
  • 解説

Q31
  •  腎・尿路系の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. クレアチニンは、糸球体で濾過される。
  2. イヌリンは、尿細管で再吸収される。
  3. ヘンレ係蹄は、遠位尿細管と集合管との間に存在する。
  4. レニンは、尿管から分泌される。
  5. エリスロポエチンは、膀胱から分泌される。
  • A31 正解(1)
  • 解説

Q32
  •  腎臓に作用するホルモンに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. バソプレシンは、水の再吸収を抑制する。
  2. カルシトニンは、カルシウムの再吸収を促進する。
  3. 副甲状腺ホルモン(PTH)は、カルシウムの再吸収を促進する。
  4. 心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)は、ナトリウムの再吸収を促進する。
  5. アルドステロンは、カリウムの再吸収を促進する。
  • A32 正解(3)
  • 解説

Q33
  •  内分泌疾患と血液検査所見の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. バセドウ病 --------------------- 甲状腺刺激ホルモン(TSH)受容体抗体の 陽性
  2. 橋本病 ------------------------- LDL コレステロール値の低下
  3. 原発性アルドステロン症-------- レニン値の上昇
  4. クッシング症候群 -------------- カリウム値の上昇
  5. 褐色細胞腫  -------------------- カテコールアミン値の低下 
  • A33 正解(1)
  • 解説

Q34
  •  交感神経の興奮で起こる反応である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 瞳孔は、縮小する。
  2. 気管支は、収縮する。
  3. 肝臓のグリコーゲン分解は、抑制される。
  4. 皮膚の血管は、拡張する。
  5. 発汗する。
  • A34 正解(5)
  • 解説

Q35
  •  呼吸器疾患に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 肺がんは、女性に多い。
  2. 気管支喘息は、閉塞性肺障害を呈する。
  3. COPD の病期は、X線所見で分類する。
  4. アスペルギルス肺炎は、ウイルスが原因である。
  5. ツベルクリン反応は、肺がんの検査である。
  • A35 正解(2)
  • 解説

Q36
  •  運動器系に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 骨軟化症は、ビタミン A の欠乏で生じる。
  2. 骨基質は、破骨細胞によって産生される。
  3. 骨型アルカリフォスファターゼ(BAP)は、骨吸収マーカーである。
  4. 尿中デオキシピリジノリンは、骨形成マーカーである。
  5. YAM(若年成人平均値)は、骨粗鬆症の診断に用いられる。
  • A36 正解(5)
  • 解説

Q37
  •  妊娠糖尿病に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 「空腹時血糖 126 mg/dL 以上」が、診断基準に含まれる。
  2. 「HbA1c 6.5% 以上」が、診断基準に含まれる。
  3. 「妊娠糖尿病の家族歴」が、診断基準に含まれる。
  4. 経口血糖降下薬によって治療する。
  5. 分娩後の 2 型糖尿病のリスクになる。 
  • A37 正解(5)
  • 解説

Q38
  •  血球に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 赤血球には、ミトコンドリアが存在する。
  2. 好中球は、抗体を産生する。
  3. B 細胞は、胸腺で成熟する。
  4. 好酸球は、アレルギー反応に関与する。
  5. 血小板には、核が存在する。
  • A38 正解(4)
  • 解説

Q39
  •  血液疾患に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 再生不良性貧血では、造血幹細胞が増加している。
  2. 多発性骨髄腫では、低カルシウム血症が起こる。
  3. 悪性貧血は、エリスロポエチン産生低下によって起こる。
  4. 急性白血病では、出血傾向がみられる。
  5. 成人 T 細胞白血病は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)によって起こる。
  • A39 正解(4)
  • 解説

Q40
  •  免疫に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 消化管粘膜には、非特異的防御機構が認められる。
  2. IgG による免疫は、非特異的防御機構である。
  3. IgA は、Ⅰ型アレルギーに関与する。
  4. IgM は、胎盤を通過する。
  5. 血漿中に最も多く存在する抗体は、IgE である。
  • A40 正解(1)
  • 解説

Q41
  •  自己免疫疾患に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 全身性エリテマトーデスは、男性に多い。
  2. 全身性エリテマトーデスは、日光浴で寛解する。
  3.  1 型糖尿病では、インスリン分泌が亢進する。
  4. 強皮症では、レイノー現象がみられる。
  5. シェーグレン症候群では、唾液分泌が増加する。 
  • A41 正解(4)
  • 解説

Q42
  •  感染症に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 日和見感染とは、感染しても発症しないことである。
  2. 潜伏期とは、発症してから治癒するまでの期間である。
  3. ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法は、病原体由来の DNA を検出する。
  4. 垂直感染とは、病原体が輸血によって伝播する感染様式である。
  5. 耐性菌とは、薬物に対して感受性をもつ細菌である。
  • A42 正解(3)
  • 解説

国試過去問集

CONTACT

首都圏・関東地区・東海地区・関西地区・九州地区で栄養士・管理栄養士の仕事・転職・求人・派遣・紹介・募集情報ならダイエッティシャンジョブにおまかせください。

illust
illust
illust

PAGETOP

本社

横浜本社
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル
TEL : 045-451-3191
FAX : 045-451-3291

アクセス

営業所一覧

東京営業所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-17-11 ルート西池袋ビル6F(602)
TEL:03-6912-7954
FAX:03-6912-7964

アクセス

大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-6-29 第三ユヤマビル3F
TEL:06-6889-1018
FAX:06-6889-1012

アクセス

名古屋営業所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2丁目18番14号
LANDSQUARE MARUNOUCHI 8F
TEL:052-684-6712
FAX:052-684-6713

アクセス