MENU

栄養士・管理栄養士の求人情報サイト Dietitian job

第36回管理栄養士国家試験問題~応用力試験~

問題をクリックすると解答が開きます。

次の文を読み「171」、「172」、「173」に答えよ。


K 市の子育て世代包括支援センターに勤務する管理栄養士である。 保健師から、妊婦 A さんが胎児の成長に必要な栄養が摂れているか心配している ので、相談にのってほしいと言われた。 A さんは、18 歳、妊娠 8 週目、初産婦。未婚、一人暮らし、接客業、年収 180 万円。 身長 160 cm、体重 55 kg、妊娠前体重 54 kg、喫煙習慣なし。飲酒習慣なし。つわ りの症状はない。
Q171
  •  1 日の食事内容を聞き取った(表)。普段も同じような食事をしているという。 「このような食事で大丈夫ですか。」という A さんに対する返事である。 最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. エネルギーはほぼ足りていますし、主食・主菜・副菜も摂れているので、大きな問題はないですよ。
  2. エネルギーは足りていますが、主菜が足りなく改善が必要ですね。
  3. エネルギーはかなり不足していますが、主食・主菜・副菜は摂れているので、問題はないですよ。
  4. エネルギーは不足していますし、主菜も足りなく改善が必要ですね。 
  • A171 正解(1)
  • 解説

Q172
  •  さらに、妊娠中期に向けて優先すべきアドバイスである。 最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 葉酸のサプリメントを摂取しましょう。
  2. 間食に果物を食べましょう。
  3. 朝食に主食も食べましょう。
  4. 夜の間食はやめましょう。
  • A172 正解(3)
  • 解説

Q173
  •  A さんから簡単にできる料理を教えてほしいと言われた。要望を踏まえ、さら に A さんの状況を考慮して提案する料理である。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 1 回で食べきれる料理
  2. 有機農産物を利用した料理
  3. 多様な食材を使った料理
  4. 食材費が安価な料理 
  • A173 正解(4)
  • 解説

次の文を読み「174」、「175」、「176」に答えよ。


K 保育園に勤務する管理栄養士である。 保育園児は、 2 歳 10 か月、女児。 0 歳 9 か月のときに、小児クリニックで大豆ア レルギーと診断された。 2 歳 0 か月のとき、自宅でアナフィラキシーを起こし、救急 搬送されたことがある。 医師が記載した「保育所におけるアレルギー疾患生活管理指導表」をもとに、大豆・ 大豆製品を完全除去した給食を提供している。エピペン®を保育園に預けている。 身長 90 cm、体重 13 kg、成長の遅滞はみられない。父、母、兄( 5 歳)と暮らして いる。

Q174
  •  保育園で提供しているおやつである。女児のおやつとして、最も適当なのはどれ か。 1 つ選べ。


  1. ドーナツ          原材料:バター、卵、砂糖、おからパウダー、小麦粉、植物油
  2. マカロニきな粉 原材料:マカロニパスタ、きな粉、砂糖、食塩
  3. プリン             原材料:豆乳、砂糖、寒天パウダー、バニラエッセンス
  4. クッキー          原材料:小麦粉、バター、砂糖、食塩、イースト
  5. せんべい          原材料:うるち米、植物油脂、食塩、もち米粉、調味料(アミノ酸等)、植物 レシチン(一部に大豆を含む) 
  • A174 正解(4)
  • 解説

Q175
  • 毎月 1 回行われる女児の保護者との献立確認の席で、女児が最近、兄の食べる市 販のチョコレート菓子を口にしていることを保護者が相談した。「湿疹も出ていま す。ダメと注意すると、もっと食べたがって、どうしたらよいか困っています。」と 訴えた。これに対する管理栄養士の発言である。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. チョコレート菓子が湿疹の原因ですね。お兄ちゃんが食べるのをやめさせましょう。
  2. お兄ちゃんが食べているのを見たら、食べたくなりますよね。お菓子の原材料表示を確認してみてください。
  3. お話も上手になってきたので、保育園で、お子さんに食物アレルギーについて話してみます。
  4. ご家庭でのおやつについては、保育園ではお答えできません。
  • A175 正解(2)
  • 解説

Q176
  •  翌月の保護者との献立確認時に、その後の状況を把握するための質問内容であ る。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 兄は、チョコレート菓子を食べなくなったか。
  2. 大豆が含まれる菓子を家に置かなくなったか。
  3. 女児が、「ダメ」の注意を聞き入れるようになったか。
  4. 女児の湿疹はよくなったか。 
  • A176 正解(2)
  • 解説

次の文を読み「177」、「178」、「179」に答えよ。


K クリニックの管理栄養士である。 患者は、38 歳、男性。事務職。健康診断で肝機能異常を指摘され、受診した。精 査の結果、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)と診断された。 身長 170 cm、体重 79 kg、BMI 27.3 kg/m2 、腹囲 92 cm。AST 66 U/L、ALT 88 U/L。 1 年前の健康診断時は、体重 72 kg、BMI 24.9 kg/m2 、腹囲 87 cm であった。 飲酒は、缶ビール 350 mL を週 3 回程度。喫煙習慣なし。運動習慣なし。朝は食欲 がなく、ヨーグルト(脱脂加糖)を 1 個食べて出勤する。間食として毎日 3 回程度、缶 コーヒー(乳成分入り・加糖)を飲む。この 1 年間は仕事が忙しく、残業が増えて帰宅 時間が遅くなり、夕食を遅く摂ることが多かった。

Q177
  •  主治医と相談し、まず 3 か月間の食事療法と生活習慣の改善を試みることにな り、栄養食事指導を行うことになった。 3 か月後の目標である。 最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 3 kg の減量
  2. BMI 22 kg/m2 への減量
  3. 腹囲 85 cm 未満の達成
  4. AST、ALT の正常化
  • A177 正解(1)
  • 解説

Q178
  •  目標達成を目指した食事改善のアドバイスである。 最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 朝のヨーグルトに、バナナなど果物を入れて食べるよう助言する。
  2. 間食の缶コーヒーを、無糖のものに替えるよう提案する。
  3. 帰宅が 20 時を過ぎたときは、夕食を抜くことを提案する。
  4. 禁酒を勧める。 
  • A178 正解(2)
  • 解説

Q179
  •  3 か月後再診し、目標は達成されていた。さらに 3 か月後にフォローアップする 予定であったが、以降来院しなくなった。翌年の健康診断では、体重、腹囲はほぼ 前年の状態にまでリバウンドしており、肝機能異常も再燃したため来院した。再 度、栄養食事指導を行う際、患者との信頼関係を構築するための声掛けである。 最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. せっかく目標達成したのに、リバウンドしてしまいましたね。
  2. お仕事が忙しくて、来られなかったのですね。
  3. ご自分では、リバウンドの原因をどのようにお考えですか。
  4. 脂肪肝の怖さを、理解されていますか。 
  • A179 正解(2)
  • 解説

次の文を読み「180」、「181」、「182」に答えよ。


K 透析クリニックに勤務する管理栄養士である。 患者は、47 歳、女性。糖尿病腎症により、週 3 回の血液透析を行うため通院している。 身長 150 cm、ドライウエイト 50 kg、標準体重 50 kg、尿量 200 mL/日、透析間体重 増加量 4 kg(中 2 日)。透析前の血液検査値は、HbA1c 7.6%、尿素窒素 53 mg/dL、 クレアチニン 8.5 mg/dL、ナトリウム139 mEq/L、カリウム 4.8 mEq/L、リン 4.8 mg/dL。 普段の食事内容を聞き取った(表 1 )

 

Q180
  •  聞き取った食事内容から、 1 日当たりの栄養素等摂取量を概算した値である。改 善すべき点として、最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. エネルギー 1,500 kcal
  2. たんぱく質 50 g
  3. カリウム 2,000 mg
  4. 水分 2,100 mL
  • A180 正解(4)
  • 解説

Q181
  •  まず取り組んでもらう具体的な内容を伝えた。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. ごはんは、毎食、半分量にしましょう。
  2. 主菜の肉や魚は、半分量にしましょう。
  3. 生野菜サラダの代わりに、野菜は煮物にしましょう。
  4. 飲み物のお茶やコーヒーは、半分量にしましょう。
  • A181 正解(4)
  • 解説

Q182
  •  半年後、再び食事内容を聞き取った(表 2 )。主菜の量が少ないことが気になっ た。 1 日当たりの摂取量を概算したところ、エネルギー 1,400 kcal、たんぱく質 35 g、 脂質 40 g であった。聞き取った主菜に対する助言である。 最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。

  1. 肉や魚の量を、倍にすると良いですよ。
  2. 朝食のソーセージは、ポトフにすると良いですよ。
  3. 昼食の豚肉は、野菜と一緒に炒めると良いですよ。
  4. 夕食のさわらは、衣をつけて揚げると良いですよ。
  • A182 正解(1)
  • 解説

次の文を読み「183」、「184」、「185」に答えよ。


K 病院に勤務する管理栄養士である。 患者は、84 歳、女性。基礎疾患はない。自宅で娘夫婦と同居していたが、家の中 で転倒し、大腿骨頸部を骨折したため、入院し手術を受けた。 入院時の身長 140 cm、体重 35 kg、BMI 17.9 kg/m2 。標準体重 43 kg。筋肉および 皮下脂肪の喪失がみられた。血液検査値は、ヘモグロビン 9.7 g/dL、総たんぱく質 6.3 g/dL、アルブミン 3.0 g/dL。咀嚼・嚥下障害はない。自宅での食事は娘が作っ ており、家族と同じものを食べていた。

Q183
  • 患者の入院時に開始する食事である。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 常食 1,200 kcal/日
  2. 常食 1,600 kcal/日
  3. 軟菜食 1,200 kcal/日
  4. 軟菜食 1,600 kcal/日
  • A183 正解(1)
  • 解説

Q184
  •  リハビリの開始日から、 1 日当たりの給与目標エネルギー量を 200 kcal 増やす こととした。間食として経腸栄養剤 1 パック(200 kcal/200 mL)を提供したが、「お なかが、いっぱいになるので飲めない。」と、摂取が進まなかった。その場合の対応 である。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 現在の経腸栄養剤の提供を続け、飲める範囲で飲んでもらう。
  2. 異なる味の経腸栄養剤に変更する。
  3. 200 kcal/125 mL の経腸栄養剤に変更する。
  4. 経腸栄養剤の代わりに、みかんを 1 日 1 個提供する。 
  • A184 正解(3)
  • 解説

Q185
  •  リハビリが進み、自宅への退院の目途が立ったため、患者とその家族に対し栄養 食事指導を行うこととなった。優先すべき指導内容である。 最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. エネルギー摂取
  2. ビタミン D 摂取
  3. カルシウム摂取
  4. 鉄摂取 
  • A185 正解(1)
  • 解説

次の文を読み「186」、「187」に答えよ。


K 介護老人福祉施設に勤務する管理栄養士である。多職種で栄養ケア・マネジメ ントを実施している。 入所者は、90 歳、女性。末期がんと診断されている。自分が食べられなくなった ときには、胃瘻を造設しないと入所時から話していた。 以前は、軟菜食を自分で摂取していたが、 1 か月前から、介護者が食事介助してい る。食べ物を口に運ぶと、口を開けてゆっくり食べるが、食事の後半は疲労がみら れ、傾眠やむせることもある。排便は 1 週間に 1 回、尿量は減少しており、口腔内や 腋窩の乾燥がみられる。 身長 153 cm、体重 37 kg、体重減少 2 kg/ 3 か月、血圧の低下、呼吸数の低下、下 肢の浮腫あり。

Q186
  • 本人および家族を交えたカンファレンスにおいて、予後を踏まえて栄養補給の方 法について話し合った。本人の希望を尊重し、積極的な延命処置はしないことに なった。栄養ケアの目標に関する記述である。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 経鼻経管栄養法により栄養補給し、栄養状態を維持する。
  2. 嚥下訓練を行い、経口摂取の機能を維持する。
  3. 本人が食べたい食事を尊重し、対応する。
  4. 食事は提供せず、水分のみを提供する。 
  • A186 正解(3)
  • 解説

Q187
  •  眠っている時間が増え、家族が面会に来たときにも本人は眠っていた。「好物 だった干し柿を持ってきたので、食べさせたい。」と相談があった。その返答であ る。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 眠っていらっしゃるので、ベッドを起こして、口に少し入れてみましょう。
  2. 今は眠っていらっしゃるので、起きたときに、召し上がるかどうか聞いてみ ましょう。
  3. 干し柿は硬いので、食べさせてあげられませんね。
  4. もっと栄養のある食べ物を持ってきてあげてください。 
  • A187 正解(2)
  • 解説

次の文を読み「188」、「189」、「190」に答えよ。


K 小学校に勤務する栄養教諭である。児童の望ましい食習慣の形成を目的に、 3 年計画で、「朝食を毎日食べる子どもの割合の増加」を目標とした食育に取り組んでい る。評価の対象は、計画期間の 3 年間を通して在籍する 1 年生から 4 年生までの 600 人である。

Q188
  • 「朝食を毎日食べる子どもの割合の増加」の達成に向けて、設定した目標である (表)。表の a ~ c に入る目標の種類として、最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

 
 
  • A188 正解(3)
  • 解説

Q189
  •  表に示す目標「朝食摂取の大切さを理解している保護者の割合の増加」の取組内容 の経過評価である。目標達成のために重要な評価指標として、最も適切なのはどれ か。 1 つ選べ。


  1. 食育だよりの発行部数
  2. 食育だよりの発行にかかった費用
  3. 食育だよりを読んだ保護者の割合
  4. 保護者の朝食欠食の割合
  • A189 正解(3)
  • 解説

Q190
  • 2 年間同じ取組を実施した。 2 年目が終了し、 3 年目の取組内容を検討してい る。「朝食を毎日食べる子どもの割合の増加」の目標達成に向けて 3 年目に取り組む べき内容である。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 朝食欠食の子どもとその保護者を対象に、個別的な相談指導を実施する。
  2. 食育の授業回数を、全クラスで年 1 回から年 4 回に増やす。
  3. 希望者を対象に、夏休みに子ども料理教室を開催する。
  4. 簡単朝食メニューのレシピを冊子にして、全児童に配布する。 
  • A190 正解(1)
  • 解説

次の文を読み「191」、「192」、「193」に答えよ。


K 社に勤務する管理栄養士である。これまでも、特定健康診査・特定保健指導を 実施していたが、社員の脳・心血管疾患の罹患率は高い状態が続き、改善がみられな い。そこで、健康保険組合と協議して、実施内容を見直すことになった。

Q191
  •  特定健康診査の結果の一部である(表)。この結果から、健康管理の一環として、 40 歳以上の社員の保健指導の内容を見直した。その内容に関する記述である。 最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。

  1. 積極的支援期間の延長
  2. 動機付け支援回数の増加
  3. 情報提供内容の充実
  4. 非肥満のリスク保有者に対する保健指導の実施
  • A191 正解(4)
  • 解説

Q192
  • これまで保健指導を呼びかけても反応しなかった無関心層をターゲットとし、保 健指導の利用を促すチラシを作成した。ナッジを活用したチラシとして、最も適切 なのはどれか。 1 つ選べ。

  •  

  • A192 正解(1)
  • 解説

Q193
  •  特定健康診査受診者の 70% が社員食堂を利用していたことから、社員食堂のメ ニューを見直すことにした。見直す内容として、最も適切なのはどれか。 1 つ選 べ。


  1. メニューに無料で果物を付ける。
  2. メニューの食塩相当量を減らす。
  3. 低糖質のメニューを増やす。
  4. 野菜の小鉢を増やし、野菜から食べることを推奨する。 
  • A193 正解(2)
  • 解説

次の文を読み「194」、「195」、「196」に答えよ。


K 県健康増進課の管理栄養士である。 K 県では 5 年ごとに国民健康・栄養調査に準じた方法で、統計的に十分な対象者 数を得て、県民健康・栄養調査を 11 月に実施している。 これまでは 1 日間の食事記録法による食事調査を行い、県民摂取量の代表値を得 て、前回調査からの変化を評価できるように実施してきた。今回の調査目的は、経年 比較に加え、日本人の食事摂取基準を用いた摂取状況のアセスメントを行い、施策立 案の資料を得ることである。

Q194
  • 調査目的を達成するための食事調査方法である。 最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 従来と同じ 1 日間の食事記録法
  2. 不連続の複数日の食事記録法
  3. K 県で妥当性が確認された食物摂取頻度調査法
  4. 全国規模のコホート研究で実績のある食物摂取頻度調査法 
  • A194 正解(2)
  • 解説

Q195
  •  1,000 kcal 当たりの食塩摂取量について、男女とも等分散の正規分布であること を確認した上で、今回と前回の平均値の差を成人男女別に比較したところ、表のよ うな結果を得た。統計的な有意水準は両側 5 % とする。評価結果として、最も適 当なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 男女とも、摂取量に有意な変化は見られなかった。
  2. 男女とも、摂取量は有意に減少した。
  3. 男性は、摂取量が有意に減少した。
  4. 女性は、摂取量が有意に減少した。
  5. 男女とも、変化を判断できなかった。
  • A195 正解(4)
  • 解説

Q196
  • 年代別の検討の結果、40~60 歳台男性で食塩を目標量以上摂取している者の割 合が、85% と多いことがわかった。40~60 歳台男性の食塩摂取量低減に向けて、 1 年間の食環境整備モデル事業を行うことになった。県内在住従業員が多く、社員 食堂の利用率が 80% と高い事業所から協力を得た。食塩摂取量の低減が期待でき る取組である。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 社内ウェブサイトで、栄養成分表示を活用した減塩食品の選び方や使い方を紹介する。
  2. 社員食堂で、調理に使用する調味料の量を少しずつ低減する。
  3. 社員食堂で、食塩量が 2.5 g 未満の食事に「適塩マーク」をつける。
  4. 社員食堂で、県民の健康課題と食塩摂取の現状を伝えるポスターを掲示する。 
  • A196 正解(2)
  • 解説

次の文を読み「197」、「198」に答えよ。


K 県保健所に勤務する管理栄養士である。食品表示に関する相談業務を担当する ことになった。 管内に本社と工場を置く食品製造事業者から、販売を予定している商品の表示につ いて相談があった。
Q197
  •  食品表示基準に基づき、栄養成分表示(図 1 )の改善点の助言を行った。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

 
 
  1. 栄養成分等の含有量は、100 g 当たりで表示する必要があります。
  2. 表示値は一定値にする必要があります。
  3. DHA は、栄養成分表示の枠外に区別して表示する必要があります。
  4. ポリフェノールは、栄養成分表示の枠内にその含有量を表示する必要があり ます。
  5. 「カルシウムたっぷり」と記載しているので、栄養機能食品であることの表示 が必要です。
  • A197 正解(3)
  • 解説

Q198
  •  相談があった商品について、インターネットに図 2 の内容で広告を出したいと相 談があった。健康増進法に基づいた回答として、最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 県では、この相談には応じられません。
  2. この内容の広告を出すには、医師や識者の談話の記載が必要です。
  3. この内容の広告を出すには、人を対象とした試験結果の記載が必要です。
  4. 消費者を著しく誤認させる可能性がある健康の保持増進効果は、記載できません。
  • A198 正解(4)
  • 解説

次の文を読み「199」、「200」に答えよ。


500 床の K 病院に勤務する管理栄養士である。直営で給食を運営している。昼食 時に 1 名の患者から、主菜の付け合わせの、せんキャベツに金属片が入っていると苦 情があり、病棟の看護師から管理栄養士に来てほしいと要請があった。病棟に見に 行ったところ、その金属片は、せんキャベツに用いた生食用食材のフードスライサー の刃のようであった。

Q199
  •  この後、管理栄養士が、最初に取るべき行動である。 最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. 代わりのせんキャベツを盛り付けた主菜を、病棟に届ける。
  2. せんキャベツが提供されている患者全員に、その皿の喫食を中止するように 要請する。
  3. 金属片が混入していた患者が、他にいないか問い合わせる。
  4. 厨房の中の調理機器を確認する。
  • A199 正解(2)
  • 解説

Q200
  •  金属片は、生食用食材のフードスライサーの刃であることが判明し、フードスラ イサーを買い替えることにした。新品が届くまでの間に、生食用食材のフードスラ イサーを使用する料理が 5 回予定献立に入っていた。この間の対応である。 最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。


  1. フードスライサーを使用する生食用野菜を、予定献立から削除する。
  2. 加熱用食材のフードスライサーを使用する。
  3. 包丁を用い手作業で切る。
  4. 生食用カット野菜を使用する。
  • A200 正解(4)
  • 解説

国試過去問集

CONTACT

首都圏・関東地区・東海地区・関西地区・九州地区で栄養士・管理栄養士の仕事・転職・求人・派遣・紹介・募集情報ならダイエッティシャンジョブにおまかせください。

illust
illust
illust

PAGETOP

本社

横浜本社
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル
TEL : 045-451-3191
FAX : 045-451-3291

アクセス

営業所一覧

東京営業所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-17-11 ルート西池袋ビル6F(602)
TEL:03-6912-7954
FAX:03-6912-7964

アクセス

大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-6-29 第三ユヤマビル3F
TEL:06-6889-1018
FAX:06-6889-1012

アクセス

名古屋営業所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2丁目18番14号
LANDSQUARE MARUNOUCHI 8F
TEL:052-684-6712
FAX:052-684-6713

アクセス