MENU

栄養士・管理栄養士の求人情報サイト Dietitian job

第36回管理栄養士国家試験問題~基礎栄養学~

問題をクリックすると解答が開きます。

Q68
  •  栄養素とその過剰摂取による健康障害の組合せである。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. ビタミン E --------- 頭蓋内圧亢進
  2. ビタミン B1 ------- 血液凝固障害
  3. ビタミン B2 ------- 胎児奇形
  4. カルシウム--------- 尿路結石
  5. マグネシウム ------ 高血圧症
  • A68 正解(4)
  • 解説

Q69
  •  食欲を促進する要因である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 満腹中枢の興奮
  2. 血中グルコース濃度の上昇
  3. 血中遊離脂肪酸濃度の上昇
  4. レプチン分泌量の増加
  5. 胃壁の伸展
  • A69 正解(3)
  • 解説

Q70
  •  消化吸収率に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 消化吸収率とは、摂取した栄養素が吸収された割合を示す。
  2. 消化吸収率は、調理の影響を受ける。
  3. 消化吸収率は、同時に摂取する食品成分の影響を受ける。
  4. 見かけの消化吸収率は、摂取量から糞中内因性排泄量を差し引いて求める。
  5. 真の消化吸収率は、見かけの消化吸収率より高い。
  • A70 正解(4)
  • 解説

Q71
  •  糖質代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 空腹時は、筋肉への血中グルコースの取り込みが亢進する。
  2. 空腹時は、肝臓でのグリコーゲン分解が抑制される。
  3. 空腹時は、グリセロールからのグルコース合成が亢進する。
  4. 食後は、乳酸からのグルコース合成が亢進する。
  5. 食後は、GLP─1(グルカゴン様ペプチド─1)の分泌が抑制される。 
  • A71 正解(3)
  • 解説

Q72
  •  たんぱく質とアミノ酸の代謝に関する記述である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 空腹時は、体たんぱく質合成が亢進する。
  2. 食後は、血中アミノ酸濃度が低下する。
  3. たんぱく質の摂取量が増加すると、ビタミン B6 の要求量が減少する。
  4. たんぱく質の過剰摂取は、アミノ酸の異化を亢進する。
  5. 糖質を十分に摂取すると、たんぱく質の要求量が増加する。
  • A72 正解(4)
  • 解説

Q73
  •  食品たんぱく質の評価に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. アミノ酸価は、食品たんぱく質の生物学的評価法の 1 つである。
  2. たんぱく質効率(PER)は、窒素出納を指標として求める。
  3. 生物価は、体重変化を指標として求める。
  4. 正味たんぱく質利用率(NPU)は、生物価に消化吸収率を乗じて求める。
  5. 無たんぱく質食の摂取時は、尿中への窒素排泄がみられない。
  • A73 正解(4)
  • 解説

Q74
  •  脂質代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 空腹時は、ホルモン感受性リパーゼ活性が上昇する。
  2. 空腹時は、肝臓での脂肪酸合成が亢進する。
  3. 食後は、肝臓でのケトン体産生が亢進する。
  4. 食後は、血中のキロミクロンが減少する。
  5. 食後は、リポたんぱく質リパーゼ活性が低下する。
  • A74 正解(1)
  • 解説

Q75
  •  脂肪酸に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. パルミチン酸は、必須脂肪酸である。
  2. オレイン酸は、多価不飽和脂肪酸である。
  3. アラキドン酸は、リノール酸から生成される。
  4. エイコサペンタエン酸は、n─ 6 系不飽和脂肪酸である。
  5. ドコサヘキサエン酸は、エイコサノイドの前駆体である。 
  • A75 正解(3)
  • 解説

Q76
  •  脂溶性ビタミンに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. ビタミン A は、血液凝固因子の活性化に必要である。
  2. ビタミン D は、小腸で活性型に変換される。
  3. 活性型ビタミン D は、カルシウムの小腸での吸収を抑制する。
  4. ビタミン E は、過酸化脂質の生成を促進する。
  5. ビタミン K は、骨形成に必要である。
  • A76 正解(5)
  • 解説

Q77
  •  水溶性ビタミンに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. ビタミン B1 の要求量は、たんぱく質摂取量に比例する。
  2. ビタミン B2 の補酵素型は、ピリドキサールリン酸である。
  3. ビタミン B12 は、分子内にモリブデンを含有する。
  4. 葉酸は、核酸合成に必要である。
  5. ビオチンの吸収は、アビジンにより促進される。
  • A77 正解(4)
  • 解説

Q78
  •  カルシウムとリンに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 体内カルシウムの約 10% は、血液中に存在する。
  2. 血中カルシウム濃度の低下は、骨吸収を抑制する。
  3. カルシウムの小腸での吸収は、リンにより促進される。
  4. リンは、体内に最も多く存在するミネラルである。
  5. リンは、核酸の構成成分である。
  • A78 正解(5)
  • 解説

Q79
  •  微量ミネラルに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 鉄は、グルタチオンペルオキシダーゼの構成成分である。
  2. 亜鉛は、甲状腺ホルモンの構成成分である。
  3. 銅は、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)の構成成分である。
  4. セレンは、シトクロムの構成成分である。
  5. クロムは、ミオグロビンの構成成分である。 
  • A79 正解(3)
  • 解説

Q80
  •  電解質に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 電解質の分布は、細胞外液と細胞内液で同じである。
  2. 血液の pH は、炭酸・重炭酸緩衝系によって調節されている。
  3. 血液の pH は、6.35~6.45 の範囲に調節されている。
  4. アルカローシスは、血液が正常範囲から酸性に傾く状態である。
  5. 血中ナトリウム濃度の上昇は、血漿浸透圧を低下させる。
  • A80 正解(2)
  • 解説

Q81
  •  エネルギー代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 1 日当たりのエネルギー消費量は、基礎代謝より食事誘発性熱産生(DIT)によるものが多い。
  2. 食事誘発性熱産生(DIT)量は、糖質で 100 kcal を摂取した時より、たんぱく 質で 100 kcal を摂取した時の方が多い。
  3. 食事誘発性熱産生(DIT)により発生したエネルギーは、筋肉の運動に利用される。
  4. 安静時における単位重量当たりのエネルギー消費量は、骨格筋より脂肪組織が多い。
  5. 単位重量当たりに産生される熱エネルギー量は、褐色脂肪組織より白色脂肪組織が多い。
  • A81 正解(2)
  • 解説

国試過去問集

CONTACT

首都圏・関東地区・東海地区・関西地区・九州地区で栄養士・管理栄養士の仕事・転職・求人・派遣・紹介・募集情報ならダイエッティシャンジョブにおまかせください。

illust
illust
illust

PAGETOP

本社

横浜本社
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル
TEL : 045-451-3191
FAX : 045-451-3291

アクセス

営業所一覧

東京営業所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-17-11 ルート西池袋ビル6F(602)
TEL:03-6912-7954
FAX:03-6912-7964

アクセス

大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-6-29 第三ユヤマビル3F
TEL:06-6889-1018
FAX:06-6889-1012

アクセス

名古屋営業所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2丁目18番14号
LANDSQUARE MARUNOUCHI 8F
TEL:052-684-6712
FAX:052-684-6713

アクセス